えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

オナニーバレ

幼女から高校生まで様々なオナニーが母親にバレていた体験談

投稿日:2017年12月25日 更新日:

記憶にある中で一番最初にオナニーを始めたのは、幼稚園の頃です。

年齢で言うと4歳頃で、この時はまだ両親と一緒に一緒の部屋で寝ていました。

 

・幼少期

一緒の部屋で寝ていたものの、両親が部屋に入るのは夜中だったので、長い時間一人で寝ている状態でした。

怖がりでもあったので、一人は怖いからと良くお気に入りのぬいぐるみと一緒に寝ていたのです。

 

ある日、凄く寒い日があり、毛布を掛けてもまだ寒かったので、子供ながらにぬいぐるみを抱っこすれば温かいかもしれないと思い、なぜかパジャマの上からではなく、肌に直接抱っこをしました。

この時ぬいぐるみが自分の胸にあたり、何となく気持ちが良いと感じて毎日するようになったのです。

 

行為はグレードアップしてしまい、次は股にぬいぐるみを挟みました。

これも最初はパジャマの上からだったのですが、いつの間にか直接挟んでおり、これも気持ちが良いかもしれない…とほぼ毎日のようにしていたのです。

ただ、子供ながらにいけないことなのだとは思っていたので、オナニーが終わればぬいぐるみは定位置に戻していました。

 

ところがある日のオナニー後、凄く眠くなってしまい、股に挟んだまま寝てしまったのです。

翌朝、母親に起こされて「ぬいぐるみが苦しいって言ってたよ」と言われてしまいました。

4歳でしたが、バレた…と感じた一瞬でした。

 

・小学生

小学生の3~4年生になると、すでに一人部屋はあったのですが、念願の二段ベットを買ってもらうことができました。

妹がいたので、下は妹で私は上で寝ていました。

何年間かはオナニーをしていなかったのに、二段ベットにテンションが上がったのか、成長したからなのか、またオナニーをしてしまったのです。

 

次はぬいぐるみではなく、枕を使ったオナニーでいわゆるこすりつけるタイプのオナニーでした。

最初はバレないようにコッソリと動いていたのですが、味をしめた私は二段ベットだという事を忘れ、夢中で枕に股をこすりつけていたのです。

すると、かなり激しかったのか、寝ていたはずの母親が部屋にやってきて「うるさいよ」と一言つげていきました。

これは完全にバレた…と悟った瞬間でした。

・中学生

親にオナニーがバレたなんて言うことをすっかり忘れ、好きな人ができたり付き合ったりと恋愛にもドキドキしていた中学生の頃、生理も始まり性的なことにも興味をおぼえ、良く購入していた雑誌の中にも恋愛についての記事が沢山ありました。

その中にはキスの仕方…など、少しドキドキするような内容もあって、興味だけは人一倍あったかもしれません。

 

たまたま買った雑誌の特集で、オナニーについての記事が割と堂々とあり、友達と回し読みの状態で読んだりもしていたのです。

この中で目に飛び込んできたのが、シャワーでのオナニーでした。

ただアソコにシャワーをあてるというだけのシンプルな方法ですが、それで気持ちよくなるんだ!とワクワクしていました。

 

実際に試すと今までしてきたオナニーとは刺激が全く違い、良かったのでそのままどんどんハマってしまったのです。

長時間お風呂に入っていると怪しまれるので、親が仕事からまだ帰ってきていない時を見計らって、早めにお風呂に入ってシャワーをしたり、皆が寝静まってから夜遅くに入ったりと自分なりにバレないように続けていました。

ところが母親は完全に知っていたようである日「水道料金上がってるから控えて」とそっと注意されたのです。

どう考えてもシャワーの使い過ぎがバレていると思い「ごめん」としか言えませんでした。

 

・高校生

まさかまさかの高校生になってからも一度親にオナニーがバレたことがあります。

既に経験はしていたのですが、性欲も強く盛んな時期でもあったので、ストレス発散的な感じでもしていました。

このころもシャワーだったのですが、ある時当時お付き合いしていた彼氏が「プレゼント」と称して、ローターをくれたのです。

こんなの家では使えない!と拒否したのですが、知らない間にカバンに入れられており、せっかく貰ったんだし捨てる前に使ってみようと、つい手を出してしまったのです。

 

布団の中で使っているから音も漏れていないしバレていないと思っていたのですが、ある日母親から「妹がお姉ちゃんの部屋から変な音が聞こえる」って言ってるよと言われてしまいました。

流石に隠し切れず、かなりフランクな家庭だったので笑いながら「ごめん」と謝りました。

男子ならともかく、歳を重ねるごとに成長するたびにオナニーが毎回バレていたのは、今考えると凄く恥ずかしいなと思います。

何が一番恥ずかしいかというと、毎回オナニーの方法が違うというのがリアルで恥ずかしいです。

 

当時は隠しているのになぜバレるのだろう?ととても不思議だったのですが、母親になった今ではバレて当然だな!と理解できます。

母親の目は絶対に誤魔化せないと今なら納得できます。

きっと、父親も知っていたとは思いますが、流石に娘には注意できなかったんだろうと思います。

-オナニーバレ
-, , , , , ,

執筆者:


  1. ななし より:

    皆さんってどんな服装で擦り付けオナニをしているんですかね?

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

父親の女子高生痴漢ものAVでオナニー中に母親にバレた話

・している事はバレている まず大前提として、当然ながらオナニーをしているのはバレています。 家庭環境次第ではありますが、殆どの場合はそっとしておいてくれるでしょう。 特に父親→息子のパターンは何事もな …

no image

オナニーバレは実の姉、でもオカズを提供してくれた

男たるものオナニーとは切っても切り離せない人生。 私はアラフォーになりますが、独身ともあってオナニーはトモダチ、いまだにほぼ毎日励んでいます。 そして最近のネタ元は主にネットでの動画レンタルなどが主流 …

no image

小6で『マンツン』オナニーが、母に見られてしまった日

・オナニーに目覚めた日 小4の頃、私は快感を知った。 どういうわけでそうなったか忘れてしまったが、とにかくタオルをがっちりしぼった形にしたものをマタにはさんで、寝そべったまま足をクロスして、ギュッギュ …

no image

母親のスケスケパンティでオナニーをしている所を目撃された

私の青春時代の思い出といえば、やっぱりアレを置いて他にありません。 それはとてつもなく気まずく恥ずかしくも、その後のうれしい体験に結びつくことになったことです。 軽くもったいぶってしまいましたが、この …

no image

親にオナニーがばれたときの言い訳と対処方法

・オナニーに目覚めたとき 最初にオナニーを行ったのは、一輪車に乗っているときでした。 このときは小学校4年生だったのですが、いつも休み時間に一輪車をしていました。 それから、チャイムが鳴った後、一輪車 …