えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

中学生初体験

幼なじみの女子と異性への興味の流れから中学生で初体験!

投稿日:2017年12月16日 更新日:

初えっちの相手

私には、幼い頃からいつも一緒に遊んでいた同じ歳幼なじみがいました。

そのこともあり、良く二人でお風呂に入ったりもしていました。

お互いに、それまで異性という意識はしてなかったのですが、中学1年生になり、段々と異性として意識するようになっていました。

しかし、相変わらず、あくまでも幼なじみという感じでしか私にはありませんでした。

その子が、その後に私の初えっちの相手になるのです。

 

幼なじみからの軽い誘い

ある日、いつのように私の家に来て、私の部屋でゲームをしたり、学校の話しをしたりして遊んでいました。

その時に、幼なじみから、突然「あそこ見せてくれない?」と言われました。

私は、当然、冗談だと思い、絶対嫌だと断りました。

「何で見たいの?」と聞くと「お父さんのは見たことあるけど、他の人のは見たことないから」と言われました。

私は、「今日はとにかくダメ」と断ると、幼なじみは「じゃあ、次は良いってことだよね?」と言われました。

私は、「次ならいいけど」と軽い返事をして、どうせいそんなことはないだろうと思っていました。

 

実際にお互いのあそこを見せあうことに!

その後、いつのように私の家に遊びに来ました。

私の親も幼なじみと私が二人で部屋にいることは、幼い頃から普通のことで、何も気に掛けている様子は微塵もありませんでした。

幼なじみは、早速こう言ってきました。「約束覚えてるよね?」と言うのです。

私は、「本気?」と聞くと「当然でしょ!」とキッパリと言われました。

私は、急に恥ずかしくなり「俺だけは恥ずかしいから無理」と言うと「じゃあ、順番で見せてくれたら、その後は私のを見せるからいいでしょ?」と言うのです。

私は、当然、女性のあそこに興味が凄いあったので、その一言に負けて「それなら見せるよ」と言ってしまいました。

 

まず、私が見せると、幼なじみは顔を凄い近づけてマジマジと見ていましたが、少しすると私の股間は大きくなり始めると「すご〜い!これ知ってる!興奮すると大きくなるんでしょ?」と言って喜んでいました。

幼なじみは「触ってもいい?」と言われたのですが、私はそれは恥ずかしいと思い「ダメだよ!じゃあ交代ね」と、幼なじみの番にしました。

幼なじみも、やはり余裕で言っていていたものの、いざとなると恥ずかしそうにして、下着を脱ぎました。

なかなか脚を開くことをせずに、手で隠していたので、「それはズルいぞ!」と言うと、照れながら手をどけて見せてくれました。

私は、初めて、本物を見たので、かなりの衝撃を受けました。

「凄い複雑な形だね」と言うと「これが普通なんじゃない?」と言われました。

私は、触ってみたくなったので「触ってみてもいい?」と言うと「さっき、断られたからダメ!」と断られてしまいました。

その日は、それで、お互いが満足して終わりました。

お互いの興味がMAXに!

また違う日に、私の家に遊びに来たのですが、もうお互いにこないだの続きがしたくなっていました。

幼なじみから「こないだのをまたしない?」と言うので、私も直ぐに「しよう!しよう!」と言っていました。

一度、お互いの股間を見せ合っていたこともあり、今度は直ぐにお互いが一気に脱いでいました。

私の股間はその時既に勃起している状態でした。

幼なじみは「今日は凄い触るよ!」と言うので、私は「いいよ!」と言い、幼なじみは、楽しそうに触り始めました。

 

その後、幼なじみは、私の股間を口に咥えました。

私は、びっくりして「何してんの?」と言いましたが、幼なじみは「これ気持ちいいんでしょ?」と言って、一生懸命に舐めてくれました。

私は、何も出来ずにいると、幼なじみは「私のも触ったり、舐めたりして」と言われたので、言われるままに従いました。

私が、出ちゃうかもと言うと、幼なじみから提案されました。

 

いよいよ初えっち

幼なじみは「それなら、えっちしちゃおうか?」と言うのです。

私は、もう興奮していたので「したいよね!」と言ったものの入れる場所が分からないので困っていると、幼なじみは、私を仰向けにして私に跨り、私の股間を持って自分の股間に擦りつけ始めました。

なかなか入らなくて幼なじみも焦っていたのと同時に、入れようとする度に痛そうな顔をしていました。

幼なじみは「最初は中々入らないって言ってたし、入った時は凄い痛いらしいからね」と言っていたので、私はそんなに大変なことなんだなと思いました。

そして、ゆっくりゆっくりと入れていき、ついに全部入りました。

彼女は「痛いな〜」と仕切りに言っていましたが、入れたことへの安心感の方が強い感じだったらしく「合体完了ね〜」と笑っていました。

 

その後もゆっくりとゆっくりと動かし、お互いが気持ち良くなってきていました。

幼なじみから「出そうになったら、直ぐに抜いてね!中で出したら妊娠しちゃうから絶対ダメだよ!」とかなり強く言われました。

その言葉通り、早めに抜き、外で出しました。

彼女はとても疲れているようでしたが、満足した表情をしていました。

外で出したら避妊になると思っていたところも間違っていますが、幼なじみは妊娠していることはありませんでした。

 

その後も、数回、私の家でえっちをしました。

しかし、付き合うこともなく、その後も幼なじみの関係でした。

幼なじみが初えっちの相手だったので、比較的リラックスして、初えっちすることができたので、とても良い経験になりました。

-中学生初体験
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

おとなしい先輩に二人きりの部室に誘われてSEXの予感

「初えっち相手の先輩との出会い」 初えっちと言うと皆さんタイミングは人それぞれと思いますが、僕は中学二年生の時でした。 そのときにどんな流れでそうなったのか、そしてそのときに感じたことを書いていこうと …

no image

巨乳オバサンとの初えっちで大量射精した昼下がり

「自己紹介」 こんにちは、私は35歳になる自営業の男性です。 結婚はまだしておりません。 田舎から大阪に出てきて早10年以上が経過、都会の水に慣れてしまい若干チャラい中年となっていますが、心の奥底は田 …

no image

中学生3年の時の彼女とのファーストキス、初エッチ体験談

彼女との出会い 彼女とは地元が一緒だった事もあり幼稚園の時から知っていました。 僕の地元は田舎なので幼稚園、小学校、中学校と特別な事が無い限りみんな全て同じ所に行くので付き合いは長いのですが幼稚園、小 …

no image

田舎の初えっちは早い。中学生の時の恋愛体験談

私の生まれ育ったのは、山の中の小さな小さな集落です。 その集落では皆家族のような感覚で生活しており、誰もが顔見知りで知らない人はいないというのが当たり前の状況でした。 そんな小さな集落にも学校は存在し …

no image

テニスの講習会で高校生の先輩から呼ばれ筆おろし

■大学生と・・・ 中学2年生の時のことでした。 僕はその頃テニス部に所属していました。 共学の中高一貫校で、近くには大学もありました。 その日はテニスの講習会があるということで参加することになりました …