えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

初めてのオナニー

小学生の時シャワーを当てた快感を知ったのが初めてのオナニー

投稿日:2017年9月12日 更新日:

私が初めて自慰行為をしたのは、小学4年生の時です。

私は小学4年生の時に、9階建てのアパートから新しくて綺麗な2階建てのマンションに引っ越しました。

その新しくて綺麗なマンションには、前まで住んでいたアパートのお風呂には付いていないシャワーが付いていました。

今までシャワーを使ったのは、ビジネスホテルや温泉に行った時だけでした。

前まで住んでいたアパートのお風呂にはシャワーは付いていなかったので、新しく引っ越した綺麗なマンションにシャワーが付いていて、とっても嬉しくて飛び上がるくらい嬉しかったのです。

それからマンションの部屋自体も綺麗で、内装もお洒落で良かったので引っ越せて良かったなと思いました。

そして私は新しくて綺麗な湯船に浸かって暖まったりシャワーを使ったりして、毎日お風呂タイムを楽しみました。

 

そしてある日、シャワーが自分のアソコに当たると凄く気持ちが良いことに気がついてしまったんです。

少し圧力の強いシャワーが自分のアソコに当たると、今まで感じたことの無いような気持ちよさを感じてしまったんです。

その気持ちよさが癖になり、お風呂に入る度に自分のアソコにシャワーを当てて、気持ちよくなっていました。

そしてその事に段々と慣れてきて、シャワーを長時間自分のアソコに当て続けると、もの凄い快楽を感じて天国に行ったかのような気分になることが分かりました。

なんて気持ちの良いことをしているんだろうと自分でもびっくりするくらい、もの凄い快楽を感じてしまいました。

これこそがイクというものだったんだと思います。

小学4年生でシャワーを自分のアソコに当てて、快楽を感じてイッてしまうなんて、今思うと何て卑猥な子供だったんだろうと思います。

でも自分のアソコにシャワーを当て続けることがもの凄い快楽で、癖になって仕方がありませんでした。

 

そしてもっと気持ちよく出来ないかと思い、シャワーのヘッド部分を半分手で押さえて、水圧を高くして自分のアソコに当て続けてみました。

すると今までよりも更に気持ちよくなって、あ~何て気持ちが良いんだろうなと思いながらシャワーを当て続けていました。

それからシャワーの温度もお湯ではなくて少しひんやりするくらいの冷たさの温度に設定して、自分のアソコにシャワーを当て続けました。

それもまたお湯のシャワーよりも少しひんやりするくらいの冷たさの水のほうが気持ちが良いことに気がつきました。

 

さらに、もっとシャワーを自分のアソコに当てて気持ちよくなれる方法はないかと模索しているところ、浴室に寝そべりながら脚を上げながらアソコにシャワーを当てると気持ちが良いことに気がつきました。

これもまた何て気持ちが良いんだろうと思い、それからいつも浴室に寝そべりながら脚を上げながらアソコにシャワーを当て続けていました。

シャワーは水圧が高いほうがアソコに当たる刺激が強くなって気持ちが良いので、もっと水圧の強いシャワーは無いかなと思うくらいでした。

小学5年生になっても小学6年生になっても、そのシャワーを使った自慰行為は続けていました。

ある日、私がいつものように浴室に寝そべりながらシャワーを使って自慰行為をしている時に、家族が洗面所に入ってきたので、私は慌てて浴室に寝そべっている体勢を元に戻して、普通にシャワーを使って頭を洗っているかのように見せました。

別に家族が浴室に入ってきたわけではないのですが、やはり洗面所から浴室の中がうっすらと見えてしまうだろうなと思い、慌てて体勢を変える時がありました。

その時はもの凄く焦りました。

こんなシャワーを自分のあそこに当ててよがっている自分を家族に見られてしまってはヤバイし、一生の不覚だなと思ってもの凄く焦りました。

 

あの後、何かの情報でシャワーを使った自慰行為は普通にあるみたいで、自分が変では無いのだなと思い安心しました。

でも小学生の時から自慰行為をしている人はあまりいないだろうなと思いました。

それからローターを使った初めての自慰行為は、中学3年生の時です。

その時に、知り合いの男性にローターを買って貰い、家で使うようになりました。

ローターはシャワーとはまた違った快楽を感じられる自慰行為で、ローターでの自慰行為もハマってしまい、毎日のように使っていたと思います。

ローターは値段が安くて手に入りやすいですし、乾電池で動くので使い続けやすくて良いかなと思いました。

色々な自慰行為があると思いますが、ローターを使った自慰行為が1番始めやすいのでは無いかなと思います。

シャワーを使った自慰行為は少しアブノーマルな感じがして、人には言えないなと思いました。

それから、シャワーを使って自慰行為をした時に、お風呂で声を出して隣の家の人に聞かれてしまったような事もあったので、シャワーを使った自慰行為は結構危険だなと思いました。

こういった感じでこれが私の初めての自慰行為をした時の話です。

-初めてのオナニー
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

映画のワンシーンを見ながら初めてのオナニー

・周りから馬鹿にされた中学時代 自分は性に対しての目覚めがかなり遅く、勃起という言葉を知ったのも中学に入ってからのことでした。 そんな自分がオナニーについて知ったのも中学2年の終わり頃、周りの友人がみ …

no image

人生初のエロ本を発見!初めてのオナニーは床オナで

自慰行為に目覚めるまでの悶々として過ごした幼少期 私は自他共に認めるほど性欲の強い人間で、それは物心を付いた時にすでに始まっていました。 幼稚園に入る頃にはすでに今の人格は形成されていて、友人と外で遊 …

no image

Dカップのオタク趣味JS6が自慰を覚えた夏休みまでの話

JS、性の目覚め 初めて性的興奮を感じたのは小学校に上がってすぐの頃でした。 母は絵が好きで、家には画集やポスターがたくさんあり、私自身も絵を描くのが好きだったので母のコレクションをよく眺めていました …

no image

中学生の頃、初恋と同時に性的欲求が増え初めての自慰行為

僕が初めて自慰をしたのは中学2年生の夏休みのことでした。 もしかしたら男子の中では遅めだったのかもしれません。 中学2年生の時までは好きな女性等も特にいませんでしたし、性的欲求もありませんでした。 精 …

no image

中学生で味わった快感。私が初めてオナニーを知った日。

小学校の近くに住んでいたため、小さい頃からほぼ毎日と言っていいほど校庭の遊具で遊んでいました。 昔は今のように危ないからと遊具が撤去されることもなく、校庭にはさまざまな遊具が設置されていました。 &n …