えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

修学旅行

修学旅行の夜、好きな子と布団の中で初体験

投稿日:2023年10月14日 更新日:

「好きな子と同じ班」

修学旅行。

学生にとっての一大イベントだ。

好きな子とは同じ班だったから、喋るタイミングが普段に比べて多く嬉しかった。

好きな子は静かな子で、すごく優しく、そして、ちょっとお尻がエッチだった。

寝る部屋は当然、違う部屋だった。

だけど、就寝時間に僕たち女子を交えてトランプで遊んだ。

「そろそろ寝ろよ」

先生が来た。

「はーい」

僕たちは静かにトランプを続けた。

好きな子は気づくと帰ってた。

「ほら、早く寝なさい」

「はーい」

さすがに僕たちは寝ることにした。

女子たちは部屋に帰った。

「寝るか、なんだろう?」

旅の疲れだろうか、僕たちは布団に入るとすぐに寝た。

だけど、なんだか感触が。

気になって起きると好きな子が僕の布団の中にいた。

「○○さん!」

好きな子は、手で僕の口をそっと押さえ、僕は黙った。

「どうしたの?」

静かに聞いた。

「○○くんに添い寝してほしくて」

「添い寝?いいよ」

「ありがとう。○○くん」

好きな子と添い寝できるのだから、嬉しいこと、この上ない。

僕は好きな子を後ろから優しく抱いた。

いい匂い。

「○○くん、あったかい…」

「嬉しい」

好きって今すぐ言いたい。

「○○くん、一度そっち向いていい?」

「いいよ」

僕たちは見つめ合った。

緊張する。

「○○くん、前から好きです。付き合ってください」

僕は驚いて数秒黙ったあと、急いで返答した。

「好きです。○○さん」

今までにないほどに嬉しそうで可愛かった。

「これからよろしくお願いします」

「こ、こちらこそ」

僕らはお付き合いすることになった。

そして、添い寝を続けた。

 

「好きな子を添い寝。勃起したアソコが」

「密着していいよ?」

僕は彼女のそれに甘えて、密着した。

興奮に勝ち、勃起してたことを意識してなかった。

今のところ、たぶんバレてない。

彼女がお尻を動かすと、感じてしまった。

「やっぱり笑」

恥ずかしくて返答できない。

彼女はお尻を再び動かした。

「○○さん、それは」

「続けさせて」

彼女は甘え声で言った。

「良いの?」

「うん。○○くんも動かして?」

僕は彼女のお尻でアソコを擦った。

イっちゃいたくないのと、静かにしなきゃいけないので、僕らはゆっくりと腰を動かしてた。

体操服越しの彼女のお尻はすごい気持ちいい。

「お尻気持ちいい?」

「うん…すごい気持ちいい」

「我慢しなくて良いからね…」

「○○さんとこうしてたいから、イキたくない…」

「可愛い笑」

恥ずかしかった。

ゆっくりと擦ってるからか、イクまでには少し時間がかかった。

「い、イキそう」

「ズボン脱いで。私も脱ぐから」

「う、うん」

僕たちは急いでズボンを脱ぎ、僕は彼女の生のお尻にアソコを当てた。

何回か擦ったらイッた。

大量に出た。

「○○くん、いっぱい出たね。気持ち良かった?」

「う、うん。○○さんのお尻気持ち良かった」

「嬉しい。○○くんのエッチな液、とろとろだね笑」

「恥ずかしい笑」

 

「まだ帰りたくない」

僕は辺りを確認した。

みんな熟睡だった。

「精子、このままだとアレだから拭いてあげるね」

「うん、このままだって良いけどね笑」

「お尻触りたいからさせて笑」

「いいよ笑」

ティッシュで精液を拭きとった。

彼女は、それに感じてたのか、ちょっと吐息を出したりお尻がぴくっと反応してて可愛かった。

「まだ、一緒にいていい?」

「いいけど」

彼女は僕を抱いた。

「下だけ裸なの、なんだかエッチだね笑」

「確かに笑」

「○○くん、エッチな液ってまだ出せる?」

「アソコが大きくなったら出せるはず」

「胸触っていいよ?○○くんのアソコ大きくさせたい」

僕は「触るね」と言うと、体操服越しに彼女の胸を触った。

柔らかい。

お尻とはまた違った感じだった。

「どう?エッチ?」

「うん。すごいエッチ」

「直接触っていいよ?」

僕は彼女の言葉に甘え、胸を直接触った。

「ひゃっ」

彼女が反応していて可愛い。

優しく揉んだ。

「はぁはぁ、○○くん…」

彼女が吐息混じりに僕を呼ぶ。

僕は胸を触りながらキスをした。

ファーストキスだった。

 

「挿入れてほしい…」

彼女の胸を触るうちに僕は勃起していた。

彼女はときどき僕のアソコを触って、勃起するのを待っていた。

「大きくなったね笑」

「うん笑」

「挿入れてほしいな…」

「だけどゴム」

「いいよ。○○くんのこと大好きだから」

僕は彼女のアソコに挿入れた。

とは言え、初体験だったから少し時間がかかった。

「あったかい。○○くんのアソコ」と彼女は反応してた。

中に挿入ると「はぁぁ、すごぃ。おっきい」と彼女は言った。

あまりにエッチで僕は彼女を抱き、ゆっくりとピストンをスタート。

彼女は喘ぎ声を我慢してて、それが可愛かった。

いっぱいキスした。

彼女の唇は甘い味がした。

さっき出したばかりなのに僕はイキそうだった。

「○○さん、やばいイキそう」

「いいよ、出して、いっぱい出して○○くん…」

僕たちは抱きあい、そして彼女はだいしゅきホールドをすると、僕は彼女の中でイッた。

びゅっびゅっと何度となく僕は彼女の中に精液を出した。

そのたびに彼女はぴくっと感じてた。

しばらくの間抱きあってた。

「いっぱい出たね笑」

「うん…すごい気持ち良かった。好き」

「○○くん好き」

キスをすると、僕は彼女の中からそっとアソコを抜き、ズボンを履いた。

「○○くんのエッチな液、すごい中にある感じする笑」

彼女は嬉しそうだった。

僕たちは修学旅行後、カラオケとかでSEXした。

僕は彼女のお尻にハマって、尻コキをたくさんしてる。

中出しSEXはさすがにしてないけど、外だしエッチはゴムをつけた上でしてる。

お尻に出すことが多い。

彼女は「私のお尻好きすぎ笑」と楽しそうにしてる。

-修学旅行
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【修学旅行】男子のおちんちんを触っちゃった!

高校の修学旅行で東京に行きました。 私は初めての東京にテンションが上がり、友達とあちこち見て回りました。 その頃、私はクラスメートのA君と親しくなっていて、友達以上恋人未満という感じでした。 お互いに …

高校の修学旅行先で初恋の彼に処女を捧げた思い出

・初恋の彼 私は、高校に入ってから初恋を経験しました。 相手は、クラスでもちょっと大人っぽい男子で、R君といいます。 噂では、別のクラスに彼女がいるという事で、何人も告白してはフラれたそうです。 私も …

露天風呂から見えてしまった迫真のセックス

・混浴可能の温泉 高校の修学旅行で、温泉街のある町に行った時の話です。 宿泊先の露天風呂は、混浴可能でした。 僕たちは期待していたのですが、学校側もそこは考慮していて入浴時間は混浴可能時間をはずして設 …

好きだったあの子はやりマン女子高生だった

高校生時代、好きな女の子がいました。 彼女は世間一般で言えば不良の部類。 そして自分の仲間からは、『加代子やりマンだから、直ぐにやれちゃうらしいぜ』なんて噂もたつほど。 そんな噂を聞くと腹が立つことが …

シャイな彼氏と修学旅行で遂にエッチできた体験談

・シャイな彼 高校2年生になった時に、初めて彼氏という存在ができました。 相手は、クラスでもあまり目立たないSくん。 私からの告白で、すぐに交際が始まりました。 ですが、Sくんはとにかくシャイなんです …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。