えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

パンツ・ノーパン・パンチラ

パンツを履いたまま男友達とHをした体験談

投稿日:

私がパンツにまつわるHな体験を紹介したいと思います。

 

●男友達だと思っていたのに

私は当時仲が良かった男友達がいました。

よく二人でご飯をたべたり相談したりしていました。

友達にも「本当に仲がいいね」と言われて、よく考えたら女友達よりもずっと長くいる気がします。

私は彼とはお互いに結婚してもずっと仲良くいられる、そう信じていました。

ですが、ある事件がありその関係は崩れることになりました。

私が分からないことがあるからと彼の家に行って教えてもらうことになったのです。

今までに彼の家に行ったことも私の家に来たこともたくさんありました。

最初は彼に教えてもらっていたのですが、少し疲れていたのか私がふらついてしまって彼にもたれかかってしまいました。

「ごめん」と起き上がろうとした時に腕をつかまれて、そのまま床に押し倒されました。

私は冗談かと思って「どうしたの?熱でもあるの?」いったら彼が覆いかぶさってきてキスをしました。

びっくりして手が出たのですが、手を押さえられてしまい、身動きが取れませんでした。

そうしている間に口の中に舌を入れられてディープキスをしました。

「待って」といっても声にならなかったです。

そして、服をまくられて、ブラをはずされてあらわになった胸に彼の舌で刺激されました。

「あっ待って」といってもやめてくれず、そのまま彼は続けました。

舌使いがすごく上手で気持ちよくて声が出てしまいました。

恥ずかしくて口で抑えようとしましたが、手をどけられ「声聞きたい」といわれました。

手を押さえられてそのまま胸を刺激されて、気持ちよすぎて声が出てしまいました。

そして、服を着たまま、パンツをはいたまま、彼に挿入されてしまいました。

 

●彼との初H

彼は服を着たままするのが好きなようで、すごく興奮していました。

「●●最高にかわいい」といってゆっくりと挿入してきました。

驚くくらい優しくて、別人のような彼に抵抗することもあきらめました。

パンツをはいたまま、正常位でゆっくり突かれると、気持ちよくて声が漏れてしまいました。

「あん、あん」と声が出てしまい彼も興奮したようで「●●、気持ちいいやばい」といって激しく腰を振りました。

「パンツかわいいね」と興奮して口調で言われて、すごく恥ずかしかったです。

床でセックスをしていたので、背中が痛かったです。

彼は「ごめん、痛いよね。すぐに終わらせるから」とそのまま激しく腰を振られて彼はあっという間にイってしまいました。

 

●そのまま2回目

私は終わったと思っていたら「気持ちよすぎるからもう一度したい」といって次はベッドに運ばれてそのまますぐに挿入しました。

キスをしながら、正常位で最初はしたのですが、次は騎乗位で彼の上に乗り下から突き上げてきました。

奥まで届いて「深い、だめ」といったらさらに深く激しくされて、上にいるのが辛かったです。

そして、そのまま横向きにされて、激しく突かれて「いく、だめ」と私が叫んだら「俺も」といって、そのまま2度目のセックスが終わりました。

彼は私を腕枕したまま、「ごめん、無理やりして。でもずっと好きだったから」といってきました。

私は彼のことを男として見たことがなかったので驚きました。

ただ、彼とは友達のままがしっくりきたので「私はこのままの関係がいい」といったら彼は受け止めてくれて、体の関係がある友達という状態になりました。

私はこれでよかったと思っています。

-パンツ・ノーパン・パンチラ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

パンツ売りの少女を出会い系サイトで発見!

【出会い系サイト】 俺は彼女がいない時、よく性欲発散のために出会い系サイトで割り切りエッチをしていました。 「割り切りとは」素人女性と性交する対価としてお金を支払う事、つまり「売春行為」のことです。 …

no image

エロいパンツを履いた彼女をクリスマスに抱いた

・エロいパンツは興奮する 僕は女性にはエロいランジェリーを着てもらいたいと思っている。 やっぱりダサい下着よりもエロスを感じるパンツを履いた女性の方が魅力的だ。 彼女の服を脱がせた時にいやらしいパンツ …

no image

エッチな高校生の私。生中出しや外でノーパンになる

これは私が18歳の時のお話です。 あの頃、私は4歳年上の彼氏と付き合っていました。 その頃の私はというと、えっちなことに興味津々、どんな事でもやってみたいと思って生きていました。 その彼氏と付き合って …

no image

お隣の人妻のパンツにガマンできなくなった僕。

・隣に引っ越して来た若い人妻 僕、昔から女性の下着が大好きでしてね。 特に好きなのがパンツです。 パンツの内側に顔を埋めた時、ここにオマンコが当たってたんだぁ〜と思うと異常に興奮するんです。 ある日の …

no image

雲のようなパンツとえちえちな彼女の手

『午後の優しい時間の中で』 あるまったりした午後の昼下がりのことです。 中学生時代の俺と幼馴染のKは川の土手で一緒にゆっくりとした時間を過ごしていました。 Kは話したいことをあれこれ気ままに話し、俺は …


    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。