えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

大学生初体験

初めての彼氏と快感に酔いしれた淫靡でロマンチックな初夜

投稿日:2017年8月21日 更新日:

・人生初めての彼氏

初めて彼氏が出来たのは私が22歳のとき。

大学四年の夏のことでした。

それまで私は男性と手を繋ぐこともキスをした経験もありません。

早く彼氏を作って処女を捨てたいという思いがどこかにあったのかもしれません。

もちろんセックスへの好奇心も。

 

相手はバイト先の社員の男性でした。

当時彼は27歳、背が高くどこか色気のある人でした。

男性を知らない私にとって彼はすごく大人に見えました、大学の同級生とは比べものにならないくらいに。

お互い映画鑑賞が好きだと分り、徐々に親しくなっていったような気がします。

 

・初デートからファーストキス

出されるカクテルにはすべて映画の題名が付いている。

そんなおしゃれなバーで初デートをしました。

生まれて初めて体験するようなロマンチックなシチュエーション。

私はもう彼にメロメロです。

ひとしきり飲んでほろ酔い気分で外へ出ると彼は私の手を握り、路地裏の暗がりへと誘導しました。

壁に押し付けられると、やみくもにキスされました。

それはあまりに突然のことで私は身を固くしました。

彼の温かい、ねっとりとした舌が流れこんできます。

お酒と性欲の混じった不思議な味です。

そして私の腰をしっかりと抱き寄せ、耳から首筋へと唇を這わせていきます。

それはなんとも馴れた手つきで身体が蕩け出してしまいそうに甘く優しい。

密着した彼の下半身が固くなってきているのが分かりました。

呼応するように私の身体の奥も疼きだしているのを強く感じます。

まだ誰にも触られたことのない一番敏感な部分が湿り気を帯びてきています。

彼は私を優しく抱き締めると耳元で熱く囁きました。

「俺と付き合って」と。

 

・初めての夜を迎えるまで

彼と毎週デートをするようになりました。

ドライブに行ったり、買い物をしたり、映画を観たり。

恋をすると一緒にいる時間はあっという間に過ぎて行きます。

私も彼も実家暮らしだったので、終電前にはいつも別れなくてはいけません。

 

その日は居酒屋でご飯を食べた後二人ともなかなか帰る気になれず、夜の公園を散歩しました。

ベンチに座ると彼は私を膝に乗せ、甘く深いキスをしました。

そして私の服の中に手を入れると固くなった乳首を指で優しく愛撫しはじめます。

彼の身体は熱を発していて、すごく興奮しているのが伝わってきます。

「もう我慢できない。ホテルに行こう」私達はもう一度唇を重ねました。

・初めてのゴージャスなラブホテル

その夜彼に連れられてきたのは一晩で二万円近くもするゴージャスなラブホテル。

大きなダブルベッド、室内とバルコニーにジャグジー付きのお風呂が付いています。

 

髪を撫でられながらキスをすると、あっと言う間に下着まで脱がされてしまいました。

生まれて初めて男性に裸を見られている。

そう思うと恥ずかしさでいっぱいなはずなのに、自分でもひどく興奮しているのが分かります。

彼はピンと立った乳首に舌を這わせると入念に舐めては吸い、同時に片手で太腿を優しくなでてくれます。

私は緊張と快感で切ないため息を漏らしました。

そして彼は胸からお腹へと優しくキスをするとジットリと濡れている陰部に顔を埋めてこう言いました。

「はじめてなのにこんなに濡れちゃってるよ」舌で優しくクリトリスを愛撫してくれます。

これまで感じたことのない快感が全身を駆け巡ります。

身体に電流が走るような感覚です。

今私は男性に性器を口で愛撫されている、こんなにも激しく。

羞恥心と蕩けるような快感で愛液は止めどなく溢れ出してきます。

 

それでも膣に指を入れられると激しい痛みが伴いました。

これまで誰にも触られずに頑なに閉ざされていた膣です。

初エッチってやっぱり痛いんだと少し私はがっかりしてしまいました。

私が痛みで顔を歪めているのに気づくと彼は指を抜き、お風呂へお姫様抱っこして連れて行ってくれました。

お互いの身体を洗い合い、私を抱き抱える形で湯船に浸かった彼が膣へとまたゆっくりと指を入れてきます。

不思議と今度はさほど痛くありません。

その後マットに寝転がるとはじめてのシックスナインをしました。

どうしたら彼を気持ちよくさせられるのか。

硬く大きくいきり立った性器を口に含み上下させると彼は気持ちいいと言ってくれました。

 

・処女の喪失、そして別れ

ベッドに戻ると彼はまた時間をかけて私の身体を念入りに愛撫しました。

そして私の膣が愛液でたっぷりと潤うと硬くなった性器を少しづつ挿入していきます。

鈍い痛みが走ります。

「まだやめておこうか」彼は少し躊躇していました。

私は首を縦に振り彼にしがみつきました。

「奥まで入れて」そう懇願すると膣の奥まで熱く硬いものが突き上げてきました。

彼が腰を動かしはじめると性器が擦れあい、痛みは快感に変わっていきます。

私は何度も激しい喘ぎ声を上げました。

初エッチの喜び、彼に 愛されている喜びで身体中が熱く快感でどうにかなりそうでした。

私達は朝まで何度も何度も愛し合いました。

 

とてもロマンチックな一夜を過ごせましたが、結局私は一ヶ月後に彼に振られてしまいました。

どうやら二股を掛けられていたようです。

遊ばれていたのかもしれませんが、やはり初エッチの相手が彼でよかったなと今でも思います。

あんなにロマンチックで淫靡な夜を私は一生忘れられないでしょう。

-大学生初体験
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

初エッチはサークルの合宿先で彼女もちの先輩とでした

○初エッチが早くしたい高校時代○ 高校生の時は男運もなくて、結果的に彼氏というものは出来ませんでした。 当時は周りの友達は殆ど彼氏はいて、殆どの子が初エッチを済ませていたので、私は気持ちばかり焦る日々 …

no image

居酒屋でお酒を飲んでから発展した恋愛。人生初えっちへ

私は、現在京都の大学に通っている20歳の大学生です。 私が、初めて女の子とえっちな経験をしたのは、つい最近のことでした。 私に、最後に彼女がいたのは高校生のころで、大学に入学すると同時に彼女とは別れて …

no image

男湯でオナニーしていたDカップ女子マネージャーとえっち

順調だった大学生活 私は大学時代、バスケットボールのサークルに所属していました。 私は、小学校・中学校とバスケットボールをプレイし、高校でインターハイに出場した経験までありました。 その為私は、大学で …

no image

女子大生達にビーチで逆ナンされてラブホで3Pをして…

童貞を卒業すべく肉体改造 私は、神奈川県で会社員として勤務する義弘といいます。 年齢は30歳です。 私は、今から12年前に横浜の大学に入学しました。 しかし、中学・高校と勉強一筋だった私は、彼女はおろ …

no image

バイト先の子と初めてのベロチュー&濃厚なセックス!

私の大学時代の話をしたいと思います。 恥ずかしながら、大学生になっても私は童貞でキスはおろか女の子と付き合ったことがありませんでした。 高校から男子校へ行ってしまったのがケチの付き始めで、それから大学 …