えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

初めてのオナニー

好きな子とお家デート。そして初めての自慰

投稿日:2023年6月20日 更新日:

・彼女へデートの誘い

中学二年の頃。

僕は、その後付き合うこととなる彼女とお家デートをしていた。

ある土曜日。

偶然、僕は留守番することになり、せっかくだからと彼女を呼んだ。

承諾してくれるか自信はなかったけど、案外あっさりと「うん。行くね」と返ってきた。

彼女が来るまで、僕はそわそわしてた。

女の子と二人だけだなんて、今までなかったから。

自分の部屋を軽く片付けていると、チャイムが鳴った。

ドアに向かうと、彼女がいた。

ちょっとドキドキした。

彼女とデートは何度かしてるのに。

 

・彼女が来た

「○○(僕の名前)の部屋ってこんななんだ。」

彼女はそんなことを言いながら、興味津々そうにしていた。

どうやら、男子の部屋は初めてだったらしい。

可愛いなと考えながら、あそこを膨らましていた。

「私の部屋、来てみたい?」

思わず、「行きたい」と即答すると、笑ってた。

「いいよ、今度来て。その代わり留守番の日ね」

と言ってた。

 

・デートは始まったが

二人でベッドに座った。

彼女は少し緊張してた。

男子の部屋が初めてだからかな。

「なにしようか」

僕は彼女に訊いた。

「なにしよう。せっかくだから二人だけだからこそ、出来ることしようよ」

彼女はそう言ったが、二人だけだからこそ出来ることってなんだろう。

お互い答えを出せずに静かにしてた。

 

・不意に手が触れて

黙り込んだ僕らは、なにか言いたげだが、言えない状況だった。

僕らは少しそわそわしていた。

だからだろうか。

不意に彼女の手に触れてしまった。

僕らはびっくりした。

「ご、ごめん」

僕はすぐに謝った。

「い、いいよ。○○なら。」

また、お互い黙ってしまった。

気まずさが部屋の中にあった。

せっかく二人だけなのになったのに何も出来ない。

 

・空気を変えたい

僕は空気を変えたかった。

「飲み物持ってくるね」

と言い、彼女にお茶を渡した。

彼女はお茶を飲みながら、こんな事を話した。

「前からね、○○と二人きりになりたかったんだ」

「そうなの。嬉しい」

好きと言いたかった。

嬉しいのあと、好きと言いたかった。

けど言えなかった。

お茶を飲み干すと彼女は

「あのね、○○」と言うと、緊張してそうだった。

そんな彼女の姿に僕は緊張していると

「○○、私○○のこと好きです。付き合ってください」

と言われた。

びっくりした。

彼女は僕のことが好きだったんだ。

彼女が返事を待っていそうな顔をしていることに気づくと

「ぼ、僕も○○(彼女の名前)のこと好きだよ」

「本当に!嬉しい!」

すごい笑顔だった。

 

・二人だけだからこそ、できること

お互いの気持ちを伝えあうと、会話が弾みだした。

いつから好きだったとか、これからは、どこにデートへ行こうとか。

そんな会話をしてると、彼女はさらにびっくりすることを言った。

「ねえ、オナニーってしたことある?」

「な、ないけど」

「私ね。やり方調べて来たの。二人でしない?」

自慰って名前だけは知ってるけど、やり方は全く知らなかった。

僕らは服を脱いだ。

恥ずかしそうに肌着を脱ぎ、下着を脱いだ。

僕らは、大切なところを手で隠した。

だけど、大きくなっている、僕のアソコを隠し通すことは出来ず。

「男の子のあそこってそうなるんだ」

と緊張しながら彼女は言った。

「見せて」

彼女にそう言われ、恥ずかしかったけど見せた。

じっと彼女が見てると「ご、ごめん。初めてだから」と言われた。

「い、いいよ。○○だから」

「○○が見せてくれたから、私も見せるね」

彼女も見せてくれた。

小さな胸と毛に覆われたアソコ。

僕も思わずじっと見てしまった。

彼女が恥ずかしそうにしてることに気づき「ごめん」と謝った。

「いいよ」と返ってきた。

 

・自慰

「女の子のオナニーってこうするんだよ」

彼女はクリの辺りを撫でると喘ぎだした。

女の子のエッチな姿を見るのは初めてだった。

「○○もして。男の子のあそこを手で擦るとできるよ」

と教えてくれた。

やってみた。

気持ちいいのかな。

どれくらいの力加減にすればいいからすらわからなかった。

「優しく握って擦るんだよ」

と教えてくれた。

慣れて来たからか気持ち良くなってきた。

僕も彼女のように喘ぎだした。

部屋の中で僕らの喘ぎ声が響く。

見つめ合いながらオナニーをすると、興奮は高くなった。

「ねえ、なんか、あそこが変な感じする」

僕は彼女に訊くと

「大丈夫だよ。そのまま続けて。私も同じ感じだよ」

と喘ぎながら答えてくれた。

「○○(僕の名前)、大好きだよ」

「僕も○○のこと大好きだよ」

と互いに喘ぎながら愛を伝えあうと、僕らは果てた。

「な、なにこれ」

と床にある精子を見て僕が言うと

「男の子はエッチな気持ちになると、これが出るんだよ。初めて見た」

そう教えてくれた。

精子を拭き、服を着ると

「これからよろしくお願いします」と僕らは言った。

成人を過ぎましたが、今も彼女と付き合ってます。

-初めてのオナニー
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

初めておまんこが濡れたあの日。忘れられない日

私の初めての自慰は中学生のことです。 保健体育では自慰のこと学んでいましたが、あまり興味がありませんでした。 私には兄弟がいて、小さい頃は弟と一生にお風呂に入ったりしていて、男性器をみたことがありまし …

初めてのオナニーは小学生、教室で鉛筆でシコシコ少女

オナニーしているという自覚 初めてオナニーをしたのはいつか、明確には分かりませんが覚えているのは小学校に上がってからだと思います。 でも話によると赤ちゃんや幼児でも、性的な意識はなくてもただ単に「気持 …

初オナニーは高校の先輩にやり方を教えてもらいながら…

私がこれが自慰行為なのかな?と思ってから、一気に自慰行為にはまったときの事を思い出しながら掘り下げてみたいと思います。   ☆自慰行為ってなに? 私が自分自身で自慰行為をしていたのは、思えば …

女の子の自慰行為の始まりはちょっとしたきっかけで始まる

⚫︎小さい時から性感帯はある 自慰行為を始める年齢は人それぞれですが、かなり早い小学校低学年などから始める子もいることを考えれば、股間を触ったり、胸を撫でたりして気持ちいいと感じる部分は …

セックスをのぞき見しながらオナニーする童貞

俺の初めての自慰は中学2年生の時…。 あまり褒められる話では無いが、友人のタクヤが付き合っている女とHしている姿を見ながら初めての自慰を経験した…。   〇友人からの誘い 俺が中学生のころ毎 …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。