えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

初めてのオナニー

エロ本を公園のトイレに持ち込み始めての自慰行為

投稿日:2023年6月20日 更新日:

当時中学3年生だった私は女性のエロさが判る年になっていました。

しかし、18歳未満ですからアダルト雑誌やビデオを買う事ができませんでした。

塾の帰りに妖しい光を放つエロ本自販機の前を友達にばれないよう通って横目でチラリと見ることで満足していました。

ある日、いつも通り塾が終わってエロ本自販機へ向かおうとしたら、途中で横切っていた公園のベンチにエロ本が置いてあったのです。

表示に大きく「デラべっぴん」と書かれており巨乳のお姉さんが映っていたので間違いなくエロ本だと確信しました。

拾って中身を確認したかったのですが友達に見られる可能性があるのでそのまま通り過ごしました。

しかし、どうしても気になって仕方がありません。

そこで、もう一度ベンチに戻って周りを確認し、人が居ないことが判ったのでさっと服に隠して自転車に乗り込みました。

そして公園のトイレに駆け込み中を開いたのです。

初めて見るエロ本は衝撃的でした。

見たこともない大きなおっぱいやセクシーなランジェリー姿に興奮が抑えきれなくなりました。

あそこがじわっと熱くなってズボンの上から手の平で圧を掛けると何とも言えない気持ちよさが体の芯から湧き上がってきたのです。

この年ですから自慰行為のやり方は知っていました。

まだ皮が剥けていないあそこをしっかり握り込んでしごくと先から汁のようなものが溢れ出てきました。

エロ本に擦り付けたり、女性の顔にキスをしていると、イケないことをしている刺激に襲われて頭がおかしくなりそうでした。

写真だけでなく、官能小説も載っていたのでじっくり読むと今まで知らなかった用語が沢山出てきたので理解できません。

しかし、イラストも差し込まれていたのでなんとなくは理解できました。

クンニ、フェラチオ、パイズリなどは知っていましたが、アナルオナニーや体位に付いての知識は無かったので驚きを隠せません。

どんどんとあそこが硬くなってしごいていると亀頭の半分が皮から出てきました。

こんなに自分のあそこをじっくり見たことはなかったので卑猥さに驚きを隠せません。

皮を全部剥きたかったのですが元に戻らなかったら怖いと感じたので亀頭の半分ほどに止めることにしました。

そして、シコシコしたときの気持ちよさを味わいたくて必死にしごき続けました。

クチュクチュとHな音が響き渡るので人に見つからないようできるだけそっと手を動かしました。

拾ったエロ本の中で最も興奮したのはおっぱいの大きいお姉さんがパンツを膝まで下ろして振り返った写真です。

下着と裸体のエロさを同時に味わえるお得感を感じながらあそこをたっぷり本に擦り付けながらしごいていると何かが弾けたような快感に襲われたのです。

そして本を見ると僅かに白濁した粘膜質の液体がべっとり付いていたのです。

これが射精だと自分でも感心してしばし呆然としました。

一気に現実に引き戻されイケないことをしてしまった罪悪感に駆られながらトイレにエロ本を残して自宅へ戻りました。

しかし、またムラムラしてしまい先程感じた罪悪感は跡形もなく消え去っていました。

この日から、目に焼き付けたエロ本をおかずに自宅のトイレでも隠れてオナニーするようになってしまいました。

 

-初めてのオナニー
-, , ,

執筆者:


  1. carp19741201 より:

     自分の場合は中学生の時、近くのナイトショップで全裸の女性が挑発するようなポーズをとっているような雑誌は論外でしたが、あまり表紙が過激でない成人向けの雑誌であれば、レジに持っていくと店員の男性の方が売ってくれました。ですので、ブログ主さんがここで話題にされている『デラべっぴん』も購入することが出来、隅から隅まで何度も何度も読んでいました。自分の場合は外でオナニーをしたことは学生時代に一度もありませんでしたが、自室やトイレでブログ主さんが中学生時代に体験した事と同じような事をよくしていました。特によく覚えているのは、『デラべっぴん』の付録としてついていたほぼ女優さんの体の実物大のポスターをみて興奮し、そのポスターに向かって射精をしたことです。後、自分の場合は田んぼに捨ててあったエロ雑誌は必ずといっていいほど家に持ち帰り、オナニーのおかずに使わせてもらっていました。普段は真面目な生徒だと皆に理解されていたと思いますが、とにかく人一倍性欲が強く、スケベな中学生でした。もしご迷惑でなければ、今後もコメントを投稿させて下さい。最後になりますが、このような素晴らしい記事を読ませて頂き、心から感謝しています。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ショタ】小学生の僕は友達とおちんちんを兜合わせ

ぼくが射精、自慰行為、という言葉を知ったのは、中学2年生ころのことでした。 そのころになると好きな人のことを考えたりエロ本(当時はネットがなかったので)をみながら、陰茎をさわり、しばらくすると陰茎を中 …

小学生でオナニーを覚え、中学生でクリイキオナニーを覚える

友達のお父さんのエッチな本 小学校5年生の時のことです。 女の子の友達の家に遊びに行くと、お父さんの部屋にエッチな本があるから一緒に見ようと誘われたことがありました。 本当はすごく興味があったのに「え …

男子の初オナニーのきっかけは学校の先生が定番

男性が大人になる過程で必ず訪れるのが精通というもの、朝起きた時思いもよらない形で射精していたり、もしくは勃起から思わぬ刺激が加わったことで射精するなんていろいろなパターンがあります。 至って健全な証拠 …

小学生の自由帳に刻まれた秘密の妄想と「初めて」の精子

『秋雨の音を聞きながら』 あれは雨がしとしとと降る秋の夜のことでした。 当時小5だった私は、ベッドに入るもなかなか寝付けずにいました。 不眠の原因はお塾の成績。 今のままでは、バリバリの教育ママである …

JC時代に妄想セックスでオナニー初体験

『友達とAVを観た夜に』 私の初めてのオナニーは中学2年生の時のことでした。 オナニーの知識は持っていましたがそういうのは男子や自制心のない人がやることで自分には関係のないことだと思っていたのです。 …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。