えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

大学生(JD)初体験・初えっち

大学生の僕がバイト先の人妻ギャルで初体験した話

投稿日:2023年6月15日 更新日:

・リナさんとの出会い

僕の初体験は大学二年生のときでした。

当時はカー用品店でアルバイトをしていたのですが、そこである女性に一目惚れしてしまいました。

彼女の名前はリナさんといい、年齢は僕より四つ上のパートの方でした。

ギャルママで可愛く、気さくで僕のような陰キャにも明るく接してくれる。

そんな人に惚れてしまうのは必然だったのかもしれません。

 

・夫と子供がいる女性に惚れてしまった

リナさんとはバイト中によく話をしていました。

リナさんともっと親密になりたい。

彼女を思いきり抱き締めてセックスがしたい。

そんなことを思いながら毎日リナさんでオナニーをしていましたが、賢者タイム中にいつもあることを考えてしまいました。

(リナさんには夫と子供がいる。仮に僕と両想いだったとしても、この恋は実らないだろう)

叶わぬ恋心を抱きながら、僕は毎日を過ごしていました。

 

・豪雨がくれたチャンス

転機が訪れたのは突然でした。

その日はひどい豪雨でした。

バイト先に自転車で通っていた僕は、帰宅できずに駐輪場で雨宿りしていました。

雨はますます強く降り、どうしようか悩んでいたそのとき。

「あれ、どうした学生くん。何やらお困りかい?」

リナさんが悪戯っ子のような笑顔で僕に話しかけてきてくれました。

僕は豪雨で帰宅できなくて雨宿りしていることを告げると、リナさんは満面の笑顔で答えてくれました。

「ならアタシが家まで送ってあげるよ! いつも仕事で助けてもらってるからそのお礼ってことで!」

僕はお言葉に甘える形でリナさんに自宅まで送ってもらうことにしました。

 

・車の中で初体験

僕とリナさんは豪雨の中リナさんの車まで走ったため、ずぶ濡れになってしまいました。

「いやーマジですっごい雨だよね。傘さしたのに二人ともびしょびしょになっちゃったし」

「なんかすみません。送っていただけるのに車の中汚しちゃって」

「そんなこと気にしなくていいって! 服が乾くまでちょっと待とうか」

暖房の効いた車内で、僕とリナさんはしばらく雑談をしていました。

しかし、あることが気になって僕は話に集中することが出来ないでいました。

雨で濡れたリナさんのTシャツから黒いブラジャーが透け、胸の形が分かるくらい肌に張り付いていたからです。

僕は勃起してしまったことを悟られないように振舞っていましたが、すぐにバレてしまいました。

「学生くんさ、その、それ……」

リナさんは少し顔を赤らめながら僕の股間を見つめてきました。

僕はなんとか弁明しようと口を開きましたが、その口を塞ぐようにリナさんがキスをしてきました。

「いいよ。今日は特別サービスしてあげる」

しばらくキスやお互いの体を刺激し合ったあと、リナさんは僕に覆いかぶさるようにして、勃起したペニスを自らの膣内へ挿入していきました。

「んぅ……。すごい、おちんちん大きいんだね……」

「リナさん、すごい気持ちいいです」

「じゃあ、もっと気持ちよくしてあげるね。んっ、あぁっ、んぅっ」

勢いよく僕の上で振られる腰に、僕はあっという間に限界を迎えそうになりました。

「リナさん、僕、もう出そう……」

「ダメ。あともう少し我慢してね。あん、あっ、あぁっ」

「リナさん、このままじゃ膣内で……うっ」

「あっ、ひあっ、んっ! いいよ、学生くんのこのまま膣内でも。んんっあぁっ!」

「うぅ、で、出る!」

「きて! きて! あん、ふぅあっ、ああッ、ああーッ!」

僕はリナさんの膣内へ勢いよく射精しました。

初めてのセックス、それもリナさんとヤレた喜びと気持ちよさで、豪雨のことなどすっかり忘れてしまっていました。

 

・その後

あの初体験のあとからしばらくして、リナさんはバイト先を辞めてしまいました。

店長が言うに一身上の都合での退職とのことですが、真実はわかりません。

もしかしてあのときのセックスが原因かもしれない。

そんな罪の意識でときどきリナさんのことを思い出します。

-大学生(JD)初体験・初えっち
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

女子大生達にビーチで逆ナンされてラブホで3Pをして…

童貞を卒業すべく肉体改造 私は、神奈川県で会社員として勤務する義弘といいます。 年齢は30歳です。 私は、今から12年前に横浜の大学に入学しました。 しかし、中学・高校と勉強一筋だった私は、彼女はおろ …

18歳の夜、生で挿入した童貞卒業記

正直、中学デビューも、高校デビューも出来なかった僕。 唯一高3から始めたバイトが生きがいでした。 お金、貯金が趣味でバイトをすればお金が貰え、バイト先からは感謝されホントに幸せな日々でした。 ですが、 …

セックスにあこがれる草食男子と控えめ女子の出逢い

小さな頃から太っていて引っ込み思案な性格は大学生になって変わらなかった。 周囲の彼女がいる友人が羨ましくて仕方がなかった。 携帯が普及しだした時でどうやったら女の子と携帯番号を交換できてどんな話をすれ …

大学2年の春、可愛い後輩と初セックスをすることができた

これは、大学2年生のときでした。 まだ、自分は、セックスというものをしたことがなく、アダルト動画を見てオナニーをするだけの生活をしていました。 そんな春、新しい後輩が入ってきました。 自分の大学のサー …

一夜限りのセックス、ただ、ただ、彼女の中は冷たかった

22歳になるまで女性とまともに話をしたこともなければ、ふれたこともない大学生だった私が、Aさんに出会ったのは飲み会の席でした。 飲み会に行くのはあまり好きではないほうでしたが、まあ付き合いで、という感 …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。