えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

パンツ・ノーパン・パンチラ

禁欲生活の後の彼女のパンツの匂いがたまらない

投稿日:2023年5月30日 更新日:

・傷つく一言

学生時代に付き合っていた彼女に、漫画やドラマのようなセリフを言われたことがあります。

それは、「私の体が目的だったの?」です。

いや、そりゃまあ、それもあるし、他にもあるし・・。

20代の若者にとって、女性の体ってのは、ものすごく魅力的じゃないですか。

それが目的でないはずがないんですよね。

とまあ、しどろもどろな返答になっていると、「そんなんだから、パッとしないんだよ」とかなんとか、結構傷つく一言を言われまして・・。

それならばと、「これから1か月、禁欲する」と、宣言をする運びとなったのですが、彼女の第一声は「無理無理。絶対無理。大体何よ、ソレ。勃ってんじゃない。」ご指摘の通り、実は先ほどからギンギンで・・。

「これを処理してから1か月という事で、よろしいでしょうか」なんて、彼女に抱き着こうとしたところ・・。

「あーでたでた。残念でした。これからバイト。じゃあね。」と、無慈悲に帰っていったのでした。

一人残された僕。

虚しさと切なさと、心細さと、勃起したアソコと。

とにもかくにもこの欲望を解放しないと、何も手につきそうにありません。

というわけで、いきなり欲望に負けてしまう僕だったのでした。

禁煙や禁酒ができない人の気持ちが分かった気がします。

これが最後といって、結局ズルズル辞めれないんですよね。

性欲をそこまでして抑える必要もないのですが、先ほど彼女に言われたことが妙に引っかかって。

自慰行為をした後の賢者タイムも相まって、本気で禁欲に取り組むことになったのでした。

 

・禁欲達成

それから1か月。

ガチで禁欲生活を成し遂げた僕。

1週間を過ぎたころから無の境地に至り、ちょっとやそっとの事では動じなくなりました。

さすがに彼女も心配になって、誘惑してくるのですが、ここで負けたら男が廃る、という古臭い考えでもって、見事達成。

その瞬間、緊張感が抜け、すぐさま彼女に会いたい気持ちになりました。

連絡をすると、大至急やって来てくれたのですが、今まで以上に彼女のことを可愛いと感じました。

さてソファに座ると、彼女と体を密着させ、ボディタッチを開始。

彼女も全く嫌がりませんし、なんなら、「ハアハア」言いながら、ものすごい興奮してます。

とまあ、キスをしたりしながら、服の上から、思う存分彼女の柔らかい体を堪能しました。

次に、スカートの中のパンツに手をかけ、ゆっくりを脱がすことに。

クルンとなったホヤホヤのパンツ。

どうしようもなく嗅ぎたい衝動に襲われました。

生臭い匂いが漂ってきて、妙にエロい。

よくよく観察してみると、粘っこいシミが付着しているじゃありませんか。

「ナニコレ」と、知らん顔して尋ねると、真っ赤になって、首を振る彼女。

どうやら、彼女は彼女で、1か月のセックスレスで、性欲が溜まっていたようです。

 

・彼女のパンツの匂い

というわけで、この日は思う存分、1か月ぶりのセックスを楽しみました。

セックスした後は、そのあたりにパンツやらブラやら、着ていた衣服やらが散乱し、お互い全裸の状態で、床の上で寝てました。

ふと目が覚めると、彼女はまだ寝ていたので、優しくブランケットを掛けてあげました。

そして、散乱した衣類を整理し・・。

その時、先ほどのパンツが目に入り、またしても嗅ぎたい衝動に。

思う存分嗅いだ後、横向きに寝ている彼女に後ろから体を密着させ、そのまま就寝。

何とも言えない、暖かい時間が流れていました。

-パンツ・ノーパン・パンチラ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

べろんべろんに酔った彼女がパンツを脱ぎだして

・酔った彼女 自宅のアパートで、ゲームをしていると、彼女の友達から連絡がありました。 「ものすごい酔っぱらってるから、迎えに来てあげて」という事なのですが・・。 現場に到着してみると、べろんべろんに酔 …

パンツ売りの少女を出会い系サイトで発見!

【出会い系サイト】 俺は彼女がいない時、よく性欲発散のために出会い系サイトで割り切りエッチをしていました。 「割り切りとは」素人女性と性交する対価としてお金を支払う事、つまり「売春行為」のことです。 …

女子高生の恥じらい~パンチラ誘惑に負けた男教師

これは俺がある高校の教師をやっていた時の話。 勤務を終え帰ろうとしたとき、俺が気に入ってる女生徒が教室で居残っていたので(えこひいきはしていない。)声をかけてみた 「まだ、帰らないのか?」 「今、帰る …

私と彼のパンツ談義、彼の信念を貫いたブリーフ

彼と付き合い始めてすぐに、いろいろなことを聞かれました。 どんな風に付き合っていきたいのか、どんな風にエッチをしたいのかなどなど。 そんなの改めて聞かれると、とても恥ずかしいとしか言いようがなかったけ …

彼女の美人姉ちゃんのパンツを物色した俺

・俺の彼女の姉ちゃん、マジで美人だった。 これは俺が大学生の時の事だ。 当時、俺には一コ年下の彼女がいた。 彼女の名前は翔子(仮名)と言ったのだけれど、見た目はまあまあといった感じだった。 でも、俺が …


    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。