えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

パンツ・ノーパン・パンチラ

小6の時、友達のお母さんの脱ぎたてパンツでオナニーした

投稿日:

・ドキドキの宝探し

小学6年の時、よく遊んでいた友人のお母さん(以下、おばさん)のパンツを見つけた時の話です。

おばさんは当時30代半ばくらいで、身長は165センチくらいでとてもスレンダーでした。

モデルのような体型で、端正な顔立ちで、とても美人でした。

遊ぶ時は家にお邪魔していたのですが、会う度に明るい笑顔で迎えてくれ、僕は小学生ながら、いつもドキドキしていました。

ある時、”家の中で宝探しゲームをしよう”ということになり、お互いに宝物と称した物を隠しあってはそれを探す、という単純な遊びをしていました。

隠す方は家のどこかに隠す。

見つける方は、家の外に出て隠し終わるまで待つ、というルールでした。

僕が隠す番になった時、洗面所に隠そうと思って向かうと、そこにはまだ洗濯されていない服がありました。

ふと目をやると、女性のパンツが洗濯物の間から見えていました。

友人の家族は、おばさんしか女性がいないので紛れもなく、おばさんのパンツでした。

この日は、おばさんは仕事に出ていて家の中には僕しかいません。

僕は思わずパンツを手に取りました。

レースのついた、小ぶりのベージュのパンツでした。

心臓がドキドキしました。

あのおばさんのパンツ、、、。

匂いを嗅ぎました。

それと同時に勃起しました。

汗と、少しおしっこの匂いがしました。

おばさんからこんな匂いがするんだ、と思うと、とても興奮しました。

でも、あまり長くなると、友人に怪しまれてしまいます。

すぐにパンツを戻し、物を隠して友人を呼びました。

時間が経ち、帰る時間になったので悶々とした気持ちを抑え、その日は帰りました。

 

・翌日の更なる興奮

また翌日も遊びに行きました。僕は昨日の出来事があって、友人宅に遊びに行くのにドキドキしていました。

おばさんのパンツが見たくて、「また宝探しゲームをしよう」と提案し、最初は僕が隠す番になりました。

いてもたってもいられなくなりました。

まず宝を隠すために、6畳ほどの和室に入りました。

すぐ隠す場所を決め、隠しました。

その部屋にはタンスが2棹並んでいます。

パンツがあるか確かめるためにタンスの引き出しを開けようと近づきました。

タンスの上を見ると、そこにはストッキングが置いてありました。

なぜ、こんなに無防備に下着を置くのだろう、と疑問に思いましたが、すぐにストッキングに手を伸ばしたところ、パンツが一緒になっていました。

ストッキングを脱ぐ時に、そのままパンツも脱いだのだと思います。

このパンツはレースのついた、水色のかなり小さめなパンツでした。

昨日履いていたのだ、と思うと、また心臓がドキドキしてきました。

興奮が抑えられなくなって、また匂いを嗅ぎました。

汗と、少しおしっこの匂いがたまらなく興奮し、性欲を掻き立てます。

あっという間に勃起し、我慢できなくなって、性器にパンツをまとわりつかせ、そのまま自慰を始めました。

このパンツを履いているおばさんを想像しながらシゴき、すぐにイッてしまいました。

 

・横におばさんがいるのに、、、

翌日も友人宅へ行って遊んでいると、おばさんが仕事から帰ってきました。

この日は早上がりだったようで、明るい笑顔で「来てたのね、いらっしゃい」と声をかけてくれました。

仕事の制服を着ていて、ブラウスに、下はスカートとストッキングを履いていました。

和室で着替え終わったおばさんは、部屋から出てきて、リビングで横になっていました。

友人はトイレに行く、と言ってしばらく出てきません。

僕は悶々とした気持ちが抑えられず、洗面所に行きました。

先程着替え終わったばかりの制服と、ストッキング、そしてパンツがありました。

ついさっきまで履いていたパンツです。

ベージュの、昨日のようにとても小さなパンツです。

おばさんは、こういうパンツが好きなんだ。

僕の興奮は最高潮になりました。

汗と少しおしっこの匂いがしましたが、まだ温もりがありました。

たまらなくなり、鼻にパンツを充て、ズボンの中に手を入れ、性器をシゴきます。

夢中になり、そのままパンツの中にイッてしまいました。

その後も頻繁に遊びに行っていましたが、やがて行かなくなり、だんだんと疎遠になりましたが、今でもたまにおばさんのことを思い出します。

-パンツ・ノーパン・パンチラ
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ミニスカギャルのパンチラで興奮してしまい修羅場に

・日常でのパンチラ 男性であれば、女性のパンツに興奮するのは当然です。 日常でたまに目にするパンチラとか、無性に興奮してしまいませんか。 平静を装ってはいるものの、ドキドキして、気が気じゃありません。 …

no image

初めて彼氏にOバックパンツを履かされた時

・Oバックパンツ? 交際している彼氏が、クリスマスプレゼントに下着をくれました。 どんな下着だろうとワクワクしながら開けると、見た事もないパンツが入っていました。 「これって、何かの冗談?」 「冗談な …

no image

思春期のえっちな「パンチラご褒美」の思い出

『遅刻魔な俺と優等生な彼女』 地元の中学では、俺は遅刻魔として知られていた。 もうあまり学生のいなくなったケヤキ並木を駆け抜け、時間ギリギリに校門に滑り込むのが日常茶飯事。 一方彼女は遅刻をしたことが …

no image

ダサいパンツを彼女に穿かせるとやたらエロイ

・境界線があいまいに 男性なら、女性のパンツにムラムラ来ると思いますが、自分の場合は、ある時まではそこまで興奮することはありませんでした。 理由は、姉がチアリーダー部に所属していて、常日頃から、スカー …

no image

パンツは使用済みじゃないと意味(価値)がない

・パンツの香り 女性の下着には、何とも言えない、独特なオーラが漂っています。 下着といっても色々ありますが、個人的にはパンツが一番好きですね。 ブラとか、ストッキングとか、あとは靴下とか、ああいうのは …


    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。