えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

初めてのオナニー

ウブな私が初めての自慰で初イキした体験談

投稿日:2022年9月30日 更新日:

『性への目覚め』

私は性に対する知識が周りより少し遅れていたて思う。

そんな私が小学校5年生になった時、好きなアイドルが表紙を飾ったので初めて雑誌を買った。

それがたまたま「anan」だった。

ananは結構性について特集されることの多い雑誌だが、私は内容を把握しないまま購入した。

そして家に帰って一通り好きなアイドルが載っているページを読むと他のページにも興味が湧いてきた。

ファッションのことや占い、恋愛についても書かれていた。

そして後ろの方の白黒ページにエッチについての読者の体験談が書かれていた。

確か初エッチ特集だったと思う。

それまで赤ちゃんはコウノトリが運んで来ると思っていた私にとって、それはかなりの衝撃的な内容だった。

まず、おちんちんを入れる穴が女の人にあるなんてことが想像できなかった。

人生で初めて自分の体の中に知らない部分があるとわかった瞬間だった。

 

『大人の雑誌』

こうして少しだけ性への興味を持った私に、その出来事はすぐに起こった。

両親が不在にしていた時にたまたま父の本棚を倒してしまい、本棚に一冊ずつ本をしまっていた時に見つけてしまった。

大人の雑誌だった。

前の方には政治的なことや芸能関係について書かれていたため、私はまた好きなアイドルが載っているんじゃないかと思い全部のページを読んでみた。

すると後ろの方に、今度は白黒ではなくカラーでエッチをする男女の写真が何枚も載っていた。

初めて見るエッチに、本当に驚いたしこんなことをするなんて恥ずかしいと思った。

そしてとても興味を持った。

その中には男の人が女の人のおまたを触っている写真もあり、横には説明書きがされていた。

この時初めておしっこをする部分をクリトリスと呼び、そこをいじると気持ちいいらしいことを知った。

 

『自慰』

早速私は自分の体を調べてみることにした。

鏡の前でパンツを脱いで足を開くとそこには初めて見る自分のクリと、そして見知らぬ穴があった。

私は恐る恐る穴の方に指をやったが怖くてたまらなくなりやめた。

そしてクリを触ってみようと思い直し、恐る恐る実行した。

すごく不思議な感覚になって、だんだんと興奮してくるのがわかった。

どれくらい力を入れたらいいのかわからず最初は優しく触っていただけだったけれど、それだけじゃ満足できなくなった。

私はもう一度あのエッチ写真を確認し、やり方を勉強した。

どれくらいの強さでどれくらいの時間触っていればいいのか知りたかった。

さすがに写真では具体的なことはわからなかったが、何度もこすることはわかった。

私は少し力を強めて指の平でこすってみた。

するとさっきよりも格段に気持ちいい感じがした。

もっと気持ちよくなりたくなった私はスピードを早めてこすり続けた。

やがて変な液が出てきて焦った。

おしっこではない何かが自分の体から出てきた。

でもこれについては雑誌で勉強済みだった。

多分これが「ラブジュース」ってやつだろう、とさっき得た知識で納得した。

私はやめ時を見失い15分くらいいじり続けていた。

そのうち今度はさっきよりも変な感じがしてきた。

体が宙に浮くような不思議な感覚だ。

自分の意思とは関係なく体がビクビクし始めた。

怖くなったけどその先がもっと知りたくて自慰を続けた。

すると急に頭が真っ白になって今まで出したことのない声が勝手に出てきた。

びっくりした。

初めての感覚に初めて聞く声。

これが私の初めての自慰であり初イキだった。

-初めてのオナニー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

初めてのオナニーは小4のとき・・。おませさんだった自分

私が始めて自慰行為をしたのは、思い返せば小学校4年生のときでした。 よくよく考えるとおませさんだったなと思うのですが。 幼稚園のころからちょっと大人目な漫画(少女コミックやプチコミック)を読んでいたの …

初めて見たAVに衝撃。友達の家のトイレで射精

最初の一歩 初めてオナニーしたのは中学3年になってからでした。 本当はその少し前から行為自体はやってたけど、射精に至ったのは3年だったと思います。 当時実家は家を建ててる最中でマンションに住んでたこと …

女友達にオナニーを教えてもらった小学生時代

それは小学校時代のこと、僕はとある山間の村で生活しておりました。 人口も少なく、小学校の全校生徒を合わせても街の学校の一クラス分ほどしかいないくらい。 それでも村には小学校のほか中学校もあるのですが。 …

中学生の姉の裸と使用済みパンツに興奮。初めてのオナニー

初めてのオナニーネタは姉貴がセックスをしている姿を見ながらやりました。 下半身に込み上げてくるものを感じてくる、なんとも言えない複雑な気分のなか、それを放出した時の快感は未だ忘れることが出来ません。 …

初オナニーは中学校1年生、オカズは発育良好な同級生

男の人生に置いてオナニーの存在をなくすことはありえないのではないでしょうか。 青春時代はもちろん社会人になってから、はたまた結婚してからもオナニーはアナタの傍にずっといたはずです。 私自身、40代にな …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。