えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

初めてのオナニー

精通が水着の姉へのぶっかけになった件

投稿日:2022年9月29日 更新日:

1.姉を意識し始めた

小学生も高学年になった頃、少しづつ男女を意識するようになっていた。

ある時、男友達と自分の家で遊んでいると、姉が顔を出す事があった。

要件は何だったか忘れてしまったが、姉が出て行った後、友達が言った事は覚えている。

「お前の姉ちゃん、おっぱいでかいな」

友達から言われて、改めて姉が女である事を意識した。

考えてみれば、自分の好きなアイドルと変わらない年だった。

姉は、たまに意地悪をする事もあるが、7歳下の僕の面倒をよく見てくれた。

でも、女と意識してから、何となくどう接したら良いか分からなくなっていった。

 

2.夏休み

翌年の夏休み、僕達は母方の祖父母の家に遊びに来ていた。

1日1本の連絡船しか通っていない小さな島には、狭いけれどきれいな海岸があった。

その日も、父に連れられて僕らは海水浴に行った。

「泳ご!」

姉は去年と同じように、僕を引っ張り回す。

セパレートの水着越しの胸にばかり目が向いてしまった。

ひとしきり泳ぎ終わって、僕達は木陰に広げたレジャーシートに座り、弁当を食べ始める。

「どうしても海に入りたくなったら呼べ?絶対子供だけで海に入るなよ」

ビールでも飲みたくなったのか、父はそれだけ言って先に帰ってしまった。

僕らは弁当を食べ終えて寝転がると、疲れも手伝って、すぐに眠ってしまった。

 

3.眠ってる姉

10分ほどして目を覚ました時、姉はまだ眠っていた。

見慣れた顔に、ややクセのある肩までの髪が2、3本かかっている。

それから首、鎖骨から胸。

友達の言葉が思い浮かぶ。

僕の股間はいつの間にか痛いほど勃起していた。

それまでも、勃起をする事はあったけれど、理由は全然分からなかった。

この時になってようやく、性的な興奮に反応しているという事に気が付いた。

僕は海水パンツをおろし、ちんちんを出した。

折れてしまいそうで怖かった。

これをどうすれば良いのか分からなかった僕は、ただ握ったりさすったりするしかなかった。

そうするうちに、姉が何かとても愛おしいものに見えて来た。

その感覚はどんどん強まっていく。

ちんちんを揉みしだきながら、僕が衝動的に姉の唇にキスをした時、果てた。

大量の精液が、まだ小さなものから、どくどくと吐き出された。

必死に止めようとしたが、手からあふれ出た精液が姉の身体に滴り落ちていく。

僕はそれを拭き取ろうとしたが、精液まみれの両手では広げるだけだ。

罪悪感に泣きそうになった。

 

4.お姉ちゃんのおそうじ

「――大丈夫だよ」

声をかけられた。

姉はいつの間にか目をさましていた。

「ちゃんとキレイにしてあげるから、落ち着いて?」

そう言って身体を起こすと、姉は僕の頭を撫でる。

それから、弁当用に持って来たウエットティッシュで、僕の手を拭いてくれた。

「現実でもこんなに出るんだ……男の子って、面白い」

ちょっとからかう口調に、僕は恥ずかしさで何も言えない。

「初めて出したの? びっくりした?」

黙って僕は頷く。

「触って大丈夫?」

ウエットティッシュを持った手を、姉はぼくのに近づける。

「なんか……じんじんする」

「敏感になってるのかな」

そう言うと姉は、僕のを口に含んだ。

温かくヌルヌルの感触が全体を包み込む。

「はい、これでキレイになった」

姉は笑って口許の精液を舌でなめた。

「ごめん、なさい」

「ふふふ」

なんだか嬉しげに姉は笑う。

「チューしたよね。やっぱり、お姉ちゃんの事、大好きだって事だよね?」

「べ、別に」

「おちんちんがそんなになるのも、好きな子が相手だからだよ?」

「家族……と、仲は、良いもんだし」

「照れない照れない。私はずっと大事な弟で、大好きだって思ってたからさ」

姉が僕を抱きしめた。

また湧き上がる感覚の中で、僕は姉の胸にうずもれていた。

-初めてのオナニー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

オナニーに困っていた私を救ってくれたオナホの話

・自慰行為とはなんぞや 私が初めての自慰をしたのは高校一年生の夏頃。 他の人たちに比べてだいぶ遅いデビューでした。 といっても性に関してまったく興味がなかったわけでもなく、思春期になると同級生と同じく …

【エロ体験談】中学生、初めての自慰で絶頂射精!

これは筆者が初めての自慰行為をした時の体験談だ。 初めての自慰行為は中学2年生の時で、当時の筆者は性に関する知識に乏しい子供だった。 だから「射精」やら「精子」やらの言葉すら知らず、当然「自慰行為」と …

女子高生でもこんなに性欲があることを知る

私が初めて自慰をした体験談を紹介します。   ●初めて自慰をしたのはいつ頃? あれは、私が高校1年生の頃でした。 性に目覚めるには少し遅かったかもしれません。 中学生までは勉強漬けだったので …

初オナニーは我慢汁を精子だと思って終了 

・詳しい友人 人生で初めてオナニーをしたのは、中学1年生でした。 それまでは、オナニーの「オ」の字も知らないくらい、純真無垢で、そのような行為があることを知ったときは本当に衝撃的でした。 中学生くらい …

人に知られたくない自慰,止められない自慰

『小学5年生の体験』 寒い冬の朝のことだった。 目が覚めると倦怠感と同時に股間が熱い。 昨日からなぜか股間がムズムズしていた記憶が夢心地で蘇った。 ふと股間に手をやると「濡れている。しまった」と思い, …


    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。