えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

初めてのオナニー

オナニーを知った日から床オナがやめられない

投稿日:

『何か気持ちいい』

中学一年生の頃、俺は自分のチンコをいじると気持ち良くなるということに気が付いた。

しかし、オナニーという概念は知らず、何となくチンコを触っていた。

チンコを触っていると、だんだんチンコが硬くなってビンビンになる。

何故こうなるのかはわからない。

でもチンコが硬くなる時は快感も強くなるなと思っていた。

何か気持ちいいという理由だけでチンコを触るのを辞められなくなっていた。

 

『オナニーとは』

ある日、保健の授業で自慰行為というものを学んだ。

俺は何となく気持ち良さに気が付いてチンコを触っていたが、あれが自慰行為というものなのかと自覚した。

学校が終わって家に帰ると、保健の授業で習った自慰行為のことが頭から離れなかった。

気になってネットで調べてみると、それはオナニーとも呼ばれることを初めて知った。

オナニーの種類には色々あって、手を使うオナニーの他にも、床オナやオナホールによるオナニーもあった。

オナニーのためのグッズがあることを初めて知った。

しかし、当時中学生の俺にはオナホールは買えなかった。

まあでも床オナなら実践出来るかもしれないと考えた俺は、親が寝静まった夜中にこっそり自分のベッド上で床オナをしてみることにした。

フカフカの毛布の上で裸になり、腰を振るようにしてチンコを毛布にこすり付ける。

これがめちゃくちゃ気持ち良かった。

中学に入ってセックスというものも知ったが、男女が抱き合った時にはどれほどの気持ち良さを感じることが出来るのだろうと興味が湧いた。

床オナの気持ち良さは手でチンコをいじっている時の比じゃなかった。

床オナの素晴らしさに気が付いた俺は、親がいない時、ずっと毛布にチンコをこすり付けるようになった。

そんなある日の事だった。

いつものように床オナをしていると、快感が限界を迎えそうになった。

初めての感覚で、我慢出来ない程の快感。

俺は限界突破して腰を降り続けると、チンコからネバネバした白い液体が飛び出してきた。

俺はビックリした。

なんだこれは?

一瞬何が起きたのかわからなかった。

毛布に付着した白い液体は、ティッシュで拭き取ろうとしても取れきれなかった。

かなりしつこい液体だ。

 

『精通』

白い液体についてネットで調べると、それが精子だということを知った。

保健の教科書にも書いてあったようだが、あまり覚えてなかった。

精子が出たことで俺は精通を迎えた。

一般的に精通を迎えると一つ大人の階段を登ったということになるらしい。

俺は白い液体の正体がわかると、ホッと安心した。

それにしても、精通の瞬間はとんでもなく気持ち良かった。

限界を突き破る感覚で、またその感覚を感じてみたい。

俺はそれから、今に至るまで定期的にオナニーを続けている。

 

『進化』

俺のオナニーはどんどん進化していった。

最初は手でいじるだけだったのが、床オナへと進化し、その後オナホールを使うようになった。

今では、女性のアソコの形をしたリアルなオナホールを自作のラブドールに固定し、腰を振ってセックス同然のオナニーをしている。

ラブドールにはしっかりおっぱいも付いているし、手足もある。

本当に女性を抱き締めているような感覚になれる。

これを発明して初めてオナニーをした時、感動と気持ち良さで堪らなくなった。

俺は今のラブドールオナニーが、自分史上最高のオナニーとなっている。

しかし、今後も初めて精子を出した日のことを忘れずに気持ち良い日々を送りたい。

-初めてのオナニー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

溢れ出す愛液。中3の遅めな初オナニー

『はじめての夜』 私がはじめて自慰行為を行ったのは、皆さんより少し遅め?の中学3年生の頃でした。 バレーボールの部活に所属していた中学生時代、部室では数々の女子トークが繰り広げられていました。 隣のコ …

高校生の幼馴染におちんちんを握られ初めての射精

・幼馴染みのお姉さんとはお風呂も一緒だった お風呂ってなんかエッチな気分になるんだよね。 なんでそう思うのかというと中学生の頃のちょっとエッチな体験があったから。 当時住んでいた家では近所付き合いが盛 …

好きな女の子にオナニーを見られたあの日

「はじめての自慰」 はじめての自慰はいつの頃だっただろうか? 既に幼少期の頃より自分のペニスをいじると気持ちよくなる事は知っていた。 しかし、単にそれは生理現象に過ぎず、「自慰」とは程遠いものだったよ …

のぼり棒はオナニー道具。小6で女の子同士のシックスナイン

小学4年生の時 親友のミキがかなりエッチな女の子でセックスについて詳しくていろいろ教えてもらっていました。 ある日ミキが、公園の登り棒が気持ちいから一緒にやろうというので、何が気持ちいの?と不思議に思 …

男子小学生の初めての自慰は見せつけオナニー

「田舎の小学校でのひと夏の思い出」 私が小学生中学年の頃の話です。 田舎の小さな小学校に通っていました。 私の学年は1クラスのみで、男女比が1:2ほどのクラスでした。 もちろん同性の友人もいましたが、 …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。