えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

初めてのオナニー

初めての自慰レクチャー、顔射で眼鏡は精液まみれ

投稿日:2022年9月29日 更新日:

1.意識する年齢

小学生高学年になり、僕は自分の持っているゲームの女性キャラが気になって仕方がないので、ゲームを携帯モードにして、近くの児童公園の木陰でプレイするようになった。

僕はその日も、公園でそのキャラを見ていた。

鎖骨まで見えている胸元や、セパレートで見えているヘソに目を近づけたり、画面を撫でたりすると、ドキドキが止まらなくなった。

ズボンの中で勃起した陰茎は窮屈で、僕は意味が分からないままにズボンを下ろした。

むずむずする感覚のまま、棒をにぎり玉をさすり皮の中に指先を入れてみる。もどかしい感覚だった。

 

2.眼鏡お姉さんからは逃げられない

そんな時。

「あ……」

誰かの声がした。

かなり激しくびくっとしてから、思わずそちらの方を向いた。

こちらを見ていたのは、学校の制服を着た隣のお姉さんだった。

「あんた、外でそういうの……」

お姉さんは眼鏡をズリ上げつつ、言いかける。

僕は逃げだそうとしたが、半端にズリ下げたズボンが足に絡んでいた。

転ぶまいと踏ん張ったら、今度は仰向けにバランスを崩す。

倒れてしまうと思った瞬間、身体が抱き留められた。

「慌てんな、誰にも言わないよ!」

後ろから抱きしめられたまま、耳元で言われた。

「ほ……本当?」

「オナニーなんか、誰でもするんだから!」

お姉さんのシャンプーか何かの香りがして、胸の感触が背中にはっきり伝わって来て、また股間が脈打った。

「オナ……?」

「ひょっとして知らないでやってんの?」

「し、知ってるよ」

「本当に?」

声のトーンが少し違った。

「……どうしたら良いのか、分かんない」

 

3.オナニーチュートリアル

僕はお姉さんと向かい合わせに座っていた。

「それは、オナニーって言って、こすってると精液っていう?オタマジャクシみたいな赤ちゃんの種が出るんだよ。男の人は、そうやって古い精液を捨てるんだって。だから全然おかしくないよ」

お姉さんは、やや恥ずかしそうに説明してくれた。

でもお姉さんも、実際の男のオナニーは知らなかった。

試行錯誤の末、お姉さんはふと気付いたように言った。

「……そうだ、縦じゃない?」

お姉さんは自分の右手の人差し指を、左手で掴んでしごいて見せる。

「あ、これみたい」

僕は少しづつスピードを上げていく。

この時のお姉さんの性知識は僕と大差なく、ただ「千摺り」というワードを知っていたに過ぎなかった。

しごくうち、興奮は増して来た。

腰の力が抜け、仰向けに近い。

お姉さんも無言になり、僕のオナニーをのぞき込む。

「お姉さん、出っ」

言い終わる前に、弾けた。

放尿とは違う、身体の奥からの激しい快感と共に、大量の精液が飛び出した。

「わ!」

のぞき込んでいたお姉さんの眼鏡と顔にべったり付着する。

「ご、ごめ……」

謝る気力もなく、僕はだらりと仰向けに倒れこんでしまった。

 

4.廃課金級の贅沢

お姉さんは顔と眼鏡についた精液をティッシュで拭き取る。

「あとでちゃんとお風呂入んなね」

お姉さんはティッシュで精液とカウパーまみれの僕のものを拭こうとする。

「い!?」

「まだ敏感なんかな……じ、じゃあ、まあ、色々、なんだし」

お姉さんはごにょごにょ言いつつ、僕のを口で掃除し始めた。

その時、僕の角度からはそれは見えなかった。

ただ、温かく柔らかいもので、優しく撫でられてる、そんな感じだった。

この時の事は今になっても蒸し返されて、「とんでもない贅沢なのに、本当にリアクションが薄かった」と文句を言われる。

その後の色々で、結構お返しをしているつもりだけど、お礼のタイミングというのはまあ、重要なものだ。

-初めてのオナニー
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

エッチなシーンで自然とちんちんを擦ってオナニーしていた中一の夜

【思春期の性欲】 初めての自慰行為を書く前に思い出すのが小6の頃の性欲です。 その頃に流行っいた明星や平凡などのアイドル雑誌にムラムラしていた記憶があります。 アイドルのビキニ姿などのグラビアを切り取 …

人に知られたくない自慰,止められない自慰

『小学5年生の体験』 寒い冬の朝のことだった。 目が覚めると倦怠感と同時に股間が熱い。 昨日からなぜか股間がムズムズしていた記憶が夢心地で蘇った。 ふと股間に手をやると「濡れている。しまった」と思い, …

初めての自慰は、父親の部下と母が不倫してた時です

俺の初めての自慰は、父親の会社で勤務する若手の部下と母親が不倫している時です。 普段は真面目で父親へも献身的な母親…。 それがまさかあんな若い男とのセックスで、あれほど感じ捲る母親の姿など想像も出来ま …

小学生の時び痴漢されて陰部を触られたのをきっかけに

「きっかけは恐怖体験から」 私の父はもう定年しましたが国家公務員でした。 父の仕事の関係で約3年に1度は引っ越し。 そのたびに学校も変わり、幼稚園・小学校・中学校は2校ずつ通いました。 大規模な団地に …

おしっこの見せ合い、性器の触りあいをした小学生時代

男の子のいたずら 小学3年生の時、幼なじみたちといつものように遊んでいました。 同じ団地に住んでいる男の子の家で、男子2人、女子2人というメンバーでした。 家には私たち子どもだけで和室でオヤツを食べて …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。