えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

初めてのオナニー

声フェチの初めてのオナニーは電話をしながら

投稿日:

・声フェチな私

私は、いわゆる声フェチなんです。

男性に対して、外見や性格よりもいい声かどうかで判断しちゃうんです。

大学生の頃。

先輩にすっごく素敵な声の人がいたんです。

将来は俳優を目指していた人で、劇団にも入っていました。

私は、友人達と頻繁に先輩の芝居を観にいきました。

ある日。

男性同士の恋愛を題材にしたストーリーを先輩が演じる事になったんです。

相手役の人に押し倒され、官能的な声を出す先輩に、私はゾクゾクッとしました。

その日から、先輩の表情と声が忘れられなくなったんです。

 

・眠れない夜

先輩のあまりの色っぽさに、私は初めてのときめきを感じていました。

これまで、男性が喘ぐ姿を見た事がなかったんです。

交際した男性はいましたが、深い関係になった事はありませんでしたし、強い性欲も感じた事はありませんでした。

それなのに、先輩の色っぽい姿を見てから、体が火照って仕方がないんです。

あんな色っぽい声を出させたいという気持ちに、私は自分が先輩に対して欲情している事に気が付きました。

つまり、先輩とエッチしてみたいという願望です。

私は、悶々とする日々を過ごしました。

 

・勇気を出して

私は、思い切って先輩に声をかけました。

ファンである事を伝えて、その色っぽさについて語りました。

先輩は、照れながらも喜んでくれて、私は一気に距離を近づけました。

なんと、電話で会話をする仲までなったのです。

受話器越しに聞く先輩の声は、いつもよりも色っぽく感じました。

私は、初めて下半身がムズムズする感覚を覚えたのです。

 

・初めての自慰行為

自慰行為について知識だけはありました。

でも、心のどこかで女性がするものではないと思ったんです。

でも、毎日のようにアソコがウズウズしてたまらないのです。

そんな時に、先輩から電話がきました。

何気ない会話の中で、先輩が時々小さく溜息をつくたびに、私は下半身がムズムズしてきてたまりませんでした。

そして、とうとう下着の中に指を入れてしまったのです。

初めて自分の指で触れたソコは、既にしっとりと濡れていました。

私は、どうしていいかわからず、割れ目を指でいじりました。

それだけで、ソコがピクッと動いたんです。

そっと指を入れると、素直に気持ちいいと思えました。

自慰行為をしている事に対して、正直後ろめたさもあったんです。

でも、それよりも気持ち良さが強かったです。

 

・先輩の声を聞きながら

先輩が芝居について熱く語る中、私はその声にどんどん体を熱くしていました。

アソコをいじる指の動きもだんだん早くなり、私はビクビクとアソコの奥が痙攣するのを感じました。

指がトロッとしていて、イッてしまった事を知りました。

これが、イッたという感覚なのかと思うと、なんだかイケない遊びを覚えたような気持ちでした。

先輩は、私が無言なのを心配して、何度も声をかけてくれました。

私は、まさか自慰行為をしていたなんて言えずに、適当にごまかしました。

それからも、私は先輩の声を思い出して自慰行為をするようになりました。

初めて触れた時は、やり方もよくわからなくて乱暴に指を入れるだけでしたが、徐々にコツを掴んできて、強弱をつけるようになったのです。

先輩の声で濡れる夜が、私には最高の癒やしになっていました。

-初めてのオナニー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

1993夏の暑い夜、僕は必死に肉棒を握りしめた

『悶々と過ごした中学生時代』 中学生になったころから人並みに女体に興味を持つようになった。 テレビでアイドルの水着やドラマのお色気シーンに興奮し、怒張する男根を太ももに包んで抑え込み、隣にいる親や妹に …

no image

小学生の頃知らないおじさんにクリトリスを教えてもらった

何となく触ってみると、気持ちがいいかも。 指で触って、その指の匂いを嗅いで、独特の変な匂いを楽しんでいました。 そのうち癖になり、いつもいつも匂いを嗅いでいました。 寝る時にはいつもきまって指で触り続 …

no image

教育実習生の着替えをのぞき見しながらの初オナニー

・叔父のマンガで事前学習 私が小学4年生の頃の話です。 当時私は母と母方の祖父母、叔父と一緒に住んでいました。 叔父の部屋には多数のマンガが置かれていて、私でも理解出来る作品を読ませて貰っていました。 …

no image

のぼり棒はオナニー道具。小6で女の子同士のシックスナイン

小学4年生の時 親友のミキがかなりエッチな女の子でセックスについて詳しくていろいろ教えてもらっていました。 ある日ミキが、公園の登り棒が気持ちいから一緒にやろうというので、何が気持ちいの?と不思議に思 …

no image

女装と自慰行為、それは僕の新たな人生の始まり

『自慰行為って気持ちいい』 自慰行為って気持ちいい。 そう初めて体感したのは、高校受験前のことです。 それまで何度となく夢精をくり返していて、夜な夜なパンツを濡らす白い液体の正体を知りたかった僕は、受 …

    お問い合わせ等なにかありましたらこちらからお願いします。
    サイト管理者様で相互リンクしていただける方お待ちしています。