えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

学生・学校・教室

中学生の頃に初めて生のエッチをみてしまった

投稿日:2022年9月18日 更新日:

「信じられないような事実を知った」

私が中学の頃、先生の中に比較的若くてキレイな家庭科の女の先生と野球部の顧問をしていた30代くらいの男の先生がいました。

特に家庭科の女の先生はおとなしそうで真面目な女性のイメージだったのですが、ある日私が放課後家庭科室に置き忘れた教科書を取りに行った時、信じられない光景を目にしました。

それは家庭科の女の先生と、野球部の顧問の先生が奥の準備室みたいな所でキスをしていたのです。

私はあまりにビックリして、その日は音をたてないように教科書だけ取ってすぐに帰ってしまいました。

しかし、翌日もどうしてもその事が気になり、放課後昨日と同じくらいの時間にコッソリ家庭科室に行ってみたら、やはり奥からコソコソ声が‥‥

この事は誰にも言わずに(私えらいと思いました)いたので一人でそおっと声がする方の部屋を覗きに行ったら、やはり家庭科の先生と野球部の顧問の先生がいて昨日よりエスカレートした行為をしていました。

 

「キスしながら手は胸やパンツの中に」

音をたてずに机の陰に隠れながらコッソリ2人の様子を見ていたら、野球部の顧問の先生の手が徐々に家庭科の先生の胸に伸びていき、最終的にはパンツの中に入れていきました。

家庭科の先生は子猫みたいな声を出していて、顧問の先生が「この後どうしたい?」と聞いていました。

すると、家庭科の先生が「いつものちょうだい」と。

そして、顧問の先生が家庭科の先生のタイトスカートを捲し上げ、背後に回りいわゆるバックの体制でHをしはじめたのです。

私はまだ生でHしているところを見たことがなかったので、これはかなり衝撃が凄かったです。

 

「顧問の先生は野獣のようだった」

バックで顧問の先生がガンガン突いていたら、家庭科の先生は声を殺したような感じで喘ぎ始めました。

しばらくバックのままだったのですが、そのうち顧問の先生が家庭科の先生の前に回り床に押し倒すような感じで家庭科の先生を寝かして今度は正常位になりました。

家庭科の先生はこの時の喘ぎ声の方が凄く、かなり感じているのが分かりました。

数分後くらいに顧問の先生が野獣のような声を出したのと同時にイッたみたいで、一部始終を見ていた私は気が遠くなりそうな興奮状態でした。

 

「家庭科の先生はいつもスカート」

そういえば後から思い出してみると、家庭科の先生はいつもタイトスカートだと気がつきました。

これはおそらく、放課後に野球部の顧問の先生と会ってHする時に顧問の先生が捲し上げやすくするためだったように思えて仕方ありませんでした。

足がキレイな先生だったので出したかったというのも分かりますが、放課後のHの事実を知っていた私はどうしてもHと関連付けてしまったのです。

その後も私は2人が気になり度々2人の様子を放課後見に言ったのですが、なぜか毎週月曜・水曜・木曜と決まっていました。

しかし、私がいつも放課後に家庭科室に行く姿を友人たちに見られてしまっていて、理由を話すために嘘を探すのが大変でした。

先生たちの事は秘密にしてあげたかったので、口が裂けても本当の事は言えなかったのです。

友人たち見つかってからは家庭科室には行けなくなったのでその後の先生たちの事は分かりませんでしたが、間もなく顧問の先生が離任した(バレたのかも)のでおそらく関係は終わったのだと思います。

-学生・学校・教室
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

高校生で初めての彼氏。おっぱいをもまれた瞬間

・初めての彼の家 高校生になって、初めて彼氏ができました。 友達のなかでは私が一番早かったみたいで、羨ましいと言われていたんです。 ある日、彼から家に遊びに来ないかと言われて、かなりテンションが上がり …

学校の体育館でSMを楽しんだ青春時代

自分が高校生時代、スケベでマセ女の女性と付き合っていました。 ただしそのヤリ女と言うのは自分からすると女王様であり、彼女とはSMプレイを高校時代からやっている間柄です。   〇気になる美人女 …

中学生の幼馴染が教室でおっぱいを触られてた

『幼馴染と自分』 中学生の俺には、幼稚園の頃から家族ぐるみで付き合いのある幼馴染がいる。 小学校に通いだしたときは、当然の様に手をつないで学校に行っていたし、俗にいうお泊り会と言ってお互いの家で遊んだ …

初めての自慰行為と射精、そして野外オナニー

『何も知らなかったあの頃、、』 これは私が5歳くらいだった頃の話です。 当時の私は“自慰行為”について当然何も知らなかったのですが、私はうつ伏せに寝転がり、好きな女の子のことを想像しながら、両足を動か …

姉の浮気の代償は、僕のモノを口で咥えること

・ダダ洩れの姉の喘ぎ声 「あっ、あっ、あっ、あっ、」隣の部屋で姉の喘ぐ声が聞こえる。 今夜は少し激しい。 彼氏頑張ってるな、などと思いながら、僕は壁に一層強く耳を押し付ける。 「あっ、ああっ、あっ、あ …



    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。