えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

パンツ・ノーパン・パンチラ

パンツラインをストーカーした男の末路

投稿日:

オレは街ゆく女性のパンチラが大好きである。

たまにソレ目的にのみ外出するなんてこともよくある話だ。

なんとも言えないロマンを感じてしまうのだ。

それに女性の方もそういう視線を楽しもうって腹積もりの人も少なからずいるだろう。

そんな女性を見つけたらさらにロマンが加速、、、いや暴走してしまうことだって。

 

「スケパンTバックの妙」

パンチラの中で最もハードルが低いのがスケパンとかパンティラインになるかと思う。

ピタピタのパンツスタイルだとそういう事になりやすいが、この場合女性の意識も高くパンティが響かないよう対策を施してたりするもので、意外と確率は半々になるだろう。

ヒップラインを楽しむにはいいけどな。

だからこそ一見するとパンチラ、スケパンとは無縁のようなスタイルの時ほど、その現象にありつけることが多かったりする。

女性の方もまさかそんなことになってるとは思ってないだろうから無防備にスケパンしてたりするのだ。

オレが最近注視してるのがヒラヒラガウチョ、プリーツパンツともいうらしい。

形状は薄手の生地でヒラヒラしたワイドパンツだ。

生地が多いしゆとりがあるから女性は安心するんだろうが、スケパン警戒中のオレにはチャンスタイムでしかな~いのである。

あのタイプは生地が薄いから尻に張り付き形が浮き彫り、よぉーく見ると透けてたりするのである。

しかもオシャレ意識の高い女性が選ぶアイテムでもあるからして、美人×スケパンの確率がグンッと上がるところも伝えておきたい。

最高だったのが買い物中に見かけたグレーのヒラヒラからスケスケだった水色のTバック。

パリっとしたキャリアウーマン風の女性はカツカツ歩くからその分食い込みも強く出る。

尻肉も発達しており歩く度に揺れる肉がパンツを揺らす威力もある。

そしてそれが無防備だったから堪らんのだ。

容易にオレの前でも尻を突き出すこともあれば、すれ違いざまにオレに熱い視線を投げかけてくるではないか(こっちは勘違いか)。

 

「露骨過ぎた男の末路は如何に」

とにかくその女性が織りなすスケパンが魅力過ぎた結果、お調子に乗ってしまったオレはことあるごとにガン見してしまっていた。

言葉を濁すが女性からすれば付きまといと捉えられるギリギリだったかも知れない。

女性も警戒モードになる。

しかし興奮状態のオレはもう止まらない。

露骨過ぎたのは、レジを済ませて店を後にする女性にそのまま付いてったことだ。

さすがに振り返ってくるしヤバいな~と思い引き返そうとしたその時だ。

“何か御用でしょうか”とな。

“ヒップが透けてるんでね”ポロリの本音が出ちゃうお茶目なオレ。

女性はそんなオレに思わず笑ってしまうという微笑ましい状況だ。

すると女性から“そうなんですよーこのパンツよく透けちゃって”。

ええーまさかの確信犯⁉

そういう訳じゃなかったみたいだけどな。

ただし自覚はあるみたいだ。

オレは親切にどう透けてるのかを教えてあげた。

女性はオレのスケベ心を親切心と捉えてくれてねぇ。

どさくさのタッチまで許してくれちゃうわけよ。

“えっえっえ”“あっーそれは・・・”とても意味深な反応さ。

何気ないスケパンからプリプリヒップを味わうなんてめっちゃお得だったな。

-パンツ・ノーパン・パンチラ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

パンツに異様に興奮する彼氏との刺激的な夜

・彼の性癖 彼とは結婚相談所で知り合いました。 大人しくて、とても真面目そうな人だったので、交際をスタートさせました。 デートは至ってノーマルだったので、セックスも普通だろうと思ったんです。 勝手なイ …

no image

JKや20代のパンツに顔を突っ込んだ時の匂い

・顔を突っ込みパンツにすりすり 自慢じゃないが、俺は女性の股間に顔を突っ込んで、パンツにすりすりするのが大好きだ。 自慢というよりただの変態だな。 だが、変態ではあるが、顔を突っ込んだパンツはみんなそ …

no image

妹の娘のパンツでパンコキオナニーを続けています。

俺の妹が数年前に離婚。 その際娘も連れて来て、今も一緒に実家で生活しています。 そこでこの娘と言うのが、当時は10歳。 間違いなく将来は美人であろう顔つきに俺は興奮を抑えきれず、暇さえあればこの娘のパ …

no image

パンツを盗みパンコキした伝説の小学生A田君

『伝説のA田くん』 僕が通っていた小学校にはA田くんという伝説の存在がいた。 そいつは一言で言えばガキ大将だ。 小学生でありながら中学生をボコボコにしたことがあるとか、バイクに乗った警官を転ばせたこと …

no image

私がパンツフェチな同僚とHをして最高だった体験談

私のパンツに関するエッチな体験談を紹介します。   ●Hな流れになった理由 私は職場の同僚とたまたまパンツの話になりました。 私自身つねにTバックのパンツを履いているということをカミングアウ …


    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。