えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

えっちな体験談

暗闇で触ったのは、彼のお兄さんのアソコだった

投稿日:2022年7月8日 更新日:

・闇鍋パーティ

私と彼、そして彼の兄夫婦と闇鍋パーティをしようという事になったのです。

闇鍋というのは、暗闇の中で鍋の中に好きな具材を入れるというもので、それぞれ何を入れるかは秘密です。

私は、皆を驚かせようと思って、シュークリームを用意していたんです。

電気を消す前、私は右隣に彼がいる事を確かめたんです。

彼は、暗闇の中ですごく驚く事になると言いました。

もしかして、激辛でも入れるつもりかと思いながら、私は初めての闇鍋を楽しむ事にしました。

 

・闇鍋スタート

闇鍋は、かなり個性的なものとなりました。

どうやら、イカの塩辛やミカンなども入っていて、鍋としてははっきり言って美味しくありませんでした。

ふと、彼が耳元で囁くんです。

「ねぇ、エッチな気分にならない?」

彼らしくない言葉に、私は慌てました。

目の前には彼の兄夫婦がいるんです。

こんな事がバレたらかなり気まずい思いをします。

「ダメだよ。ここじゃ」

そう言うと、彼は大丈夫だと囁きます。

そして、私の手をアソコに触れさせました。

そこは、もう熱くて硬くて、かなり限界に近づいていました。

「ちょっとでいいからさ。触ってよ」

そう言われて、私は仕方なく彼のアソコを触りました。

そっと全体に触れて、先端を指先で刺激すれば彼が小さな声で溜息を吐きます。

手の中で、彼のアソコがビクビクとしているのがわかってきて、かなり興奮しました。

でも、なんだかいつもとサイズが違うような気がしたんです。

いつもは、もっとサイズが小さい気がするんです。

でも、それだけ興奮してるのかなとかってこっちも思っちゃったんです。

なので、いつもよりも激しく彼を愛撫しました。

前の方では、彼の兄と奥さんがなんだか楽しそうにはしゃいでいます。

この時に気がついたのですが、彼ら兄弟は声がとても似ているんです。

なんだか、彼の声に聞こえてしまい複雑な気持ちになりました。

 

・私が触っているのは

彼らの兄弟の声が似ていると気がついた瞬間。

まさかの考えが浮かびました。

そして、おっぱいを触られた時に、はっきりわかったんです。

彼じゃないって。

「や、やめてください」

おっぱいを揉まれて声を上げた私に、彼の兄が慌ててフォローを入れました。

「ごめん。俺がむりやりミカンを食べさせようとしたんだよ」

そう言うと、お兄さんは私の耳元で誘惑してきました。

「ねぇ。たまには違う男の感触も楽しみなよ。気持ちいいんだろ?」

手を押さえつけられ、私は確かに興奮している自分を自覚しました。

彼とはどこかマンネリ状態だったし、体にスイッチが入ってしまい、今更後には引けない感じでした。

やがて、私の手は初めて彼以外の男性の精液で濡れました。

 

・その後の関係

闇鍋の日以来、私は彼の兄と深い関係になってしまいました。

かなり夫婦仲が冷え切っているらしく、いつも奥さんの愚痴を聞かされます。

私も、彼とのケンカについて相談に乗ってもらっているのですが、セックスをしながらする会話じゃないよねとよく笑い合っています。

まさか、彼の兄をセフレにする日がくるとは思ってもいませんでした。

お互い、気持ちいいからいいのではないかと思いながら、彼を見る度に申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

-えっちな体験談
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

キスすると舌先が入ってきて、乳首は固くなっていた

<ポパイのオリーブ> その人はジョーゼットのブラウスを着ていた。 最近結婚した従兄のきれいなお嫁さん。 体つきは細身で背が高く手脚が細くて長い、ポパイに出てくるオリーブのような体つきだったが、出るとか …

ずっと好きだった彼氏持ち女性を寝取ってセックス三昧した話

大学生時代のことです、東京のアパートに一人暮らし。 大学三年になっても彼女もおらず淡々と日々を過ごしていました。   そんな私には長い間好きだった女性がいました。 背の高い色白美人で黒髪でロ …

幼稚園と小学生の時に先生とエッチな体験をした秘密話

「自己紹介からどうぞ」 私は30代も半ばを過ぎそろそろいい歳を迎え始めているところです。 結婚はまだしておらず独身を謳歌している最中、もう少しこのままでいいかなといった感じです。 仕事関係はまずまず可 …

演劇サークルの男役に犯されちゃった僕の体験談

『演劇サークルではいつも女役の僕の運命』 学生時代、僕は演劇サークルに所属していました。 どちかというと小柄で、なで肩で、か細い体つきをしていた僕は、いつも女役ばかりさせられていました。 そのせいもあ …

ナンパ相手に犯された初めての4P体験

『ナンパ』 私が25歳の時のエッチな体験談です。 会社帰りに地元の駅近くを歩いていると、同年代らしき男性から声を掛けられました。 どうやら近くにある友達の家に行くつもりが迷ってしまったらしく、私に道を …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。