えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

エッチないたずら・ラッキースケベ

彼女のパンツに遠隔ローターのいたずら体験談

投稿日:

・とびっこを知らない彼女に

20代半ばの俺ですが、ほぼ同い年の彼女がいます。

経験したカップルは多いんじゃないかと思いますが、俺は彼女のパンツの中にとびっこを装着したことがあります。

遠隔ローターというやつです。

通販サイトを見ると、安いんですよね。

彼女はローターは知っていますが、遠隔ローターは知らないので、俺はいたずらしたくなったのです。

「これをつけておくと、セックスが気持ちよくなる効果があるんだ」とか言って、外出する前に彼女に装着しました。

「本当?」と彼女は乗り気ではなかったですが、彼女はMタイプなんで、多少エッチな頼みも聞いてくれます。

外で彼女と歩いていて、俺はローターのリモコンをオンにしました。

「えっ?!」と彼女はびっくりしたようです。

突然のローターの刺激に座り込んでしまいました。

俺はいきなり強い振動でやってしまったようです。

次は弱くやるからと彼女を説得しました。

彼女は乗り気な顔ではありませんでしたが、渋々承知しました。

 

・居酒屋でとびっこ発動

俺と彼女は、居酒屋に入り奥の席に座りました。

奥の席なら、多少エッチなことができます。

俺と彼女はビールを飲んでおつまみを食べながら、世間話をしていました。

彼女はとびっこを入れていることは、忘れてきた様子です。

その時、俺はローターにスイッチで弱い振動を与えました。

彼女はガクッと、腰を浮かせます。「ええ〜、突然でびっくりした。でもこれぐらいなら平気かな」と言います。

あれ?もう少し刺激があるはずだけどなと、俺は考えて席を彼女の隣に移動しました。

俺は彼女のパンツの中に手を突っ込んで、ローターの位置を確認しました。

どうやら、ローターはクリトリスに当たっていないようです。

ローターの位置を調整しました。

「ちょっと、周りにバレるからやめてよ」と彼女は言いますが、M体質なため嫌がりながらも、何か感じているような表情です。

 

・弱振動

それから、今度はサワーやカクテルを飲みながら、彼女と食事をしていました。

飲食に集中していると、どうもとびっこのことは忘れるようです。

忘れた頃合いを見て、ローターのスイッチを入れました。

今度はクリに刺激がいくはずです。

スイッチを入れると同時に「いっ!?」と彼女は、腰の辺りを反応させました。

「周りに変に思われないように、我慢しろよ。ところでこのお好み焼きは美味しいのか?」と俺は言います。

彼女は顔をこわばらせながら、「う、うん、うまいよ。」と絞り出すように言います。

しばらくローターを弱振動にしたままでしたが、「あ、ふ、うん」と、彼女は小さい声を出しています。

我慢している彼女の顔が可愛いです。

このままだと食事が進まないので、ローターを止めて食事を終わらせることにしました。

 

・最強振動

居酒屋の食事が終わると、外に出てしばらく道を歩いていました。

俺と彼女は人があまりいない道に入りました。

人がいないことを見計らって、ローターの強振動のスイッチを押します。

「うん、うぐ!」と彼女は言って、腰をかがめて何か痙攣しています。

「こ、これ強すぎるよ。と、止めて、あ、う」と言いました。

俺はスイッチを止めて、2人でカラオケ店に入りました。

カラオケの個室に入ると、俺は彼女のパンツをチェックしました。

思ったより濡れているようです。

ローターがクリトリスに当たらない位置にズレそうだったので、動かすと、「あっ!」と彼女はガクガク痙攣しました。

既に2回ぐらいはいっているようです。

カラオケで何曲か歌っていると、彼女はまたローターのことは忘れたようです。

歌うのはなかなか集中力が必要ですからね。

そこで、俺は最強振動のボタンを押しました。

彼女は「あー!」と声を出しました。

マイクを持っていたので、すごいでかい声が響いています。

店内でこの声を聞いた人は、歌で熱唱しているように聞こえたかもしれません。

しばらく最強振動のままにしたのですが、彼女は椅子に座ってびくびく痙攣していました。

スカートの中からは、何やらマン汁が垂れてきていました。

最高にエロい、いたずらができて満足です。

-エッチないたずら・ラッキースケベ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

好きな人にいたずらしたら興奮した彼と激しいエッチ

『構って欲しくて…』 私は20歳の大学生で、テニスサークルに所属しているの。 テニスサークルに気になる同級生がいるんだけど、中々アタックできずにいて、いつか告白したいと思っていた。 そんなある時、テニ …

no image

ヒッチハイク中の外国人とセックスにまで持ち込んだ

・暇な休日 社会人3年目の25歳の時に、ちょっとラッキーな経験をすることになりました。 その日は仕事が休みでしたが特に何も予定は入っておらず、暇を持て余していました。 暇すぎたので、ちょっとドライブが …

no image

たぬき顔のロリ風ヌードモデルで初めてのマ〇コ観察

・人生初めてのヌードデッサン あれは私がデザインの専門学校に通っていたときのこと。 デッサンの講義で生まれて初めてヌードデッサンをすることになりました。 当時性欲を持て余していた私にはテンションが上が …

no image

真面目ぶっていた先輩をHないたずらでひっかけた話

今から紹介するのは、私が大学時代に体験した実話です。 主人公は同級生・後輩共にあまり好かれていない真面目くさったちょっと見栄っぱりの先輩です。 いたずらを仕掛けたのは、同じサークルの同級生と後輩たちで …

no image

部下にアナル党がバレ、エッチないたずらをされた

40代のサラリーマンの既婚者です。 現在、社内の女性社員と浮気をしています。 彼女は28歳。 自分との関係は同じ部署内で働き、私が上司で彼女が部下という関係。 彼女とこの関係になったのは、社内の飲み会 …


    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。