えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

近親相姦・家族・親戚

妹と浴室でセックスをしてイラマチオしてやった

投稿日:2022年7月4日 更新日:

『今日も妹と浴室でセックス』

俺の名はケント。

妹のユウリと禁断の関係になってからもう5年になる。

今日もユウリと浴室でセックスをした。

ユウリ「ケンちゃん。今日激しいよー。もっと優しくしてー」

ケント「お前今日松山と仲良く話してただろ?ムカつくんだよ!」

松山とは俺のクラスメイトのことで、学校帰りに妹と話しているのを目撃していた。

ユウリ「だってしょうがないじゃない。松山さんの方から話しかけられたんだからー」

ケント「うるさい!ほら!くわえろよ!」

バックで挿入していたぺニスを抜いた俺は妹を床にひざまづかせて強引に口のなかにぶちこんでイラマチオをした。

ユウリ「んんぐぐぐ……おえええええ!…はあ…はあ…」

ケント「ほらもう1回だ」

俺は怒りに任せてぺニスをユウリの喉の奥まで突っ込んでやった。

ユウリ「ケンちゃんごめんね!もう松山さんとは話さないから!だから優しくしてお願い!」

 

『胸が大きくなった妹に我慢できなくなり…』

俺とユウリが肉体関係を結ぶようになったのは俺が高校生になった頃で、ユウリは中学3年だった。

ユウリの胸がすでに大きくなっていることに気づいていた俺は、妹を性の対象にするようになった。

そこからはとても早かった。

親が留守中に俺はユウリを襲って強引にキスをしたり、大きな胸を揉みまくった。

最初はユウリも叫んでいたが、胸を揉まれている内に力も弱くなっていき、少しずつ感じていたようだった。

ケント「ごめんな。すぐ終わるからな。お父さんには絶対に言うなよ」

ユウリ「痛いのは嫌だよ」

ケント「分かってる」

ようやく観念してくれたユウリの体を俺は胸を中心に愛撫していった。

ユウリも声を出したがっているようだったが、口で必死に押さえていて可愛かったのを覚えている。

ユウリは当然処女だったが、意外にも痛がる様子はなく俺も童貞だったので早々と果ててしまった。

ケント「痛かったか?」

ユウリ「少しだけ…」

ユウリは少し怒っているようだった。

それから俺は妹の部屋を毎日のように訪れては体を求めていった。

妹もだんだんとセックスの気持ちよさを覚えていき、夜中に俺の部屋を訪れ寝ている俺のぺニスを舐める始末だった。

親にバレないようにセックスをする日々がとてもスリルがあって楽しかった。

浴室でセックスをしようと提案してきたのはユウリの方からで、両親が舞台を観覧しに行った隙を狙ったものだった。

なかなか浴室でセックスはできないので、とても興奮していた俺は勃起していてユウリもとっくに濡れていた。

ケント「ユウリまた胸大きくなった?」

ユウリ「ケンちゃんがいっぱい触ってくるからだよ」

俺はユウリの背後に回り、その大きな胸を鷲掴みにしたり揉んだりと遊びまくってやった。

ユウリ「ケンちゃん……気持ちいいよー」

ユウリは俺のぺニスを握りしめながら感じていた。

ケント「ユウリ、浴槽に両手を付いてお尻をこっちに向けな」

ユウリ「え、こ…こう?」

ユウリは俺が言ったとおりの体勢になり、そして俺はユウリのマンコとアナルを舐めていった。

浴室内にピチャピチャと音が鳴って、同時にユウリの喘ぎ声も響いていた。

その声を聞いていると我慢ができなくなり、俺は間髪入れないまま挿入してしまった。

ユウリは最初驚いていたが、徐々に自らもお尻を動かすようになり、股からは愛液がどんどん溢れていった。

これを機に俺たちは浴室でのセックスに興奮を覚えるようになったのだった。

-近親相姦・家族・親戚
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

叔母に手コキされてそのまま初体験しちゃった

・初体験の相手が身内なんて言えるわけない よく友達から「コウヘイお前初体験誰とやったの?」とか聞かれるんだけど、その度に「彼女」と嘘をついてる。 実は俺が初体験した相手、身内なんだよね。 身内と言って …

幼年期からずっと、妹との関係が止められません…

俺には2つ下の妹がいます。 俺が言うのもの変ですが、妹は物凄く綺麗で、中高時代男子生徒からはいつも憧れの的でした。 ただし来年20歳になる妹ですが、未だ男性と付き合ったことがありません。 その理由は… …

俺は、実の母親と近親相姦を続ける駄目な息子

決して人には言えない話だが、俺は実の母親と近親相姦を続けている。 当然この関係が許されないことは判っているが、母親の色気と肉体に魅了され続ける俺は、今もこの関係から抜け出すことが出来ていない…。 &n …

お兄ちゃん大好き巨乳JKが癒してあ・げ・る

【妹の日常とスタイル】 来春から大学生になる妹(18才)は、家では全く格好を気にせず下着でいることがあり、部屋ではTバックでいることがあるようだ。 そして、胸が大きい。 男にはたまらないスタイルだ。 …

高校生の自慢の姉が彼氏とエッチをしていた

『俺の歳の離れた美人な姉』 俺には少し年齢の離れてる姉がいた。 8つも離れていたので、姉は俺の事を本当に可愛がってくれていて物心ついた頃から、俺は姉と喧嘩をした記憶が全くない。 そして、そんな姉は俺に …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。