えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

えっちな体験談

アルバイト先での淫らなドえっち初体験

投稿日:

『家庭教師で教えるはずが、セックスを教えられる側に』

大学時代。

ぼくは週3回ほどのアルバイトで、ある中学生に勉強を教えていました。

いわゆる家庭教師というやつで、その中学生(仮にS君と呼びましょう)の自宅に通っては、勉強の面倒を見てあげていました。

アルバイトも軌道にのり、S君の成績が上昇カーブを描き始めた頃、S君のお母さんから外食に誘われました。

「うちの子の成績が良くなってきたので、ぜひお礼がしたい」というのが理由でした。

「いえ、S君が頑張っているからですよ」といい、ぼくは断りましたが、S君のお母さんが「どうしても」というので、結局S君のお母さんとふたりでレストランへ出かけることになりました。

そこはホテルの最上階にあるレストランで、ぼくはS君のお母さんにすすめられるまま、不慣れなお酒を何杯も飲んでしまいました。

「あっ、ちょっともう酔いそうなので、すいません‥‥ぼくはもう飲めないです」。

ぼくは頭がくらくらして「これはまずい。迷惑をかけちゃいそう」と思いつつ、不覚にも酔いつぶれてしまいました。

それから果たしてどのぐらい時間が経ったのか、気がついてみると、ぼくはホテルの密室でベッドに横たわっていました。

ズボンもパンツも脱がされて、いつの間にやら全裸という格好に、ぼくは「えっ、なんで‥‥」と声にならない声を発しました。

目の前にはS君のお母さんがいました。

ブラジャーを外しながら「うふふ。今夜はあたしが教えてあげる」といい、ぼくのおちんちんを舐め始めたS君のお母さん。

ぼくは初めて触れる熟女の体に興奮を覚えながらも、なすすべなく、「はぁはぁ」というあえぎ声をあげるのがやっとでした。

 

『週に一度の淫らな性教室』

S君の家庭教師と並行しながら、ぼくは週に一度のペースで、S君のお母さんからセックスの調教を受けました。

これはあとで知ったことですが、S君のお母さんはシングルで、ご主人とは10年ほど前に別れたそうです。

「あたし寂しかったの」といいながら、S君のお母さんは、しきりにぼくの体を求めてきました。

何をどうすればいいのか、わからなかったぼくも、やがてセックスのテクニックを教わり、S君のお母さんの求めに応えられるようになりました。

「あーん、もっと」と悶えながら、ぼくの腕の中で恍惚とした表情を浮かべるS君のお母さん。

いつしかぼくはS君のお母さんとのセックスのことばかり考えるようになっていきました。

大学で講義を受けているときも、S君に勉強を教えているときも、ぼくの頭の中は熟女の恥ずかしい肢体のことでいっぱいでした。

その後、ぼくは大学を卒業して、地元の企業で働くようになりました。

S君はみごと志望校に合格し、今では充実した高校生活を送っているという話でしたが、ぼく自身の週一の性教室は今も続いています。

S君のお母さんとの淫乱すぎる性の関係。

「志望校合格までは、まだまだだわね」とほほ笑むS君のお母さんに、ぼくは「はい、頑張ります」とおどけてみせながら、体をすり寄せると、ふたりで激しく抱き合いました。

勃起するぼくのおちんちん。

濡れまくるお母さんのあそこ。

S君のお母さんのあえぎ声に、ぼくはこの上ない悦びを感じるのでした。

-えっちな体験談
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

男友達との浮気セックスとおしっこの見せ合い

最近、彼氏以外の人と浮気セックスをしてしまいました。 彼氏とのセックスよりも何倍も気持ち良くて、おしっこの見せ合いまでしてしまいました。 今でも思い出すと、おまんこが熱くなってしまいます。 &nbsp …

no image

性感マッサージ後の興奮した彼女と最高のセックス

真面目な彼女だからこその悩み 僕の彼女は普段は誰もが認める真面目な女の子、仕事でも頑張り屋で会社からも評価が高いし後輩からも結構慕われていて、同性からも憧れる存在なんだそうです。 確かに頭がいいのは一 …

no image

隣の美人人妻と旦那にナイショでエッチ!即フェラが最高!

その奥さんは私の家のとなりに住んでいます。 そりゃ美人で、もうたまりません。 顔は小顔、目はくっきりとしていて、一方でどこか甘え上手のような感じをしています。 唇は美人の条件でもある薄めの口です。 い …

no image

エッチの相手は双子の妹!?その後3姉妹と4Pセックス

■あれっ、いつもと何か違うぞ? 大学3年生のころ、付き合っていた彼女の家に行きました。 彼女は同じ学校の同級生でした。 付き合って半年、彼女の家に行くのは初めてでした。 彼女は一人暮らしをしていました …

no image

幼馴染の巨乳女子大生との思い出。忘れられないおっぱいの感触

近所に住んでいた佐々木希似の巨乳女子大生との思い出について書かせていただきます。   ・満員電車 高校の頃電車通学をしていた頃の話です。 高校は神奈川の東部の校外の高校で車内も都心に比べれば …

    お問い合わせ等なにかありましたらこちらからお願いします。
    サイト管理者様で相互リンクしていただける方お待ちしています。