えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

えっちな体験談

僕のお姉ちゃんから僕のおもちゃになった人

投稿日:2022年6月4日 更新日:

『お姉ちゃんと僕』

小学校の頃から近所によく遊んでくれるお姉ちゃんがいた。

お姉ちゃんは優しいけど僕が少し生意気を言うと「こら〜」とよくくすぐっていじめてきた。

僕はやめろ〜といいながらもそれが楽しくて仕方なかった。

「お姉ちゃんおぼえてろ、僕が大きくなったら仕返してやるから」

「ふふ、それは楽しみ〜」

そう笑顔で返す彼女のことがこの頃から好きだった。

月日は経って僕は高校生になった。

お姉ちゃんはもう大学生だ。

最近は顔を見ることも減った。

お姉ちゃんに彼氏はいるんだろうか。

ふとあの頃を思い出すこともあるが、僕の中で彼女の存在が薄くなりつつあった。

大雨の日、僕は高校から帰宅中、電車のホームで困っている女性を見かけた。

その瞬間胸の鼓動が一気に高鳴った。

あれは間違いなくお姉ちゃんだ、どうする、話しかけるか…

でも、見た目も随分と変わった僕に気づく訳ない。

そう思い帰ろうとした瞬間「なおちゃん?」…僕は固まった。

数年も会っていないが彼女は僕のことを認識した。

「背が高くなってびっくり!もう高校生だもんね。」

久しぶりにみる彼女は小柄に見えた。

いや、僕が大きくなったせいか。

「久しぶりっすね。僕のことよく分かりましたね。」そう言いながら平然を保った。

彼女は「うん、すぐわかった。横顔が変わってないもん」と笑顔で答える。

はは、少し気まずい…

数秒の沈黙の後、「わたし今一人暮らししてるの、よかったら寄って行かない?」と。

唐突すぎて声が裏返る僕。

「え、まあ、予定ないんでいいすけど…」そういいながら内心舞い上がる僕。

そう言って彼女の家にお邪魔することなった。

彼女の部屋は小さく、女の子らしい部屋だった。

お菓子を食べながら昔のことを話すうちに、僕はやはりお姉ちゃんのことが好きだと再認識した。

「なおちゃんさ〜くすぐられるの超弱かったよね〜今も弱いの?」ニヤニヤしながら指を動かす彼女、僕は「はあ?もう弱くねえし、やってみ?」と挑発する。

すると彼女の小さな手が飛んできた。

「うっ////」なんとか耐える僕。

「たしかに昔よりは強くなったんだね〜」と少しつまらなそうな彼女。

今がチャンスと思い、「ねぇ俺が昔行ったこと覚えてる?仕返すって言ったんだけど」と言ってみた。

すると想像以上に動揺する彼女。

「え、何言ってるの、わたしくすぐりとか効かないよ?」

どう考えても怪しい…

「そう??じゃあやっていいね?」そう言って彼女の小さな体に触れた瞬間、「ひゃあああ/////////////」と悲鳴をあげた。

「はあ?なになに?もしかして激よわ?」挑発する僕に彼女は少し悔しそうな表情を見せる。

「今までいじめてきたお仕置きね。これからは俺がいじめる番だから。」

抑えられなくなった僕はそう言って彼女に馬乗りになる。

「わ、わかった、わかったから降りなさい〜」必死の彼女に僕は鼻で笑いながら「何命令してんの?おねえちゃん」とにっこりして見せる。

彼女は想像以上に敏感な体をしていた。

「じゃあ〜まずは脇ね〜♪」そう言いながらくすぐり始めた僕。

「きゃあああああああああ////////ごめんなさいいいい///////」

完全に立場が逆転した。

 

『僕のお姉ちゃん』

しばらくくすぐって遊んで、ぐったりしているお姉ちゃん。

「こんなもんじゃ許さないよ」そう言って服を脱がせる僕。

彼女はもう反抗する力もない。

「ねーねーなんで乳首立ってるの?」そう言って乳首をツンツンする僕。

するとさっきまでぐったりしていた彼女が飛び上がった。

「ああん/////////だめ、乳首弱いの//////」あまりにも可愛く言うので、僕はいじめてあげることにした。

乳首をデコピンしたり摘んで引っ張ったりすると、壊れたように喘ぐお姉ちゃん。

もう、僕のおもちゃだ。

「下の方も濡れ濡れだよ?どうして?」そう言うと顔を真っ赤にする彼女。

それでも許さない。

「どうして欲しいか言って?」

「…」

「言わないならもう帰ろうかな〜」

「…れてほしい」小声で言う彼女。

「なに?はっきり喋れよ」低い声で言うと「入れて欲しいです。」

「よく言えました〜いい子いい子」完全に子供扱いし、自分の立場をわからせる。

それから挿入している間もきゃんきゃん喘ぐお姉ちゃん。

「お姉ちゃんは一生俺のものだよ?わかった?」「ああああ///////あん////はいいい///」

そうして僕のものになったお姉ちゃん。

彼女はこれからもずーっと僕の大切なおもちゃです。

-えっちな体験談
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

若気の至りでバイト先の店長と中出しセックス。不倫関係に…

【バイト先の店長に憧れて…】 私が大学1回生、19歳の時の話です。 学費の足しにするため、授業のない時間はファミレスのアルバイトに力を入れていました。 特に深夜は時給が良いので、閉店作業のシフトにも率 …

台風の日に女子高生や女子大生のパンチラを見た話

この前の台風凄かったですね。 僕もアルバイトで外に出ていたのですが、もちろんパンチラには期待していました(笑)。 でも風が強すぎると身体にスカートが張り付くのでなかなかパンチラにはならないんですね。 …

男1人と女が3人の4Pセックスがやばすぎる

名前は「たける」と言います。 大学生の時の体験です。 女の子が多い学部で授業終わりなどに、俺の家に来てよく「飲み会」などをしていました。 その日も「飲み会」をしていました。 男3人女3人でした。 全員 …

実録、変態彼女との忘れられない変態行為の数々

ドMな要求の数々 これは、出会い系サイトで知り合った彼女との変態すぎる体験談である。 彼女の名前はちひろ、カフェで働いている24歳のどこにでもいる女の子だ、彼女との出会いは出会い系サイトで、会ったその …

エッチの度にわんこになる系彼女とバックで……

『わんこ化する彼女』 俺にはちょっと変わった彼女がいる。 エッチの時にわんこになりたがるのだ。 だからヤる場所にはちょっと難儀してしまう。 なんせ無駄吠えするもんだから普通の家ではダメだ。 その代わり …



    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。