えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

レズ・ゲイ・バイ

大学生の義理の娘からレズの喜びを教えてもらう

投稿日:2022年5月9日 更新日:

2年前に再婚しました。

その夫には21歳になる大学生の女の子がいます。

その彼女から、まさかレズの喜びを教えてもらうことなど出会った時は思いもしませんでした。

 

〇義理の娘の視線が気になります。

私は33歳で再婚。

因みに夫も再婚者であり21歳になる義理の娘がいます。

彼女の名前はレイカ。

当初は私のことを受け入れていないのか、ほとんど口をきいてくれない日が続きました。

それから月日が経つにつて、レイカの視線が気になりだします。

それは私がお風呂に入っている時、なんとく扉の向こうが気になり振り向くと、間違いなくレイカの影がそこにあり、覗かれている気持ちに駆られます。

そして夫婦の営みの日。

完全にレイカは覗いていました。

私が対面座位で夫の上で喘いでいると、間違いなく襖を少し開けこちらを見ているレイカと目が合います。

その時は夫とのセックスが素晴らし過ぎて、注意することも無く腰を振り続けていた私ですが、遂に彼女へ聞いてみることにします。

とある金曜日。

自宅にレイカが戻ってテレビを見ています。

『レイカ…少し聞きたいことが…』と言葉を掛けた瞬間、レイカはその場を去りました。

その晩夫が出張でついついテレビを遅くまで見ていると、私はソファーで眠りについてしまいます。

そして深夜に入った頃、私の身体を弄ばれている気持ちを感じました。

…あれ、夫が帰ってきた?

一瞬そう感じながらHな声を出して悶えていましたが、いつもの夫から受ける愛撫ではありません。

静かに目を開けると、そこにはレイカが私の身体を弄んでいたのです。

〇レイカの責めに本当の快楽を知ることに

レイカはパンティ一枚で私の身体を弄んでいます。

私は怖くて声が出せない状態が続きますが、それは段々と快楽へ変わっていきます。

…凄くレイカの舌遣いは上手なのです。

乳首を吸われながら、口の中ではコロコロとレイカの舌が動いています。

『アー、レイカ…』。

思わず声が漏れました。

レイカは『お父さんとどっちが気持ちイイ?』と聞いてきます。

私はレイカを強く抱きしめます。

徐々にエスカレートしてきました。

レイカは私の目の前に、彼女の貝を近づけます。

『舐めて』。

私は舌を伸ばしレイカの貝へ…。

『アー、凄い…アーン、お義母さん』。

レイカは腰を振り出し、マン汁が私の顔にこぼれてくるのが判ります。

今度は横向きになりながらお互いの貝を慰め合います。

…こんな年下の女の子なのに…凄い、凄すぎる…心で叫びながら感じ捲る自分がいます。

しばらくすると『ブーン』という音が聞こえます。

バイブです。

レイカはクリにバイブを押し当ててきました。

『ダメ―、逝っちゃうよー…』。

レイカは容赦なくバイブをマンコに突き刺しながら攻めてきます。

『イイ、イイの―…』。

こんなに若いレイカに私は逝かされました。

その後貝合わせに入ると今度はレイカも逝ってくれました。

素敵な時間でした。

その後レイカとは言うまでもなく、夫の目を盗んではレズの世界に没頭です。

この間なんか夫がテレビを見ている後ろで、レイカに胸を揉まれながら、クンニされた時などヒヤヒヤ。

でもそんなレイカとの時間は興奮します。

-レズ・ゲイ・バイ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ノンケの私が新入社員の露出狂女子との出会いでレズに。

こんにちは。私は東北地方在住の20代半ばの女性です。 多分ノンケだと思いますが、職場で起きたとある事件で少しだけレズビアンに目覚めました。   私が働く職場は家族経営に毛が生えたような小さな …

高校生の時レズを自覚。女同士のエッチのやり方

『私がレズだと自覚したのは……』 私がレズだと自覚したのは高校1年生の時でした。 男子とくっつく子が多くなっていく中、私は男子に興味が持てなかったのです。 とはいっても、同じ高校に好きな女の子がいたわ …

コスプレ美女二人のレズ絡み写真撮影会

・出会い 30歳フリーターの私は、古本屋でバイトリーダーとして働いています。 ある時、専門学校に通う女の子二人がバイトとして入りました。 一人は小柄で少しふっくらとしたかわいい系、もう一人は身長170 …

放課後は「えっちクラブ」で性欲全開の課外活動

『帰宅部の仲間の家で、えっちな課外活動』 ボク自身、高校時代は帰宅部でした。 一応名ばかりの文化部に籍だけ置いて、放課後は自分と同じ帰宅部連中の家に集まり、何をするわけじゃなし、ひたすら無為な時間を過 …

密室で迫られて「僕」が「私」になった日のこと

『サウナという名の秘密部屋』 僕はサウナが大好きで、休日ともなると、よくいろいろなサウナを見つけては、足を運んでいます。 現代風のモダンな温浴施設も好きですが、昔からあるような、ちょっとウラぶれた雰囲 …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。