えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

特殊なプレイ

昼は厳しいエアロビクスの先生、夜はMな女

投稿日:2022年4月29日 更新日:

1年前からダイエットを考え、エアロビクスを始めました。

そしてそこで指導するエアロビクス先生はとても厳しく、おかげさまで当初と比べると10k減。

ただしあまりの厳しさにねを上げることもしばしばでそろそろ辞めることも検討しましたが、あることがキッカケで今でも楽しくエアロビクスを満喫しています。

 

〇エアロビスクスの先生は魅力的

私は45歳会社員の既婚者です。

土曜日の昼間、自宅近くのエアロに向かいます。

現地へ到着すると、私みたいな中年男が既にスタンバっていました。

先生が登場します。

彼女は38歳のノゾミ先生。

噂では結婚をされているみたいですが、さすが先生だけあってスタイルは抜群。

特に上を向いた尻なんかは最高です。

レッスンが始まり、我々の前で先生も一緒にエアロを始めます。

結構ハードできついのですが、先生の尻とオッパイの揺れを見ていると、自然と活力が湧いてきます。

恐らく他の中年男もこの姿を見に集まってきたスケベな中年男ばかりだと思います。

先生が四つん這いになり、自分たちもそれに合わせ四つん這い。

ノゾミ先生の尻は私の目の前。

腰を反りながら尻を上にあげたり下へさげたりと…。

…これは堪りません…。

先生の尻を見ているだけでも、どんな厳しいレッスンでも耐えられそうです。

股間も膨らみ始めます。

…他の中年男も間違いなくノゾミ先生の尻を見ながら膨らませているに違いありません。

レッスンは1時間ほどで終了。

着替えを済ませそのまま自宅へ帰ろうと思った瞬間。

ノゾミ先生に声を掛けられます。

『大下さん、一緒に帰りましょう。自宅は同じ方向でしたよね』。

以前先生と自宅が近い話をした記憶があります。

5分ほど一緒に歩いていると、いきなりノゾミ先生に少しだけ呑んで帰らないかと誘われます。

意外でしたが、その日はたまたま妻もいないので軽くだけという約束でお供します。

居酒屋でお酒を呑む先生は意外に弱弱しい女性で、エアロを指導している厳しい感じは一切なし。

それから最近旦那と仲が悪く別居していることも話してくれます。

これはチャンスと思い、先生をラブホへ誘うと即OKです。

〇Мな先生と戯れます

ラブホへ入り、一緒に風呂へ入りました。

さすが先生の鍛えられた肉体は素晴らしく見ているだけでも惚れ惚れします。

先生から優しく洗体を受けます。

キスを交わしながらサオを扱かれ、『素敵…大きい』と言われ気分が良くなります。

ベッドへ移ると先生は『いいのよ…思いっきり虐めて』と弱弱しく言ってきました。

どちらかとSっ気の強い自分はハードに責め立てます。

手マンをすると『あー、す、すごい…もっと、もっと』と先生は暴れ始め、自分も『いいのか…最高か、俺の手マンは』というと『…あー、最高です。もっとお願いします』と一度彼女はここで逝きます。

その後も『マン汁が溢れているぞ』、『このスケベ先生』『変態女』を連発する度に、彼女は異常な興奮を感じるみたいなので言葉責めで責めてあげました。

四つん這いにさせると、先生の綺麗なアナルが丸見え。

しばらく傍観していると、『アナル好きなんです。お願い…入れて』。

自分は強引に差し込みます。

さすがエアロの先生です。

アナル筋の締め付けが凄く、自分も直ぐに逝かされました。

この後もМな彼女を何度も逝かせ捲り終了です。

 

〇エアロの時はピンクローター

エアロのレッスン後は、彼女との火遊びは毎回のように続き、当然SMの関係が成立。

そして最近彼女へお願いしていることがあります。

それはレッスン中、先生のマンコとアナルへピンクローターを入れてもらい指導すること。

レッスン中自分がローターのスイッチを入れると、腰をクネクネ。

他の中年男もその姿を見ながらいつも以上にサオがデカくなっているのが判ります。

ただし彼女は自分の目の前だけで尻を振り、そして腰を突き出した瞬間、ノゾミ先生の股間に染みが出来ていることを知っているのは私しかいません。

初めはレッスンがきつすぎて辞めることばかり考えていた自分ですが、彼女は今、私の奴隷。

しばらく彼女とは特殊なエアロを楽しめそうです。

-特殊なプレイ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

脚フェチの俺が一押し!パンストを履いた状態の足コキは気持ちいい

・根っからの脚フェチ 男性なら、誰しもフェチ、すなわち性的な嗜好を持っていますよね。 例えば、脚フェチなんかは筆頭的な存在で、多くの男性が女性の脚に対して性的な興奮を覚えるものです。 かくいう私も足フ …

寝取らせ、寝取られ夫の複数プレイ変態日記

私の性癖を理解してくれる人は少ないが、それでも一緒に楽しんでくれる友人は何人かいる。 日本は広い、SNSを使えばいろんな性癖を持った人たちに出会える。 私は妻を愛している。 そして私が最も興奮するとき …

人には言えない特殊な性癖を持つ夫婦

『transfurとは?』 私たちは表向きはごくごく普通の夫婦だ。 どちらも普通の会社員で、普通に社会に溶け込みながら日々を過ごしている。 しかし、私たちには人には絶対に言えない秘密がある。 それはま …

常に刺激を求める専業主婦と野外で激しいセックス

私は現在30代男性の自営業で既婚者です。 1年ほど前に地区の懇親会があり、自宅隣に住む奥さまと意気投合してしまい関係を持ってしまいました。 当然私も彼女も既婚者ですからその関係が妻や知人にバレると大変 …

特殊なプレイで彼氏とのマンネリ回避。体験談

•なぜ特殊プレイが必要なのか セックスって、同じ人としているとだんだんマンネリ化してくるんですよね。 彼の事は大好きなのに、彼に触れられても感じなくなってくるんです。 でも、なかなか言えないですよね。 …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。