えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

近親相姦・家族・親戚

近親相姦!美人だった姉が実の父親に犯されて・・・

投稿日:

・超美人だった姉の事が俺は好きだった

俺には5つ、歳が離れた姉がいた。

今でもそう思うのだけれど、姉はとにかく美人だった。

幼い俺でも、この世に姉以上の美人はいないと思っていたくらいだ。

「おねえちゃん!」

幼い頃の俺がそう言って姉に抱きつくと、姉はいつも俺を受け止めてくれた。

時には俺に口と口でキスをしてくれた事すらあったんだ。

もっとも、それは俺が3歳とか4歳の頃までの事。

姉が小学校の高学年になると、少し様子が違って来た。

俺が口をとんがらせて姉にキスをせがむと、なぜか姉は俺を避けた。

そして、気が付くと姉は俺と一緒に風呂に入ってくれなくなった。

「女の子はね、そういうものなの。」

俺が姉への不満を母親に漏らすと、笑いながらそう言われた。

もちろん、その時は母親が言ったその言葉の意味なんて全く分からなかったのだけれど・・・。

 

・高校生になった姉はさらに美人になった

テレビでアイドルとか女優を見ても、俺は今でもなんとも思わない。

それは姉の方が全然、美人だったからだ。

中学、高校へと上がるにつれて、姉はもっともっとキレイになって行った。

小学校高学年になった俺は、姉と弟という関係ではあったけれど、異性でもある姉がどんどん美人になっていくのを見て、それはドキドキとしたものだ。

姉の身体は、俺がその裸体を知っている頃のものじゃなくなっている。

胸は膨らみ、完全に女のそれになっていた。

家の中で、前に屈んだ拍子に姉のオッパイの谷間を見て、俺はどうしようもなくなってしまった。

幼いながらも姉と弟はそういう関係になってはいけないという事は知っていた。

けれど、出来れば姉の身体を自分の思う通りにしてみたい、そんな風に俺は思うようになっていた・・・。

 

・父親に犯される姉!姉の身体がいいようにされて・・・

あの日の事を俺は今でも忘れる事が出来ない。

俺は同級生たちと近所の広場で遊んで、夕方になって家に帰って来た。

母親はパートに出かけていないはずだった。

玄関を開けて家に入ると、そこには父親と姉の靴が並んでいる。

「ふ〜ん、もう帰って来てるんだ。」

少し訝しく思いながら、俺は家の中に入って行く。

「いや・・・、お願い、だからヤメて、お・うさん・・・」

何か、声にならないような声がリビングから聞こえてくる。

なんだろうと思いながら俺はリビングの方に行った。

するとそれまでかすかに聞こえていたその声はハッキリと聞こえるようになった。

「ダメェ、本当にヤメてぇ、いやぁ!いやぁぁ・・・」

それは姉の声だった。

そんな姉の声に驚き、俺は恐る恐るリビングを覗いた。

そしたらそこには信じられない光景が広がっていた。

「あぁぁ、んはぁっ、あっ、お願いだから、やめてぇ、お父さん!」

父親がソファに横たわる姉の上に乗っかっていたんだ。

しかも姉は制服のほとんどのボタンを引きちぎられていて、ブラジャーは完全にずり上げられていた。

露わになった姉の乳房を父親は、夢中になって手で揉んだり舐め回している。

姉は必死でもがき、そして時折、声を出して抵抗していた。

幼いながらも、俺は目の前で父親がしている事、そして姉がされているのがいけない事だと理解した。

けれども父親はやめようとしない。

「あっ、あっ、それはダメぇ、それだけはダメェ!」

急に姉の声が大きくなった。

その途端、父親は姉の両足を抱え込んで、自分のモノを姉のオマンコに挿入したようだった。

「・・・!!、んんっ、んぐぅ〜!!」

父親が腰を動かすたびに、姉がそんな言葉を発する。

俺は何とかしなくちゃと思いながらも何も出来なかった。

その時だ。

姉がこっちを見ている事に俺は気が付いた。

姉と目が合った。

その目は涙で濡れていた。

俺と目が合った姉は、それまで以上に彼女の顔は苦痛に満ちた表情になった。

けれどもそんな姉をまるで気にもせず、父親は彼女の身体を楽しみ続けていた。

 

・近親相姦の後。姉はどうしているのだろう?

姉は実の父親に犯されていたんだ。

俺は大好きな姉が目の前でそんな事をされているのに、何も出来なかった。

俺は気が付いたら家を飛び出していた。

正直に言うと俺はその日の、その後の事をよく覚えていない。

けれど、我が家ではまるで何事もなかったかのような日がしばらく続いたのは確かだ。

俺はその日以来、それまでと同じように姉に甘える事は出来なくなってしまった。

そして高校卒業と同時に、姉は家を出て行った。

何度か姉とは電話で話をした事がある。

けれど俺が大学を出て、社会人になった今でも、姉に会う事はなかった。

-近親相姦・家族・親戚
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

かわいい妹と体の関係になるまでの馴れ初め

・少女から女性になった妹 俺19歳。 今、大学1年生。 俺には1つ年下の妹がいる。 幼い時から俺にくっついて後ろを歩いていた妹は、今では高校でミスキャンパスに選ばれるほどにきれいになった。 あどけなさ …

no image

お兄ちゃん大好き巨乳JKが癒してあ・げ・る

【妹の日常とスタイル】 来春から大学生になる妹(18才)は、家では全く格好を気にせず下着でいることがあり、部屋ではTバックでいることがあるようだ。 そして、胸が大きい。 男にはたまらないスタイルだ。 …

no image

中学生の弟がおっぱいを触りたいと迫ってくる

私は、弟と姉弟として越えてはならない一線を越えようとしました。 その記憶は、今でも私の心に深く残っています。 たとえ、可愛い弟の頼みでも、してはいけなかったのです。 そこで、今日は弟と私が何をしてしま …

no image

ドア越しの妹(女子高生)と一緒に絶頂体験

【美羽】 これは僕が高校2年のときの夏休みのある日の話です。 僕には学年が1つ下の妹がいました。 実の妹ではなく父が再婚した相手の女性(つまり私の義理の母)の連れ子で、名前を美羽(仮名)といいました。 …

no image

一線を越えて「妹」とエッチをしてしまった体験

妹は、スタイル抜群だ 僕は高校時代、普通ではありえないエッチな体験を経験します。 それは、3歳年下の妹と一線を越えてしまったのです。 現実では考えられない「近親相姦」になります。 まず、僕の妹は、小学 …

    お問い合わせ等なにかありましたらこちらからお願いします。
    サイト管理者様で相互リンクしていただける方お待ちしています。