えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

巨乳

Gカップ巨乳の私と巨乳好きのサークルの先輩

投稿日:2022年4月5日 更新日:

Gカップの巨乳の私は、大学生の夏休みにサークルの先輩と一夜をともにしてしまいます。

昔から自分の胸の大きさに悩まされていました。

そして巨乳好きにはすぐ気がつきます。

会話をしていると、目線が何度も胸に感じるのです。

同じサークルのA先輩も、その1人でした。

またかと思っていました。

そんなある日、サークルのみんなで海に行きます。

みんな女子はビキニをきていますが、私はビキニの上からパーカーを着ました。

いろんな人からの視線が気になるので、昔から紫外線対策と言いながら、実は胸を見られるのが嫌なのです。

楽しい海の思い出を過ごし、同じ方面のA先輩は1人ずつ車で送っていきます。

最後に私とA先輩の2人きりになりました。

サークルの幹部でもあるA先輩は、今回の海の計画だったり、車をだしてくれたりと、何かと頑張ってくれました。

運転があるので、お酒も午前中しか飲めませんでした。

先輩に俺全然今日飲んでないから、飲むの付き合ってと言われ、いつもなら断るのに、先輩の頑張りをみてたので、誘いをうけてしまったのです。

一人暮らしの先輩の家は、シンプルで片付いていました。

冷蔵庫にはたくさんお酒があり、いい感じで2人とも酔いが回ってきたときのことです。

今日の私の水着姿を見たかったというのです。

今日1日サークルのみんなのために、頑張ったから、見せてほしいといいます。

絶対何もしないからお願い!と言われた私は、かなり酔っていたこともあり、思わずいいよと言います。

洗面所で着替えて、水着になって先輩のもとへ。

先輩はすごく喜んでくれて、たくさん可愛いと言ってくれました。

そこでさらに何もしないから、ポーズをとってといってきます。

何もしないなら、まあちょっとくらいいいかと思い、いくつか先輩から言われたモデルのようなポーズをとります。

その都度、たくさん可愛いなどと褒められ、わたしもいい気分になっていきます。

そしたら写真に撮りたいと言われ、全力で拒否しました。

じゃあ我慢するから、このポーズやってと言われます。

まず最初が四つん這いでした。

またさらに褒めてきました。

四つん這いの体制のときに、何もしないでみるだけだからと、私の大事なところに顔を近づけてきたり、今度は垂れ下がった胸に顔を近づけてきます。

先輩は絶対触らないし、写真もとらないから、みるだけ、みるだけと言って、かなり近距離でみてきます。

恥ずかしく、少しもどかしくなります。

そして次はベッドの上にたって、そこからジャンプしてと言われます。

思いっきり胸が揺れて、そのあたりからエッチな言葉を使い始めます。

本当きれいな巨乳だよな。

俺の理想の胸だ。

などなど。

コンプレックスに思っていたので、わたしも嬉しくなります。

もう終わりって言うと、じゃあ最後に膝立ちになって胸を揉んでと言うのです。

これで最後だからという言葉に負け、やってしまいます。

私の前に仁王立ちになり、上からその様子の私を見下ろしてくるのです。

私の胸の前には、先輩の大事なものが。

ズボンが膨らんでいました。

もうこんなになっちゃったと言われ、ズボンから先輩のを出してきました。

びっくりするくらい大きくなっていました。

先輩がズボンから出したことに驚いたときに、先輩のあれと、私の乳首が軽く触れたのです。

そこで声をだしてしまいました。

そこからは一瞬でした。

ごめん、やっぱ無理と言い、わたしの胸にしゃぶりついてきたのです。

終始褒めてきて、酔いもあり、わたしも気分がよくなってきます。

先輩は少し変態で、かなり体力がありました。

そのまま半分水着をきたまま、正常位になってエッチをしましたが、先輩はまた大きくなります。

一緒にお風呂に入ろうと言われ、先輩のTシャツを着せられます。

それを着たまま、シャワーをかけてきて、濡れたTシャツ越しに乳首を触ってくるのです。

お風呂に入りながら、またエッチをしちゃいます。

お風呂上がりに、お部屋に透明のガラス扉がありました。

その前に私を連れて行き、わたしの体を扉に押し当てます。

私の潰れた巨乳を反対側からみて、大興奮していました。

それを気にお付き合いをはじめ、先輩の巨乳愛による変態プレイに付き合っています。

-巨乳
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

中学生で既にEカップの私。嫌いな巨乳を好きになる

『巨乳が好きになるまで』 私は、小学生の高学年からおっぱいが大きくなってきた。 母親はどっちかというと貧乳なのに、私のおっぱいはとどまることを知らず大きくなり、中学生になるとEカップになっていた。 お …

巨乳と貧乳を柔らかさや感度で比べてみた

あなたは巨乳派ですか?それとも貧乳派ですか? 私はどっちも違ってどっちも良い!派なので体験談から両方のおっぱいの良さを比べてみましたので読んでください。   『巨乳はプレーの幅が広い』 まず …

Gカップの爆乳を独り占め。えっちな体験談

僕は勤めている会社では業務社員は3割ほどの派遣社員さんで占められている。 というのも、業務社員と言うと女性社員が多いイメージがあるが、ウチの会社でも例外ではなかった。 しかも、正社員の女性たちよりも、 …

幼馴染の巨乳ギャルのおっぱいに初めて触れた夜

~イントロダクション~ ある日の夜。 俺は今日1日、幼馴染で黒髪、巨乳、清楚系ギャルの彼女・汐里との初めてのデートを楽しみ電車で帰ろうとしていた。 が、現在の時刻は日付を跨いで午前0時16分。 先ほど …

小学生から大学生までの巨乳ちゃん達

男はいつになっても巨乳にドキドキしてしまう生き物、これは100年後、1000年後の未来でも多分変わらないのではないでしょうか。 現在45歳になった僕も、これまでに数えるほどですが巨乳女性との色っぽい接 …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。