えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

修学旅行

修学旅行先でバスガイドを口説き乱交セックス

投稿日:

・やんちゃ仲間が集まるといい感じでエロ知恵が働く

男子たるものセックスのためならどんな努力も怠らない。

京都に修学旅行に行った時の話。

やんちゃだった私は同じ不良仲間ショウタ、ツル、ヤマシロとある計画を立てていた。

バスガイドのK美を口説き、ハメるという計画だった。

そこで役に立ったのが私のビジュアル。

何度か芸能事務所にスカウトされた経験があり、K美を口説くために仲間からも後押しされていた。

私「ガイドさん下の名前なんて言うんだっけ?」

K美「K美だよ。」

私「K美さんかー。今度から下の名前で呼んでいい?」

K美「ふふふ。別にいいけど。」

私「LINEとか教えてもらえないの?」

K美「ダメダメ(笑)先生に怒られちゃうから」

このリアクションを見て私はイケると確信し、観光地を回りながらもK美を口説いていた。

そして連絡先をゲットすることに成功し、自由行動の合間も頻繁にやりとりをし夜に抜け出して会ってもらう約束まで果たした。

これには仲間たちからも讃えられて、夜に抜け出す計画を立てていたんだ。

教師は必ず各部屋を見回りにくるので、私たちが部屋にいるということを認識させる必要があった。

そこで提案したのが某ディスカウントショップに売っているウィッグを購入することだった。

髪の毛を染めていた私たちは自分の髪の毛にあった色を選び、それを部屋に持ち込んだ。

自分達の衣類を丸めて、それにウィッグを被せるというトリックを生み出したんだ。

あとは同部屋の真面目君たちを少々強めに口止めしておけばいい話。

そして時はきた。

部屋の窓から抜け出し、K美と外で合流することとなった。

 

・誰もいない草むらでバスガイドと乱交しまくり

この時K美は私の他に3人の仲間が付いてきているとは思っていない。

K美「大丈夫だった?私バレたらクビになっちゃうかも」

私「大丈夫大丈夫カモフラージュが完璧だから。それよりさホテル行くのやめない?実はお土産代に全部使っちゃったんだ。」

もちろん嘘だ。

不良仲間たちにもK美の体を味わせてあげたいから野外でのセックスに持ち込む計画だった。

K美「いいけど。私この辺くわしくないよ」

これも調査済みだった。

スマホで周辺を調べてヤれるスポットを探していて、K美を連れてその場所へと連れていった。

K美「うん。やっぱ格好いいね。○○君は」

私「そんなことないっしょ。なんか照れるわ」

そんな会話をしながら目的地へと着くことができ、私は強引にK美の唇を奪いベンチの裏にある草むらへと押し倒した。

少々強引だったがK美もかなりその気になっているようで、抵抗なく私の唇に舌を合わせてくれていた。

もちろん不良仲間の3人はこの様子を遠くからであるが眺めていて、少しずつ距離を縮めて近づいているのを確認できた。

そして俺がK美に挿入を果たし、感じまくっているとヤマシロが私の背後に迫っていて、チェンジを促していたのだ。

私「K美ちゃんごめんね」

そういった後私はヤマシロと素早く入れ替わった。

K美「え!?何!?なんなの!?」

動揺したK美の頭をそっと撫でて私はキスをしてあげた。

最初は拒んだK美だったが、ヤマシロの腰の動きに慣れてきたのか段々と舌の動きを私に合わせてくれるようになった。

K美「もう最悪!」

私「ごめんマジでごめん。ヤマシロたちもK美としたいって言うからさ」

私は残りの2人を手招きし、ヤマシロの後ろに並ばせた。

K美「嘘でしょー!無理だよ4人もー」

ヤマシロ「そんなことないでしょ。めっちゃ濡れてますよ。ああ最高…。ううでるうううう」

ヤマシロは約束どおりしっかりと外に射精した。

続いてショウタとツルが順番にハメていったのだが、さっきまで困惑していたK美の様子が徐々に変貌してきた。

私の股間へと手を伸ばし、手こきでしごき始めてきた。

そのままフェラへと移行していきすごい勢いでしゃぶってくれた。

この時には私たちもK美がかなりの好き者だと確信していた。

ベンチ周辺は私たちの精液まみれとなり、臭いもだんだんとやばくなってきたので場所を移動し乱交は続いた。

これが私たちの修学旅行の思い出。

K美には学校にチクられたくなかったらデートしなさいとLINEが来て、他の仲間には内緒で今でも会っている始末。

-修学旅行
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ヲタに優しいギャル、だいしゅきホールドで処女喪失

1.気配り上手の檜垣さん 修学旅行3日目の夜、僕達の部屋に女子が何人か遊びに来ていた。 僕は眠いという口実で布団に入ってスマホをいじっていた。 「――やかましくてゴメンねー」 クラスの中でもあまり接点 …

no image

付き合っていた女教師と修学旅行でもハメちゃった!

俺が高校生の時、新任の女教師と付き合っていたことがある。 都会の香がした色っぽいグラマーな新任女教師…。 彼女とは放課後や彼女のマンションでもハメ合いながら、遂には我慢出来なくなった俺は、修学旅行でも …

no image

露天風呂で先生同士のHを見た修学旅行での思い出

中学時代、修学旅行で北海道に行きました。 あちこち観光地を巡りますが、常に辺りを見渡すと大自然ばかり。 現代人の俺にはゲームやっている方が有意義な時間で、この状況は結構飽きました。 そして、そんな退屈 …

no image

修学旅行でバイトの女子大生とセックスした体験談

修学旅行の時、やけに可愛くて気になるバイトの女の子がいた。 彼女は大学生で宿に住み込み、学校の休み期間だけバイトをしているらしい…。   〇気になる女性は女子大生。 自分が高校3年生での修学 …

no image

修学旅行で彼氏との野外でのエッチな体験談

『彼氏からのお誘い』 私は高校生の時彼氏がいたのですが、違うクラスでした。 彼氏とは同じ部活でしたし、一緒に登下校したりしていたのですが、高校生ですので、お互い実家なので中々イチャイチャすることはでき …

    お問い合わせ等なにかありましたらこちらからお願いします。
    サイト管理者様で相互リンクしていただける方お待ちしています。