えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

調教・SM

元カレは私を「雌犬」と呼び、調教しようとした

投稿日:

6年前に付き合っていた元彼は、私を雌犬と呼び、調教しようとしていました。

その時の体験を赤裸々に告白します。

 

『ご近所さんを探せというコミュニティーで出会った彼』

私と元彼の出会いは、「ご近所さんを探せ」というコミュニティーサイトでした。

もともと、私は、このコミュニティサイトのことをよく知らず、インターネットで調べてみました。

そのコミュニティは、近くに住んでいる人と日記を交換したり、メッセージを交換したりで、友達になれると書いてあったので、登録してみることにしました。

すると、登録してすぐに、1日に20人ぐらいの男性から、「よかったらメッセージの交換しませんか?」などというお誘いのメールが来るようになりました。

私は、コミュニティサイトに登録したつもりでしたので、すごくびっくりしました。

「何これ?出会い系サイト?」と思ってしまうほどでした。

一週間ぐらい何もせずに無視していたのですけど、私は、家で仕事をしていて、男性と会うチャンスが本当になかったので、「この人なら、メッセージの交換をしてもいい」と思うお相手にメールの返事を返しました。

その内の一人が元彼だったのです。

元彼と私は、最初、何気ないことをメールし合っていました。

例えば、「今日は、花火大会に行ってきたよ。楽しかった」と言ったようなたあいもない内容です。

ある日、彼から自分のペニスを写した写メが送られてきました。

その写メには、「俺の息子、咥えられる?」と書いてあり、私はとてもびっくりして、「何これ?こんなのやめて」と彼に言いました。

それから何日かするとまた、「君のおっぱい大きいの?」というようなエッチな内容のメールが来るようになりました。

私はその時、彼の本性がまだ分からず、「そんなの、言わないで」と冗談交じりに言いました。

 

『初めての対面』

それから数日経って、彼は私と電話してみたいと言ってくれました。

私も彼のことが徐々に気になっていたので、「いいよ」と OK しました。

その電話の後、彼は「一度会ってみませんか?」と私を誘ってくれました。

私は、電話で話してみて、感じがいい人だと思ったので、それもOKしました。

彼の車でドライブをする予定でしたが、帰り道、彼が「私の家に来たい」と言いました。

それで、私は、深く考えず、「いいよ」と OK したのです。

時は夏でしたので、2人でテレビ見たりしていたのですが、10分ぐらい経った時、彼は、なんか、もやもやしたような様子でした。

そして、私に「お願いだから、膝枕してほしい。あと、胸も触らせて」と言ってきたのです。

私は、彼にその時、好意を持っていたので、膝枕と胸を触らせってあげました。

1時間ぐらい、私の家に滞在した後、彼はそのまま、帰って行きました。

 

『徐々に S気を現し、私を調教しようとする彼』

彼が初めて来てから3日後、彼からメールが来ました。

「この前の膝枕、とても気持ち良かった。また、家に行ってもいい?」という内容のメールでした。

私は、「彼ならセフレになってもいい」とそのとき思ったので、「都合が良い時に、また来てください」と返事を返しました。

その頃から彼は、自分の本性を現し始めたのです。

それからは、メールでも「俺の肉棒はすごいか?どう思っている?食べたいだろう?」と言ったエッチな内容のものがいっぱい来るようになりました。

私は、そのメールを読んで、正直、愉快ではなかったですが、「ついに、彼が本性を現したな」と思いました。

さらに、ある日のメールでは、「2人の関係をこれから良くしていくため、あだ名をつけたい。俺がご主人様で、君が雌犬だ」と、S気質全開のメールが来たりもしました。

私はその時、「彼は、Sなだけでなく、私を雌犬と呼んで、調教したいのかな」と思いました。

それ以降は、何度も、「俺のペニスは凄いだろ?肉体はどうだ?肉体も素晴らしいだろ」などといったメールが届くようになりました。

 

『セックスは メス犬の調教がほとんど』

それから、彼は、私の家に来るのを楽しみにし、頻繁に来るようになりました。

セックスをする時でも、彼は、私に調教を匂わせるようなことを頻繁にさせるようになりました。

例えば、犬のように這った姿勢で、自分の足や足の裏を犬のように舐めさせたり、体中をペッティングさせたりといった具合です。

セックスをしている時も、私に声を出してほしいと要求してきます。

例えば、呼び方も、「ご主人様、雌犬は、とても気持ちいいです。ご主人様の肉体は最高です。雌犬は、ご主人様のすばらしいペニスが欲しくて、欲しくてたまりませんでした」のような言葉を言わせるように、彼は私に仕向けてきたのです。

そして、さらに、自分の精子を私に飲み込ませることや、アナルを舐めさせることも彼は大好きでした。

精子が出そうになると、「ほら、雌犬の大好きな精子があるぞ。大好物の餌だぞ。欲しいだろ?全部ごっくん飲み込むんだぞ」などと言って、私を調教しようとしてきました。

また、彼は、私のお尻をペンペン叩いて、快感を覚え、私のお尻を叩きながら、「もっと美味しそうに肉棒を舐めるんだ」などといっていました。

その様子はまさに私のことを調教している感じでした。

-調教・SM
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ダンディーなおじさまとの調教生活

□彼との出会い□ 私には現在、24歳も年上の彼がいます。 彼は既婚者で妻子ありの男性です。 彼との出会いは、とあるカフェの常連同士という関係で知り合いました。 私は福岡県で生活をしているのですが、当時 …

no image

実父に施された浣腸調教と排泄管理~アナルに栓をされて~

私は小学性の頃、給食の時間が嫌でした。 なぜならそれは、私を苦しめる時間だったからです。   ■小学2年生から始まった浣腸調教 私の母は私を産んで間もない頃に病気で亡くなってしまったそうです …

no image

体験談による女王様が男を奴隷にするSM調教のやり方

●はじめに SMの女王様と呼ばれる女性が行う、男性を奴隷にする調教のやり方について話していきます。 筆者は男性ですが、SMの女王様をやっている女性とSNSで関わったことがあります。 その体験談をふまえ …

no image

彼女との初Hから変態プレイまで。性欲に支配された毎日。

あの時はまだ17歳。 今からもう10年近く前の事です。 当時初めて女性とお付き合いをし、初めてHしたとき、その後の事をお話ししたいと思います。   彼女との出会い。案外簡単に付き合えました。 …

no image

私の全てを調教したい夫との性生活の全てを記録。

私は27歳の時に結婚をしました。 彼との出会いはお見合いでした。 自分の中ではお見合い結婚だけは避けたいと思っていたので、結婚をする事になった時には若干の屈辱みたいなことも実は感じていたのです。 そん …

    お問い合わせ等なにかありましたらこちらからお願いします。
    サイト管理者様で相互リンクしていただける方お待ちしています。