えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

初めてのオナニー

女装と自慰行為、それは僕の新たな人生の始まり

投稿日:

『自慰行為って気持ちいい』

自慰行為って気持ちいい。

そう初めて体感したのは、高校受験前のことです。

それまで何度となく夢精をくり返していて、夜な夜なパンツを濡らす白い液体の正体を知りたかった僕は、受験勉強の合間をぬって、自分のおちんちんを盛んに愛撫しました。

はぁはぁはぁ。

ああっ。

僕の肉体がクライマックスを迎えると、ピュッピュとはじけ飛んだ精液。

なんて気持ちいいんだと感激した僕は、すぐさま自慰行為にはまり、自分のてのひらをベトベトにしながら、自分のあそこを触りまくりました。

受験生なのに何をやっているんだろうと思った僕は、自己嫌悪に陥ることもありましたが、もはや止めることはできませんでした。

やがてもっと激しい刺激を求めるようになった僕は、エッチな雑誌を見まくったり、同じクラスの女子の裸体を想像したりして、毎晩のように自慰行為にふけりました。

その頃は両親と一緒に暮らしていたので、これはばれたらまずいと思い、やたらこそこそしながらの自慰行為でしたが、おちんちんが、こんなに悦びを与えてくれるなんて、僕は嬉しくてどうしようもありませんでした。

 

『普通の自慰行為ではつまらない』

高校から大学へ、大学から社会人になるに従って、僕の自慰行為は変態性を帯びるようになりました。

彼女らしい彼女もいなかった僕は、自慰行為を通じて「自分で自分を犯す」ようになっていったのです。

ストレートにいうと、僕をとりこにさせたのは女装です。

僕は女子の格好をして、自分のスカートに手を入れ、パンティーの奥をまさぐりながら、自らの指でエッチな行為に没頭するようになっていきました。

女子の服は、主に古着ショップで買いましたが、実際にどこかの女子が身につけていた服だと思うと、僕は心の底から興奮しました。

「あーん、だめよ。だめだめ」。

ときには興奮のあまり、声をあげるようにまでなった僕の自慰行為は、ますますエスカレートしていきました。

ついにはネット通販を利用して、ドスケベな下着や怪しげなバイブレーションまで買い求めるようになり、それこそ寝る間も惜しんで自慰行為を続けました。

休みの日は、日に何回も自慰行為にふけり、僕の体は完全に疲れきっていました。

ある朝、洗面所で鏡を見た僕の目の下には、ドス黒いくまができていたのを思い出します。

 

『女装と自慰行為のダブル快感』

たとえくまができても、僕にとって女装と自慰行為のふたつは、もはや切り離すことのできない存在になってしまいました。

セーラー服を着て自慰行為をしてみたいと思うようになったり、ウェディングドレスを着て誰かに犯される場面を想像してみたり、僕はやたらおかしなことばかり考えるようになりました。

ある日、僕はとうとうがまんできなくなって、上から下まで女子の格好をして、夜の街をさまよったことがあります。

そのときは男性に声をかけられたらどうしようと思いながら(半分期待しながら?)、ミニスカートをひらひらさせて歩いていましたが、あまりにも興奮しすぎたせいでしょう。

僕は不覚にも街の中で射精をしてしまいました。

ただ歩いているだけで射精をするなんて、そんな体験はあとにも先にもその一回だけです。

そのときたまたま僕の近くを通りかかった2人の男性が、僕に「ねぇ飲みに行かない?」と声をかけてきて、僕は自分が女子に見られていることが嬉しくて、つい「うん行く」といい、ついて行きそうになりました。

買ったばかりの女物の下着には精液がベトつき、僕は早くアパートに帰って、シャワー浴びなければと考えていた矢先のできごとでしたが、あのとき本当について行ったら、僕はどうなっていたのでしょう。

 

『いつかは男性に抱かれたい』

その後の僕は今も普通にサラリーマン生活を送っていますが、いつかは男性に抱かれたいかも‥‥と考えています。

自慰行為の域を飛び出して、本当に誰か素敵な男性に抱かれたい、愛されたいと思うことが多くなってきたのです。

もちろん、いまだに想像の世界でしかありませんが、生まれて初めての自慰行為がきっかけとなり、自ら女装した自分の体を辱め、いつかは本物の女性になって、誰かに犯されたいと思うようになった僕。

リアルな女性とのセックスは、残念ながらまだまだ未熟ですが、性別を超えて男性とも交わりたいという思いは、日に日に強くなってきました。

僕は今も独身で、いつかは誰かと結婚する可能性は残っていますが、先のことなんてどうなるかわかりません。

もしかすると、10代の頃の自慰行為が引き金になり、いつかは本当の女性になって、男性と結ばれることもあるんじゃないかと、悩ましい思いに駆られています。

自慰行為なんて、しょせんは自分で自分のことを慰める行為にすぎないわけですし、なりたい自分を夢見て、自分自身の将来に希望を持つこと、それこそが本当の意味での自慰行為なのかもしれないと僕は思っています。

誰もが一度は通る自慰行為。

きっとそれは人生を見つめ直す、ひとつの大きなきっかけなのかなとも思います。

-初めてのオナニー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

中学生ながらSMプレイに興味を持った友達

・友達がアブノーマルでエロな子でした。 私の初めての自慰行為は中学校時代です。 当時の友人で性体験もまだないはずなのに、急にエロくなった女の子がいたんです。 ある日私がたまたま友人の家に遊びに行ったら …

no image

のぼり棒はオナニー道具。小6で女の子同士のシックスナイン

小学4年生の時 親友のミキがかなりエッチな女の子でセックスについて詳しくていろいろ教えてもらっていました。 ある日ミキが、公園の登り棒が気持ちいから一緒にやろうというので、何が気持ちいの?と不思議に思 …

no image

小学生の時び痴漢されて陰部を触られたのをきっかけに

「きっかけは恐怖体験から」 私の父はもう定年しましたが国家公務員でした。 父の仕事の関係で約3年に1度は引っ越し。 そのたびに学校も変わり、幼稚園・小学校・中学校は2校ずつ通いました。 大規模な団地に …

no image

あの春、僕が、この麗しの右手と親友になった夜

・『序章』 あの日、ぼくはまだ知らなかった。 毎晩、床に入ると、とたんに下半身にこみあげてくる、このむず痒くなるような衝動が何であるかを…。 きっかけは些細なことだったのだと思うが、今となってはよく覚 …

no image

男性と女性の初めてのオナニーに至る時の気分やきっかけ

「オナニー」という響きは大人にとって思わずドキッとさせてしまう表現ですが、全く意味さえ知らない子供だとしても何となく隠微な想像を働かしてしまいそうな雰囲気を漂わせています。 そんなオナニー、思春期を越 …

    お問い合わせ等なにかありましたらこちらからお願いします。
    サイト管理者様で相互リンクしていただける方お待ちしています。