えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

体験談、妄想話、創作話が閲覧できるサイトです。

高校生(JK)初体験・初えっち

高校のトイレでした初めてのセックスは一番の思い出

投稿日:

『吹奏楽部で青春する』

僕は、中学時代まで女性が苦手で会話が上手く出来ない男性でした。

そのため、付き合う事もなく平凡な毎日を過ごしたものです。

中学を卒業すると、市内の公立校へ進学をします。

偏差値は、「中レベル」で男女が400人ほどいる高校でした。

僕は、高校生になったら彼女を作りたいと考えていました。

やはり公立高校は、雰囲気も良く恋愛が楽しめるムードが漂っています。

そんな僕は、部活動として吹奏楽部に入部をしました。

男女が30人ほどいる部で、楽器を演奏する事が楽しい毎日です。

ちなみに、僕の担当楽器は、「トランペット」で入部時はド素人です。

しかし、部の先生が分かりやすく教えてくれて吹けるまで成長します。

吹奏楽部は、毎日練習を2時間ほど行い大会などに標準を合わせるのが基本です。

スポーツの応援から、高校の大会など、活躍は多きに渡ります。

大会などで、他校の吹奏楽部と競い合うのも楽しいですが、

可愛い子を見つけるのも高校生の楽しみでもありました。

また、母校の吹奏楽部の中にも、可愛い子もいてアイドル顔しています。

残念ながら、サッカー部に彼氏がいてイケメン男子です。

「もう、エッチはしたのかな?」

と、他の男子部員と話す事もありました。

 

『高校で初めて彼女が出来る』

僕は、彼女を作ろうと高校入学したものの結局、1年生の時は出来ませんでした。

そして、2年生になると、吹奏楽部にも新1年生が入部します。

6人ほど入って来て、女子は3人いました。

その中に、「竹内」という小柄な女子がいます。

顔は、普通ですが、足が細く足フェチの僕は惹かれたものです。

放課後、吹奏楽部の練習をしていると、竹内さんが気になってきます。

ある日、竹内さんは僕の視線を感じたのか、話し掛けて来ました。

「ねえ、楽器の手入れどうしてるの?」

「テレビ見てる?」

など、気軽に話してきます。

僕は、なんとなく興味を持ってくれている気がします。

「もしかして、付き合えるかも」

と、思い竹内さんに、休憩時間アタックをしてみました。

「あのさー、好きな人とかいる?」

「いる。」

「ええー、誰?」

「同じ吹奏楽部」

「まさか、僕?」

「うん。」

僕は、驚き思い切って告白をします。

「じゃあ、付き合ってよ。」

「うん。いいよ。」

中学まで女性が苦手だった僕に、初めて彼女が出来た瞬間です。

それから、学校生活はさらに楽しくなりワクワクしてきました。

付き合い出してから1か月経った頃、僕は昼休み音楽室に竹内さんを呼びます。

誰もいない教室で、少し会話をした後、キスがしたくなりました。

僕は、立ったまま竹内さんにキスをしました。

10秒ぐらいでしたが、初めてのキスは感触が良かったです。

 

『初えっちをどこでするか?』

ファーストキスを経験した僕は、今度は初えっちがしたくなります。

2年生になると、少しずつ経験する人が現れます。

吹奏楽部の中にも、3年生に経験者がいました。

やはり女性と経験する事は、高校時代に済ませたいものです。

しかし、初体験といっても場所選びは難しくなります。

ホテルは、利用し難く家は古いため呼びたくない。

僕は、シチュエーションとして「学校のトイレ」が浮かびました。

好きなAV女優の作品で、トイレで行う内容があります。

興奮から、1度はしてみたい場所として常に頭にあったほどです。

「いつするか?」

僕は、彼女の竹内さんと初体験をいつするか考える日々。

「そうだ。吹奏楽部の練習が終わった後は行けそうだ。」

そう思った僕は、ある日の練習後、学校に竹内さんと残る話をしました。

初体験当日、2時間の練習が終わると、他の部員が帰って行きます。

最後に残った僕は、竹内さんを誘って男子トイレへ連れて行きました。

 

『個室トイレで立ちバックする』

個室に2人で入ると、鍵を閉めて空間はえっちな雰囲気です。

僕は、竹内さんにキスをすると、今度は舌を絡めて濃厚です。

唾液が混じり合うのが分かり、体が熱くなります。

そして、僕は竹内さんの胸を制服の上から揉んでみました。

感触が良く、柔らかいオッパイです。

「あん あん」

小さな喘ぎ声を出して、感じる竹内さん。

僕は、ゆっくりとシャツのボタンを外し白のブラジャーを上に上げます。

竹内さんのオッパイは、真ん丸で乳首が立っていました。

乳首に吸い付いた僕は、舌で舐めてみました。

声を出す竹内さんに興奮する僕。

続いて、スカートを上げて白のパンツを見ると、中に手を入れてみました。

毛がモジャモジャと当たり、アソコはグショグショに濡れています。

指を穴に入れると、出し入れする度に、感じている竹内さん。

僕は、パンツを下ろすと、アソコに顔を埋めて夢中で舐めました。

中からどんどん液体が出てきます。

「後ろ向いて。」

僕は、竹内さんにそう言うと、大きくなっている性器をアソコに入れました。

意外と、スムーズに入り中は温かい感触です。

立ったまま腰を動かし、突き上げる性器に、竹内さんも声が大きくなります。

「はあ はあ 気持ちいい。」

個室トイレの狭い空間は、アブノマールさも感じて気持ちも昂ります。

僕は、快感が最高潮になり竹内さんのアソコから性器を抜きました。

「どぴゅー」

僕のアレから、白い液体が飛び出します。

2人は、アソコをチリ紙で拭くと、服を整えてトイレから出て家に帰りました。

初体験を学校のトイレでした事は、一生の思い出になった高校時代です。

-高校生(JK)初体験・初えっち
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

高校生の時の初体験は先っぽだけ。感想は『痛い』ですね

初めての体験は、学校がえり制服のまま。 当時16歳の高校生だった私の実家の自分の部屋でおきました。 いつものように部屋に遊びにきていた当時の彼氏(同級生)と、自然な流れでそうなりました。 まだ生理がは …

no image

初エッチは、高校の部室で腰振り騎乗位でした

高校時代、彼女を作りたいと思う日々 恋愛が盛んな現在、中学生や高校生では交際をする人が多いようです。 学校、放課後、休日は、デートする日もあり携帯で自由に話す事もあります。 そんな自分が初めて女性と交 …

no image

高校生時代に水泳部のキャプテンと初めてのHをしました

■水泳部の部室の前を通ると… 夏休みの部活での話です。 当時高校2年生だった僕は、朝から夕方まで水泳部の練習に励んでいました。 いつも通り練習が終わり、男性部員と2人で部室に戻ろうとした時のことでした …

no image

【高校生】女体の神秘!?性欲満点のビッチな彼女

・派手な彼女 学生の頃に、人生で初めて彼女ができました。 相手は、同い年の女の子で、校内でも有名な、派手な性格の人でした。 家が近所で、小さいころによく遊んでいたこともあり、ここへきてまさかの付き合う …

no image

気持ち良すぎる初体験。高校生の私はあそこが汁だらけ

【最初のとき】 私は高校2年生のときに、1つ年上の彼氏と関係を持ちました。 もちろん、それがはじめての経験でした。 彼はそれまでに経験を済ませていたため、私は、彼の言うがままに従って経験したと言う感じ …