えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

体験談、妄想話、創作話が閲覧できるサイトです。

レズ・ゲイ・バイ

小学生のいとこ中学生になるまでレズオナニー勝負!!

投稿日:

私といとこはお互いに負けず嫌いで、昔から何かの度に競争をしていた。

ご飯の時にはどっちが早く食べられるか毎回競っていたし、ゲームなんてしようものなら、勝敗でいつも大喧嘩になっていた。

ただ不思議と仲は良く、会うたびに競いながらずっと遊んでいた。

ある休日、お互いの両親は買い物に出ていて、家には私といとこ二人きりだった。

私は小4、いとこは小5の時の事だ。

何となく漫画を読んでいた私に、いとこが突然聞いた。

「ねえ、オナニーって知ってる?」

いとこにどうしても負けたくない私は、条件反射で「知ってる!」と見栄を張って答えた。

「ほんとに?」

いとこはニヤニヤと笑っている。

多分私が見栄を張っていた事に気づいていたのだろう。

「じゃあここでやってみてよ」と言ってきた。

オナニーがどういうものかも分からないが、いとこには負けたくない。

「……そんなに言うなら、A(いとこの名前)がやってみてよ。やりかた知らないの?」

なんでもないような顔をして言い返すと、いとこも挑戦的な顔で言った。

「じゃあ勝負しよ」

いとこは私の前に座ると、足を広げた。スカートからパンツが丸見えになる。

「最近学校で流行ってるんだよね。誰が早くイけるか」

そもそもオナニーが何かも私は知らなかったが、いとこの真似をして足をひらいた。少し恥ずかしいという気持ちで控え目にしていると、いとこの足が私の太ももの間に差し込まれる。

「ちゃんと開かないと負けだからね」

いとこに無理やり足を開かされる。

家には誰にもいなかったが、とてもいけない事をしているような気がしてドキドキした。

いとこは自分のパンツに指を入れて、小刻みに動かし始めた。

私も真似をして、自分のパンツに手を入れてみる。

何となく指を押し付けてみると、むずがゆいような、熱いような感覚になった。

目の前のいとこと目が合う。

「びびってんの?」

「別に違うもん」

「じゃあ恥ずかしいんだ」

「それも違うし」

いとこは上から下にこすり上げるようにして指を動かしている。

それに負けたくなくて、さっきよりも強く指を股の間に押し付けた。

どこをどう触るのが正解なのか良くわからなくて、手当たり次第に指先を動かす。

ふと指先に小さくコリコリとしたものが当たる。

そこに指が強く当たると、じんじんとした感覚になることが分かった。

熱に浮かされたようにそこをこすり上げる。

だんだんとパンツの中が熱く湿ってきていた。

「ん、んっ」

いとこは体育の後みたいな息が漏れている。

指の動きがさっきよりも早くなっていて、それに合わせて息が小さく漏れていた。

目がとろんとして、大きく身体がビクッとする。

その動きにびっくりして、私は目が離せなかった。

太ももを震わせてしばらくした後、いとこは大きな息をついた。

「イったよ。私のかち」

「え?」

私は思わず自分の指の動きを止めて聞き返した。

イくのが何なのかも分かっていなかったから、自分が負けたのかどうかも納得がいかない。

「なんで?」

「なんでも。私が勝ったから、あんたは罰ゲームね」

いとこは座っている私の後ろに回り込んで、太ももを押さえた。

手がパンツに伸び、何か言い返す間もなく指が股に触れた。

こりこりしたものに指が押し付けられて、さっきのじんじんとした感じが戻ってくる。

「えっ、やだっ」

「罰ゲームだから、嫌がったらもっと負けだからね」

よくわからないルールを言われ、私は動けずにいとこにされるがままになった。

自分のパンツの中で、いとこの指が動いている。

自分で触っていたのとは違って、ぐりぐりと無遠慮に触られる感覚。

痛くはないけど、むずがゆい感覚がどんどん強まっていく。

「あっ、んんっ」

「声出したら負けだからね」

刺激に耐えられなくて声が出たのをいとこに止められた。

さっきとはちがう、何かこみ上げてくるような、頭に血が上るような感じだった。

気が付くと私も、さっきのいとこと同じような、運動した後のような息が漏れている。

「もうイくの?」

「わ、わかんない」

初めての感覚にどうしていいのか分からず、泣きそうになりながら答えた。

私の様子にはお構いなしで、いとこは容赦なく指を動かす。

ぎゅっと強く指を押し付けられて、私は頭が真っ白になった。

「あっ……!」

がくがくがくっ、と身体が大きく震えた。

弾けるような感覚が股の中心から身体中に広がっていく。

後ろのいとこに身体を預けたままぐったりと余韻に浸った。

ビクッ、ビクッと身体が震える度に、良くわからない気持ち良さが襲った。

「イったんでしょ」

「うん」

耳元で聞かれて、私は素直に答えた。

もはや勝ちとか負けとか、どうでも良くなっていた。

それからは何事もなかったかのようにゲームをして、帰ってきた両親と夕飯を食べた。

その日は普通にいとこと別れたが、その後は会うたびに、「オナニーで勝負しよ」と相手に誘うのが私たちの流行りになった。

中学校に上がった辺りから自然とやめてしまったが、大人になった今でも、たまに思い出す。

-レズ・ゲイ・バイ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

高校生の私は童貞よりも先にアナル処女を卒業してしまった

性欲はありながら二次性徴が遅れていた高校時代 私は現在28歳の男性です。 名前は光といいます。 私は、中学生の頃から二次性徴が遅く悩んでいました。 高校一年生になっても私は声変わりもせず、チンコにも毛 …

no image

体験談によるレズ同士のエッチやセックスのやり方

●はじめに 最近はレズビアンであることを公表している著名人がいて、レズプレイをしているAV作品が多くあります。 レズというのは一般的に知られている言葉になりました。 しかし、レズ同士がエッチやセックス …

no image

レズセックスの方が男性と行うよりも快感度が高い理由

同性同士のセックスが快感な理由 女性同士だけでなく、男性同士といった具合に同性同士で1度セックスしてしまうと病み付きになってしまう人が珍しくありません。 しかも異性間とのセックスの経験がある人でも、異 …

no image

親友がレズでお泊りの時突然襲われ、レイプされました

・年上の親友 大学生の頃、趣味を通じて知り合った5歳年上の女性がいました。 2、3回会ってお茶をしたらすっかり意気投合し、住んでいる場所が近かったこともあり趣味抜きにしても月に何度も会っては遊びに行く …

no image

【ゲイ】友人と一緒に、えっちないたずらを

■女装した僕が、三枚目の彼に急接近!? 僕が学生の頃、友人らと一緒に、えっちないたずらを仕かけたことがあります。 ターゲットは、友人の友人であるヤマトくんという男子です。 ヤマトくんは、どちらかという …