えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

レズ・ゲイ・バイ

体験談によるレズ同士のエッチやセックスのやり方

投稿日:

●はじめに

最近はレズビアンであることを公表している著名人がいて、レズプレイをしているAV作品が多くあります。

レズというのは一般的に知られている言葉になりました。

しかし、レズ同士がエッチやセックスをするときは、どういうことをするのかは、あまり知られていないようです。

そこで体験談をもとにして、レズ同士のエッチやセックスのやり方について、話していきます。

 

●射精がないレズ同士のエッチやセックスはどう終わるのか?

男性の多くは、レズ同士のエッチやセックスが、どうやって終わるのか興味があるようです。

女性の場合は、男性のように射精してフィニッシュを迎えることがありません。

そうなると、レズ同士のエッチやセックスは永遠に続くように思えてしまいます。

 

これについて、実際にレズの女性に体験談を伺うと、レズのカップルによってやり方が変わるようです。

また、男性のようにな射精がなくても、女性もイクという感覚があります。

そのため、基本的にはレズのセックスもイケば終了となるのです。

オーガズムに達すると終了だという表現だと、分かりやすいかもしれません。

 

これについて、レズ女性の体験談を聞いてみると、確かにイクという感覚があれば終わりになるようです。

しかし、男性と女性ではイク感覚がかなり違いますので、男性と女性によるノーマルセックスのフィニッシュと単純に一緒にすることはできません。

 

●女性はイク感覚をコントロールできる

女性というのは射精がないためか、イク感覚をコントロールできます。

体験談を元に説明すると、軽くイク、本気でイク、というようなイク感覚の種類があるのです。

 

男性からすると分かりにくい話なので、無理矢理ではありますが、男性のイクという行為で説明してみます。

男性の場合、射精まで行かなくても、気持ちよくてペニスから我慢汁が出てくることがあります。

 

女性の軽くイク感覚は、男性のペニスから我慢汁が出る感覚に近いかもしれません。

女性は、本気でイクことは後に取っておいて、本気でイク手前のプレイを楽しんでおいて、軽くイクのです。

男性は射精を我慢したまま、ペニスが気持ちよくなると、ペニスから我慢汁が出ます。

 

そして、レズ同士のセックスやエッチの場合は、終わりを迎えたければ、お互いに本気でイク感覚まで気持ち良くなります。

こう説明すると、男女のノーマルセックスと同じようなプレイ内容に感じます。

 

しかし女性はイッてしまって絶頂を迎えても、絶頂の感覚がしばらく続きます。

絶頂の感覚は迎えた後は、すぐにはその感覚は落ちないで、徐々に下がっていくのです。

レズ同士がお互いに同時にイッてしまうと、絶頂の感覚を女性2人で時間をかけて味わえることになります。

 

射精をしてすぐに快感の気持ちが下がってしまう男性から見ると、絶頂の感覚がすぐに落ちないレズ同士のセックスは羨ましいものに思えますね。

レズ女性の体験談を聞いてみても、射精をしてすぐに終わる男性よりも、女性同士でセックスした方が気持ちいいようです。

 

●レズ同士が抱くエッチやセックスでの不満足感

レズの女性同士の方が気持ちいいと話しましたが、レズ同士のセックスは、必ずしも男女によるノーマルセックスよりも、気持ちいいわけではありません。

なぜならば、ペニスを女性器に挿入する、またはされるという快感を体験できないのです。

 

レズ同士のセックスは、男性とするよりも気持ちいいと言っている、女性の体験談があるのとは別に、ペニスを使うセックスができないことに、物足りなさを感じるレズ女性も多くいます。

 

レズ同士では、ペニスを使えないことが影響しているのか、レズの体験談の中には、バイセクシュアルの女性も多くいます。

また、男性から射精をされないと、女性は妊娠して子供を授かることができませんので、それもバイセクシュアルの女性が多い理由かもしれません。

 

とりあえずそのことを考慮して、レズ同士のエッチやセックスでは、ディルドを使用することも多いです。

ディルドを男性器であるペニスのように利用するのです。

ペニパンと呼ばれる特殊なパンツにディルドを装着すれば、ディルドを女性器に挿入して、普通の男女のようなセックスをすることができます。

 

しかし、ペニパンを履いてディルドを挿入している側の女性は、相手の女性に挿入しても何も感じませんから、不満足感を感じるようです。

レズ同士のエッチの雰囲気は盛り上がりますが、何かが足りない感覚は常に出てきます。

 

レズの体験談では、男女間の普通のセックスでは体験できない快感を得られるという、羨ましい話が聞けますが、その一方で、本物のペニスを挿入してみたいとか、子供が欲しいという、レズ女性特有の悩みも聞こえてきます。

 

●貝合わせについて

レズ同士のエッチやセックスでは、ディルドを装着したペニパンを使うという話をしましたが、それ以外にも、レズ特有のプレイがありますので、補足をしておきます。

それは、貝合わせというプレイです。

 

貝合わせは簡単に説明すると、レズ女性同士のお互いの女性器を密着させて、すり合わせて、快感を得るというプレイです。

女性器にはペニスがありませんが、クリトリスという突起物があります。

 

クリトリスは女性にとってかなり敏感な性感帯ですから、レズ同士がお互いにそれを擦り付けあうと、大きな快感をお互いに得ることができます。

クリトリスは男性のペニスよりもかなり敏感な性感帯ですから、貝合わせは男女間のノーマルセックスでは、体験できない快感やプレイだと言えます。

-レズ・ゲイ・バイ
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

処女の私とゲイの友人とのシュールなセックス体験

処女の期間が長めだった私 私は処女を卒業するのが結構遅い方でした。 21歳のときでした。 しかも恋愛感情はなく、相手はゲイでした。 男性経験ゼロの私と男性経験も女性経験もゼロの男友達とのかなり変なセッ …

no image

レズ・ゲイ・バイは私達の周りにいる普通の人々

・私の日本のゲイフレンド 私にはLGBTの友達が何人か居ますが、みんな普通の人達です。 最近は日本でも有名人が次々にカミングアウトしていて、昔よりはかなり受け入れやすくなっていると思いますが、それでも …

no image

実はレズ体質だった事に今更気がついてしまった私。

30代に入るまで、自分がまさか女性の体に興味を持ったり、女性に関して好意を抱くと言う事は想像もしていませんでした。 でも、私はある日をきっかけに、自分がレズ体質である事が分ったのです。 そんなある日に …

no image

高校生の私は童貞よりも先にアナル処女を卒業してしまった

性欲はありながら二次性徴が遅れていた高校時代 私は現在28歳の男性です。 名前は光といいます。 私は、中学生の頃から二次性徴が遅く悩んでいました。 高校一年生になっても私は声変わりもせず、チンコにも毛 …

no image

大学生の頃バイト先の30代レズビアンに慰められて…

私が女性に体と心を奪われたのは大学2年生の時でした。 当時は普通にお付き合いをしている彼氏がいましたが、当時29歳だった彼の浮気には度々悩まされて、別れたり、またくっついたりを繰り返している様な状態で …