えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

体験談、妄想話、創作話が閲覧できるサイトです。

特殊なプレイ

社長室でマル秘セックス!見つかったら懲戒解雇

投稿日:

『社長の奥さんである専務と秘密の関係に』

以前まで僕が働いていた広告会社での体験です。

その会社には、社長と社長の奥さんである専務がトップとして君臨していました。

社長は40代後半でしたが、社長の奥さんの専務はまだ若く、30代になったばかりです。

若い頃、専務はモデルとして働いていたこともあり、その美貌は全男性社員の憧れの的でした。

ある夏の日のこと。

会社の親睦会の席で、僕と専務は同じテーブルになりました。

僕がたまたまプロレスの話をし出したら、「あら、あなたってプロレスが好きなの?」と専務が食いついてきました。

「ええ、まぁ」と僕が応じると、専務は顔を近づけてきて「この近くにプロレスバーがあるのよ。あとで二人で行ってみない? ねぇ、いいでしょ」と誘いかけてきました。

その後、専務ご用達のプロレスバーにお供した僕ですが、マスターおすすめの闘魂チューハイなる飲み物をしこたま飲まされ、60分一本勝負どころか、47分14秒ぐらいで、あえなくダウンしてしまいました。

「ワン、ツー、スリー‥‥」というカウントが聞こえたかどうかはわかりませんが、気づいたときには専務と二人でラブホテルの一室にいました。

「え、ここは――」と言いかけた僕の口をふさいできたのは、専務の甘い唇でした。

 

『明るく楽しく過激な専務とのプレイ』

それ以来、僕は専務と秘密のデートをくり返しました。

専務はいつも僕に小さなメモを握らせてきて、そこには「今夜はタイトルマッチよ」とか「今日はデスマッチだからね」とか、プロレスに関係したワードが書かれていました。

それが僕への誘いの合図でした。

専務とのベッドは過激なものが多く、まず僕が専務にプロレス技をかけられる。

ギブアップ寸前のところまで行ったら、今度は僕が攻勢に転じて、専務に技をかけまくり、そのままレイプというパターンがほとんどでした。

「もっと、もっと」と言って、さらに過激なプレイを求めてくる専務。

専務取締役という肩書を持つ、日中の専務からは想像もつかないような雌っぷりに、僕は何度もイキました。

 

『僕は専務の性の奴隷』

やがて専務はオフタイムだけでなく、オンタイム、つまりは仕事中にも僕の体を求めてくるようになりました。

社員が20人しかいないような小さな会社ですが、社会人としてのモラルはしっかりしている職場です。

そんな中で、専務が一従業員でしかない僕の体を欲してくるのですから、これはたまったものではありません。

あるときは専務から「すぐに社長室に来てちょうだい」と言われ、「え、何だろう!?」と思って行ったら、社長は不在でいきなり専務と二人きり。

「今日はサブミッション(関節技)よ」と言って、専務が僕の体に巻きついてきました。

「あ、専務まずいですよ。社長が帰ってきたら大変」という僕にはおかまいなしで、専務は僕のズボンを脱がせ、僕の大事なところをくわえ始めました。

「あー、まずい。イキそう」。

そう思った矢先に、社長の車のエンジン音が聞こえたため、僕と専務は大慌てで服を着て、何食わぬ顔で社長室をあとにしたこともありました。

間一髪で最悪の事態は逃れることができましたが、困ったことに専務ときたら、その後も僕を社長室に呼び出して体に触ってきたり、エレベーターの中で突然キスをしてきたり、僕は完全に専務の性の奴隷と化してしまいました。

 

『専務とのセックスがばれて、ついに懲戒解雇か』

ある冬の夜。

僕は仕事が立て込んでしまい、ひとりで会社に居残って残業をしていました。

すると、そこへ現れたのが、なんと専務です。

どこかで飲んできたらしく、ひどく酔っていて、「あ、まずい」と思ったら、案のじょう、専務は僕のキスの嵐攻撃を仕かけてきました。

「やめてくださいよ、専務。でないと、またイッてしまう‥‥」という僕のことは気に留めず、専務は「さぁ、脱いで」と言い、僕にセックスを強要してきました。

はぁはぁ。あまりの激しさにもだえ続ける僕。

僕がイキかけたそのときのことです。

ガチャというドアの開く音が聞こえたかと思ったら、なんと社長が仁王立ちして、こちらをにらみつけていました。

無言で立ちはだかる、わが社最強の男――その名も社長です。

ああ、ワン、ツー、スリー。

僕は心の中でスリーカウントを数えると、完璧に「終わった」と思いました。

この会社で過ごした何年かが走馬灯のように、僕の頭の中をかけ巡っていくのがわかりました。

カンカンカーン。

非情なゴングが鳴り響く中、僕はパンツをはいて、ズボンをはき、服を着て「いろいろお世話になりました」と頭を下げて、真夜中の会社をあとにしました。

専務の香水のいい匂いだけが、僕の全身にこびりついていました。

あの夜以来、僕は専務とは会っていませんが、テレビでプロレスの試合を観るたびに、専務との激しいプレイを思い出します。

社長の奥さんでもある専務との超過激なシングルマッチ。

社長室での熱く激しいプレイは、決して忘れることのできないいい思い出です。

 

 

-特殊なプレイ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

セックスで射精できない。私のおまんこを見てオナニーする彼

私が過去に2年間付き合っていた男性はとても特殊なプレーをする事が好きな男性でした。 最初は彼の性癖が変わっていると言う事は分からずに、交際をしましたが、付き合いが深まっていくうちに、彼の変わった性癖を …

no image

会社の部下にメス化され、アナルで毎回トコロテン

私は現在40代男性の会社員で管理職に就いています。 既婚者ではありますが思わぬところで自分の部下に手を出してしまい、気が付けば、彼女から毎回アナルを責められるプレイに酔いしれていました。   …

no image

デリヘル嬢と彼女で固定バイブプレイを試してみた体験談

「きっかけは」 女性との性生活の楽しみ方のバリエーションをたくさん持っているという男性の方も多いかと思われます。 しかし私はその部分が全くダメで、これまで関係を持ってきた女性にはマンネリ感で飽きられて …

no image

イク時は彼のわきを舐めながら?処女喪失体験談

私が初めて処女を失ったときの話です。 私は二十歳になってもまだ誰とも付き合ったこともなく、割とおとなしい性格と言われていました。 真面目に勉強ばかりしてきたので、性の知識はあまりなくて、興味はあったの …

no image

電車で痴漢プレイから野外セックス。最初は嫌だったけど

私が自分の人生の中で特殊なプレイをした体験談を紹介したいと思います。   ●どんなプレイなの? 私が行なったのは、痴漢プレイです。 どういったプレイなのかというと、当時付き合っていた彼ともの …