えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

舐め犬・クンニ

まさか舐め犬として調教されちゃうなんて

投稿日:

〇犬好きの痴女に逆ナンパされた僕

仕事帰り。

いつもの河原を歩いていたら、子犬を連れた女性に声をかけられました。

その女性は見た目が30歳前後で、ちょっとエロい顔だちをしていました。

「なんでしょう?」と僕が応じると、女性いわく「自宅の照明がつかなくなってしまったので、ちょっと見てほしい」そう。

「えっ、照明をですか」と僕は驚きの目で、その女性を見返しましたが、ほんとに困っている様子だったので、僕は女性宅へ向かいました。

女性は広いマンションにひとりで住んでいました。

「失礼します」といい、部屋におじゃますると、僕は照明の点検を始めました。

よく見たら、プラグがはずれているだけだったので、照明はすぐ正常にともりました。

「これで大丈夫です」と僕がいいかけた瞬間、女性は僕の下半身に抱きついてきました。

度肝を抜かれた僕は女性から逃れようとしましたが、女性はやめるどころか、慣れた手つきで僕のズボンを脱がせると、僕のあそこをしごき始めました。

僕は女性の手の動きに圧倒され、「ああ」というあえぎ声をあげながら、じゅうたんの上にくずれ落ちてしまいました。

「あ~、もうだめ」と思いながら、僕はあえなく射精してしまいました。

それほどまでに女性のテクニックは圧巻だったのです。

女性はスカートやブラジャーを脱ぎ捨てると、「今度は私の体をお舐め」といって、僕に関係を迫ってきました。

僕は「舐め犬なんかじゃない」と思いましたが、もう一度女性の魔性の手でしごかれたくて、女体をペロペロと舐めまわしました。

 

〇いつしか痴女の舐め犬に

女体を舐めたら、僕のあそこをしごいてもらえるというごほうびつきで、僕はいつしか女性の舐め犬として調教されていきました。

僕が女性の体を上から下まで舐めまわし、雄犬の真似をして「ワン」と吠えると、女性が僕のおちんちんに触ってくれるのです。

僕は痴女の体を舐めて舐めて舐めまくりました。

そしてそのごほうびとして、痴女のてのひらの中で射精をくり返す僕。

「もっとすごい頑張ったら、私の膣の中でイカせてあげるからね」という痴女の言葉を信じ、今日も「ワンワン」と吠えまくる舐め犬、それがいまの僕なのです。

女性の部屋の中には、いつも愛犬のポチがいましたが、僕が「ワン」と吠えるたびに、ポチも「ワン」と応じてくれました。

ワン、僕に触って。

もっとしごいて。

ワン、もっと気持ちよくなりたい。

僕は痴女の性の奴隷として、熟れた女体を味わい続けました。

-舐め犬・クンニ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

三十路女上司をクンニでイかせてハめた後に恋人になった体験談

・女上司のスペック 菜穂子さん(30歳)直属の上司。 キツい顔立ちで美人だが、性格もキツい。 他の人に言わせれば鉄仮面とか女帝とかお局とか散々な言われよう。 スタイルがよく、タイトスカートと細いフレー …

no image

人気の舐め犬さんは専属の舐め犬にはなかなかなってくれません

舐め犬の魅力にはまったのはここ8ヶ月くらい前からです。 私は舐め犬を知ったのは、インターネットのちょっとエッチなサイトでした。 それまで舐め犬と言うのは自分の犬に飼い主の大切なところを舐めさせるという …

no image

ドSな熟女の舐め犬になる。ご奉仕のお礼は聖水

・出会い系サイトで舐め犬募集する純子さん 欲求不満の熟女と出会いたいので出会い系サイトに登録しました。 年齢を40歳以上に絞り込んで検索すると、黒木瞳さんに似た綺麗な女性を見つけました。 「舐め犬募集 …

no image

舐め犬必見!体験談による女が感じるクンニのやり方

●はじめに これから、女性が感じるクンニの上手いやり方について、話していきます。 主に男性である筆者の体験談を元にして説明しますが、筆者は舐め犬ではありません。 でも、クンニ大好きですから、舐め犬だろ …

no image

人妻は舐め犬に飢えている。掲示板で舐め犬はすぐ見つかります

舐め犬に舌攻めをされる体験を2年前に覚えてからというものは、どっぷり舐め犬にはまった時期もありましたが、現在は普通に家庭生活をしながら、夫とのセックスも適度にして、どうしても性的な不満を感じたり、気分 …

    お問い合わせ等なにかありましたらこちらからお願いします。
    サイト管理者様で相互リンクしていただける方お待ちしています。