えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

舐め犬・クンニ

まさか舐め犬として調教されちゃうなんて

投稿日:2022年2月21日 更新日:

〇犬好きの痴女に逆ナンパされた僕

仕事帰り。

いつもの河原を歩いていたら、子犬を連れた女性に声をかけられました。

その女性は見た目が30歳前後で、ちょっとエロい顔だちをしていました。

「なんでしょう?」と僕が応じると、女性いわく「自宅の照明がつかなくなってしまったので、ちょっと見てほしい」そう。

「えっ、照明をですか」と僕は驚きの目で、その女性を見返しましたが、ほんとに困っている様子だったので、僕は女性宅へ向かいました。

女性は広いマンションにひとりで住んでいました。

「失礼します」といい、部屋におじゃますると、僕は照明の点検を始めました。

よく見たら、プラグがはずれているだけだったので、照明はすぐ正常にともりました。

「これで大丈夫です」と僕がいいかけた瞬間、女性は僕の下半身に抱きついてきました。

度肝を抜かれた僕は女性から逃れようとしましたが、女性はやめるどころか、慣れた手つきで僕のズボンを脱がせると、僕のあそこをしごき始めました。

僕は女性の手の動きに圧倒され、「ああ」というあえぎ声をあげながら、じゅうたんの上にくずれ落ちてしまいました。

「あ~、もうだめ」と思いながら、僕はあえなく射精してしまいました。

それほどまでに女性のテクニックは圧巻だったのです。

女性はスカートやブラジャーを脱ぎ捨てると、「今度は私の体をお舐め」といって、僕に関係を迫ってきました。

僕は「舐め犬なんかじゃない」と思いましたが、もう一度女性の魔性の手でしごかれたくて、女体をペロペロと舐めまわしました。

 

〇いつしか痴女の舐め犬に

女体を舐めたら、僕のあそこをしごいてもらえるというごほうびつきで、僕はいつしか女性の舐め犬として調教されていきました。

僕が女性の体を上から下まで舐めまわし、雄犬の真似をして「ワン」と吠えると、女性が僕のおちんちんに触ってくれるのです。

僕は痴女の体を舐めて舐めて舐めまくりました。

そしてそのごほうびとして、痴女のてのひらの中で射精をくり返す僕。

「もっとすごい頑張ったら、私の膣の中でイカせてあげるからね」という痴女の言葉を信じ、今日も「ワンワン」と吠えまくる舐め犬、それがいまの僕なのです。

女性の部屋の中には、いつも愛犬のポチがいましたが、僕が「ワン」と吠えるたびに、ポチも「ワン」と応じてくれました。

ワン、僕に触って。

もっとしごいて。

ワン、もっと気持ちよくなりたい。

僕は痴女の性の奴隷として、熟れた女体を味わい続けました。

-舐め犬・クンニ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

舐め犬に舐めてもらう生活を続けて2年。挿入は絶対NG

舐め犬を探す生活をする様になってから約2年弱の日々となりました。 私は40代の既婚者女性で結婚歴は約15年となります。 夫婦の仲は割りと円満ですが、男女の関係は1年間に数回と言う、とても淡白な夫婦です …

【舐め犬体験談】課長の性奴隷になった私

私はとある地方の中小企業で働いている20台半ばの事務員です。 この企業に入社した時は男性ばかりの技術系の部署に配属されました。 その部署の課長が私の直属の上司で年齢は30代半ば、仕事も出来て優しくて正 …

潔癖症の友人と舐め犬について議論する

・カルチャーショック すごく仲の良い友達(男性)がいるのですが、とてもユニークな人で、ちょくちょくカルチャーショックみたいなものを感じさせられます。 まず、その友人はかなりの潔癖症です。 それにまつわ …

舐め犬飼い主は清楚系淫乱JC、膜があるから大丈夫

・告白成功 中学2年の頃、片想いしていたクラスメイトのマナに告白した。 彼女の返事は、意外なものだった。 「ありがとう……私も好き」 頬を染めて続けた。 「だけど、子供は結婚してからじゃないと作っちゃ …

舐め犬を一度体験したら年齢とか性癖とか関係なく抜け出せない

至って健康体な女性ですが、現在は特定のパートナーがいない30代です。 私が今、一番はまっている事は、舐め犬に体中を舐めまわしてもらうことです。 普通に男女がセックスをする行為も好きですが、舐め犬の一方 …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。