えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

舐め犬・クンニ

まさか舐め犬として調教されちゃうなんて

投稿日:

〇犬好きの痴女に逆ナンパされた僕

仕事帰り。

いつもの河原を歩いていたら、子犬を連れた女性に声をかけられました。

その女性は見た目が30歳前後で、ちょっとエロい顔だちをしていました。

「なんでしょう?」と僕が応じると、女性いわく「自宅の照明がつかなくなってしまったので、ちょっと見てほしい」そう。

「えっ、照明をですか」と僕は驚きの目で、その女性を見返しましたが、ほんとに困っている様子だったので、僕は女性宅へ向かいました。

女性は広いマンションにひとりで住んでいました。

「失礼します」といい、部屋におじゃますると、僕は照明の点検を始めました。

よく見たら、プラグがはずれているだけだったので、照明はすぐ正常にともりました。

「これで大丈夫です」と僕がいいかけた瞬間、女性は僕の下半身に抱きついてきました。

度肝を抜かれた僕は女性から逃れようとしましたが、女性はやめるどころか、慣れた手つきで僕のズボンを脱がせると、僕のあそこをしごき始めました。

僕は女性の手の動きに圧倒され、「ああ」というあえぎ声をあげながら、じゅうたんの上にくずれ落ちてしまいました。

「あ~、もうだめ」と思いながら、僕はあえなく射精してしまいました。

それほどまでに女性のテクニックは圧巻だったのです。

女性はスカートやブラジャーを脱ぎ捨てると、「今度は私の体をお舐め」といって、僕に関係を迫ってきました。

僕は「舐め犬なんかじゃない」と思いましたが、もう一度女性の魔性の手でしごかれたくて、女体をペロペロと舐めまわしました。

 

〇いつしか痴女の舐め犬に

女体を舐めたら、僕のあそこをしごいてもらえるというごほうびつきで、僕はいつしか女性の舐め犬として調教されていきました。

僕が女性の体を上から下まで舐めまわし、雄犬の真似をして「ワン」と吠えると、女性が僕のおちんちんに触ってくれるのです。

僕は痴女の体を舐めて舐めて舐めまくりました。

そしてそのごほうびとして、痴女のてのひらの中で射精をくり返す僕。

「もっとすごい頑張ったら、私の膣の中でイカせてあげるからね」という痴女の言葉を信じ、今日も「ワンワン」と吠えまくる舐め犬、それがいまの僕なのです。

女性の部屋の中には、いつも愛犬のポチがいましたが、僕が「ワン」と吠えるたびに、ポチも「ワン」と応じてくれました。

ワン、僕に触って。

もっとしごいて。

ワン、もっと気持ちよくなりたい。

僕は痴女の性の奴隷として、熟れた女体を味わい続けました。

-舐め犬・クンニ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

熟女に舐め犬にされ、いつの間にか逆らえない犬になった

出会いを求めて、ちょっとエッチ系の出会い系アプリに登録しました。 僕は経験が多い方ではないし、甘えたがりのところがあったので、年上の女性の方が好きでした。 そこで、年上の女性を探しました。 その中に、 …

no image

中高年熟女の欲求を、舐め犬で解消する喜び

私は現在41歳の専業主婦で、夫は年上で一回りほど違う年齢です。 今ではすっかり夜の営みは無くなりました。 そんな私がこの年になり、始めて舐め犬の喜びを知ることになってしまいます。   ○全く …

no image

人気の舐め犬さんは専属の舐め犬にはなかなかなってくれません

舐め犬の魅力にはまったのはここ8ヶ月くらい前からです。 私は舐め犬を知ったのは、インターネットのちょっとエッチなサイトでした。 それまで舐め犬と言うのは自分の犬に飼い主の大切なところを舐めさせるという …

no image

彼女がクンニを気に入り剛毛マンコからパイパンに!!

クンニって嫌がる女性も多いですし、男性もあまりしたくないという人が多いと思います。 私も以前はクンニってあまり好きではなく数えるほどしかしたことがありませんでした。   ・学生時代の友人と再 …

no image

熟女さんに舐め犬としてご奉仕してきました

クンニが大好きな43歳男性です。 最近は出会い系サイトで舐め犬募集の女性と楽しい時間を過ごしています。 手軽にあいた時間を利用して女性と出会えるので非常に便利です。 今回は42歳の熟女さんに舐め犬とし …

    お問い合わせ等なにかありましたらこちらからお願いします。
    サイト管理者様で相互リンクしていただける方お待ちしています。