えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

当サイトはオリジナル体験談、創作体験談が混在しています。把握したうえで閲覧お願いします。

近親相姦・家族・親戚

幼い頃から仲良しの妹とツーリングで野外Hした話

投稿日:

・バイクに乗る父に妹と連れられて

僕の父親はバイクに乗ることが好きだ。

その影響で、僕と3才年下の妹は小さな頃からタンデムで父親が跨るバイクの後ろに乗せられていた。

最初はバイクの後ろに乗ることが怖かった僕と妹も、乗っていくにつれてバイクの楽しさに惹かれていった。

バイクで風をきって走るあの爽快感は、何とも言えない快感だった。

父親譲りで子どもの頃からバイクが大好きになった。

大人になったら、絶対バイクに乗ると決めていたし結果として妹もバイク乗りになっていた。

 

・バイクに乗り出した妹

高校を卒業した僕は、すぐに車とバイクの免許を教習所で取得した。

それからは、大学に通いながら毎日楽しい生活だった。

バイクをかっこよくするためにカスタムでバイクをいじったり、そのための費用捻出でアルバイトも人一倍頑張っていた。

そんな僕を当時高校生だった妹は、いつも羨ましそうに眺めていた。

「いいなぁ~お兄ちゃんは。私もはやくバイクに乗りたいよ」

「高校卒業してお金貯めてからやね」

「うん!絶対そうする」

そう頷く妹が可愛かった。

月日は流れ、妹は高校を卒業するとすぐ一般企業に就職。

そして高校時代に希望していたように、お金を貯めすぐに新しいバイクを買って免許を取得した。

 

・二人でツーリングに行った先で

妹が免許を取得して半年、ようやく念願の兄弟ツーリングを決行した。

というのも、妹が免許を取得した時期に僕は大学4年生で就活の真っ只中だった。

秋に希望する企業に内定をもらえた僕は家族に報告し、妹をツーリングに誘った。

「内定おめでとう!やっとお兄ちゃんとツーリングに行ける!!」妹は、僕とのツーリングを楽しみにしてくれていたらしい。

凄く嬉しかった。

季節は秋だし、気温もバイクを乗るのに丁度よい。

報告をした週末は、お互い予定が空いていたので早速日帰りでツーリングに。

当日は秋晴れで気持ちの良い天気。

僕達二人は、それぞれバイクに跨り走行を楽しむ。

妹からバイクで後ろかついてきている。

何とも言えない喜び、僕はこの時間が最高に楽しかった。

しばらく走った後、休憩で道の駅に立ち寄ることにした。

その道の駅には、数十台のバイクが止められていてバイク好きの僕からしたら圧巻の景色だった。

「すごい、たくさんあるね~バイク」無論、妹も沢山のバイクに興奮していた。

バイクを駐輪スペースに停め早速道の駅に入ってみる。

ご当地ソフトクリームやB級グルメなど美味しそうなお店が食欲をそそる。

トイレ休憩をして、待ち合わせ場所に戻ると妹の周りに見知らぬ男性達が複数人いた。

外見からして僕達と同じライダーであることは間違いないようだ。

普通なら何喰わぬ顔で戻ればいいかもしれない。

しかし、僕はあまり社交的な性格ではない。

初見の人には多少緊張してしまう。

どのタイミングで戻ろうか様子を伺っているとトイレから出てきた僕に妹が気付いて手を振ってきた。

流石の僕も妹の場所へ向かわなければならない。

「お兄ちゃん、県内から来てるライダーさん達だよ」

「こんにちは」

「こんにちは。兄弟でツーリングかぁ、兄ちゃんたち微笑ましいな」

男性ライダー達の年齢は、それぞれ違う感じで下は30代から上は50代くらいか。

とても明るくて僕ら兄弟にバイクやツーリングスポットなど色んな話をして帰っていった。

「いい人達だったね!」

「だな」

ただ僕の心は少し複雑だった。

その後、僕達も道の駅を移動して目的地に向かった。

ほどなくして目的地に到着。

バイクを降りると、早速絶景が見えるとされる展望所に移動した。

「…わぁーっ、綺麗…」そこには、雄大な山々と遠くに輝く海が織りなす絶景が広がっていた。

凄く綺麗…。ツーリングの疲れも吹き飛ぶ景色だった。

暫くの間景色を楽しんだ後、僕たちは展望所から離れ屋根のついたベンチに腰をかけて休憩。

「さっきさ、正直お前に嫉妬しちゃってさ」

「えっ?」

「男性ライダー達と楽しく会話してたろ?なんか心がザワつくというか?」

すると、妹は笑いながら

「何それー?お父さんというか、彼氏みたーい」

「…」

そんな僕を笑いながらも、妹が僕に顔を近づけたかと思うと僕の頬に軽くキスをした。

「…!!」

僕は驚いてすかさず妹を見る。

「なんかお兄ちゃんから嫉妬されて正直嬉しかった」

「えっ…?」

「やっと二人きりだね」

と言ったかと思うと、僕の体に自分の体をすり寄せてきた。

ドキドキが止まらない…。

いいのかな?と思って妹を見ると、妹も僕をジッと見つめている。

そっと妹に口づけすると、ゆっくりとキスを重ねていった。

チュッ、チュッと交り合う度に僕達の口からはエロい音が漏れている。

可愛い妹とのキスで体が熱くなってくる…。

目線を落とせば、妹の二つの膨らみ…。

服の上から徐に優しく揉む。

「…優しくっ、して…」かわいい、、、。

僕は、そこから妹の体に愛撫をゆっくり丁寧に行っていった。

着ていたTシャツをたくし上げると、そこにはふんわりと柔らかそうなおっぱい。

揉みしだきながら、同時にアソコの割れ目を下着ごしから指で刺激していく。

「…っぁ…あぁっ」「気持ちいいの?」「…うんっ」恥ずかしそうに頷く妹がとても愛おしかった。

この時間が終わってほしくなくて、僕は妹の体中をしつこく舐めまわし焦らしまくった。

「ぉ兄ちゃんっぅぅ…」心もとない妹の声。

どれくらい愛撫しただろうか?

妹のアソコはこれでもかというくらいジュクジュクに濡れていて、僕はそれがとても嬉しかった。

「…いれたい」

「いいよ…お兄ちゃんなら…」

僕を受け入れてくれた妹。

愛撫と同じように、僕はゆっくりと慎重に妹の中に入っていった。

「…っっ…」

正常位で妹に腰を振っていく。

き、気持ちよすぎる…。

そして僕がリズムよく腰を振る度に聞こえる

「ぁっ、あっ」

という妹の可愛い鳴き声。

思わず胸を揉み乳首をつまみ刺激すると「っんんっっ」とたまらなさそうな妹。

上と下を同時に責められた妹のアソコは、興奮してさらにキツくなっていく。

そんな状態になったらますます僕のイチモツは気持ちよすぎて…

「っっ、、気持ちよすぎて、イッちゃいそう、、、」

「嬉しいっ、、あんっ」

何とかイカないように我慢するも、僕のイチモツは限界だった。

「お兄ちゃん…大好きだよ」喘ぎながら放たれた妹の一言がトドメ。

僕は盛大にイッテしまった。

この時確信に変わった。

僕は妹のことが好きなんだということに。

「お兄ちゃんっ、また、ツーリング行こうね」これから僕の本当の楽しいバイクライフが始まる予感がした。

-近親相姦・家族・親戚
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

完璧でかわいい中学生の姉のオナニーを覗いて

●シスコンなわたし 私には1歳年上の姉がいます。 小学校の高学年にもなると頭が良くて綺麗で、将来はかなりの大物になると皆が噂するほどの才女でした。 なんといっても我が家は父親が医者で、母親が税理士と言 …

no image

童貞を奪ったのは新しくできたお姉ちゃんだった

「父が再婚し、新しい母と娘がやって来た」 僕が、小学生6年生の時、好きだった母が家を出ます。 いわゆる「離婚」になり、父に我慢が出来なくなったようです。 父は、建設業をしておりお酒が好きな人です。 お …

no image

おっぱいに支配された思春期の僕

・巨乳な家系 僕の家計の女性は代々巨乳なんです。 祖母、母、姉ともに巨乳で姉は思春期になると巨乳を嫌がって母に相談するほどでした。 僕にとってはもちろん姉に対して性的な感情はありませんし何事もなく日常 …

no image

禁断の関係。姉と結ばれた熱い夜。

・僕から見ても超セクシーな姉貴 僕の姉は19歳。 1つ年上の女性だ。 幼い頃は、すごくやんちゃ近所のいじめっ子から僕を守ってくれる程に強かったお女の子。 でも、高校を卒業してから大學に進み、すごくセク …

no image

彼氏に振られた看護師の姉が変態になっちゃった

私は現在24歳の会社員独身です。 私には2つ上の姉26歳がいて、今は看護師として勤めています。 そんな姉が先月彼氏と別れたらしく、それを機に満たされない肉体を私に求めてくるようになりました。 &nbs …