えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

初めてのオナニー

中学生の私にまんこを見せろと言ってきた彼氏

投稿日:

・初めての彼

私が中学3年生の時に、初めての彼ができました。

相手は近所に住んでいる高校1年生の男子で、子供の頃からよく遊んでいたんです。

付き合ってと言われて、男女のこともよくわからないまま交際がスタートしました。

私にとって、男子と付き合うというのは、少女漫画に出てくる感じでした。

ただ、一緒にお茶を飲んだり、映画を観たり、ゲームセンターで遊んだり、そしてキスをしたり。

その程度だったのです。

そして、彼とのデートで一通り体験をしました。

手を繋いでショッピングをして、途中にあるカフェではジュースを飲んで笑い合いました。

映画では、流行りのアニメ映画を観て、お互いに良かったシーンを言い合い、盛り上がったこともあります。

交際してから2ヶ月で、初めてのキスもしました。

最初は軽く触れ合うぐらいのキスが、だんだん深くなってきて、更に1ヶ月たった時には、デートの度にディープキスをしていました。

自分が大人の女性になれたような、不思議な気持ちでした。

が、彼はそれだけでは満足しなかったみたいです。

「続きは、いつできるの?」

って聞いてきたんです。

続き?続きって何?と、思ったら、彼が耳元でセックスのことだと言うんです。

私は、急にドキドキしてきました。

 

・混乱

私だって、セックスがなにかわからないというわけではありません。

でも、中学生と高校生でそんなことしていいのか、私にはわかりませんでした。

そこで、彼に今すぐはできないと正直に告白したんです。

やっぱり、怖かったし、うまくできなくて嫌われたらどうしようと悩むようになったんです。

でも、それからというもの、彼の態度が急に悪くなってきたんです。

いつもだったら、登校途中に会うと笑顔で手を振ってくれたのに、わざと無視するようになってしまいましたし、デートにも誘ってくれなくなりました。

きっと、彼を怒らせたのだと思い、私は落ち込みました。

やっぱり、彼の言う通りセックスをした方がいいのかな。

したら、嫌われないのかな。

それとも、このまま別れた方がいいのかな。

なんてことを毎日のように考えていました。

さりげなく友達に彼とエッチしたのかと聞くと、ほとんどの子はエッチ未経験でホッとしたのですが、なかには経験したという子もいて、気持ちよくはなかったと言ってました。

でも、しないと嫌われると言った言葉に、私はやっぱりしないとダメなんだとますます焦っていったのです。

この時に、その友達から言われたのは、自慰の経験でした。

「オナニーしたことないと、辛いよ」

と、言われて私はオナニーという言葉を初めて知ったのです。

 

・彼からの誘い

オナニーの意味もよくわからないまま、数日がたった頃、彼から家に来ないかと誘われたんです。

私としては、彼とやっと仲直りができると思ったので、喜んで行きました。

彼も、この間はごめんて謝ってくれて、私はホッとしました。

でも、続く言葉に再び固まったのです。

「アソコ、見せてよ」

指で下半身を差され、私は真っ赤になりました。

嫌だと言うと、彼は土下座して見せるだけで良いからと言うんです。

私は、あんまり必死に彼が頼むので、見せるだけならと、つい言ってしまったのです。

もし、ここで嫌だと言ったら、きっと嫌われる。

そう思いました。

そこで、私はスカートをまくり、下着を下ろすと彼にその中を見せました。

「ベッドに座って、足をちゃんと広げてよ」

言われて、私は泣きそうになりながら足を開きました。

すると、やたらと彼が生唾を飲み込む音が大きく聞こえて、私はたまらなく逃げ出したくなりました。

「お前、毛が薄いんだな。スッゲー、生で初めて見た」

間近で彼が喋る度に、彼の息がアソコに当たって、なんだかとても変な気持ちになりました。

ムズムズするような感覚です。

すると、彼がいきなり自分のジッパーを下げると、おチンチンを取りだし、激しくしごき始めたんです。

唖然として見ていたら、白い液体が飛び散りました。

それ、何?と聞くと、彼がオナニーと答えました。

そして、私にもやってみろと言うんです。

私は、よくわからないまま、彼が見ている前で自分のアソコに指で触れました。

「あっ。変な感じがする」

「もっとこうしてみろよ。気持ちよくなるから」

彼が私の指をつかんで動かしました。

私は、気持ち良いと思う反面、彼に見られていると言う恥ずかしさもありました。

彼のギラギラとした眼差しに、私はたまらなく感じてしまいました。

そして、気がつくとビクッとして、トロッと染み出るような感覚がしたのです。

「気持ち良いだろ?」

彼に言われて、私は恥ずかしいと思いながらも頷きました。

その気持ちよさが忘れられなくて、私はそれから毎日のようにオナニーをしていました。

時には、彼の部屋でお互いに見せ合いながらする時もありました。

でも、初めて自慰をした時の記憶は今でも生々しく覚えています。

彼に見られながらするなんて、思い出す度にドキドキしてしまい、今でも私の身体を熱くします。

-初めてのオナニー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

小5の夏、アトピーで痒くてアソコを擦ってたら

「自慰(オナニー)初体験の話」 それは小5の夏のことでした。 僕は幼い頃からアトピー性皮膚炎を患っており、たびたび局部を含む、体の汗が溜まりやすい箇所がよく痒くなって、掻きむしっていました。 オナニー …

no image

自分の性器の形が気になる小学生時代。クリトリスをいじる

■オナニーの最初は快感の発見 どんな人でも一度は自分の性器をついつい弄ってみたことはあると思います。 一度触ってみたところ、「あれ?こうしたらちょっと気持ちいいかも」と思い始め、そのまま触り続けてみる …

no image

深夜放送の視聴が初自慰のキッカケだった。

私が小・中学生の頃は今のようにエロ動画が巷に溢れておらず、エッチな情報すらあまりない環境でした。 小学校で性教育を受けてはいたものの、具体的な事はわからない。 でも女性の裸には興味があり、本能的に女体 …

no image

同じクラスの男子がハマったのは自慰報告

【女子の性の目覚め】 私の周りでは、男子より女子の方が性に関して夢中で情報収集をしていた気がします。 小学4年生の頃には、私も自慰を覚え(当時は自覚がないまま)学校に行けば、誰かが親の本をコッソリ持ち …

no image

女子高校生の制服にあこがれてセーラー服オナニー

『自慰行為をすると成績が下がる!?』 初めての自慰行為は、僕が高校受験を控えた頃のこと。 僕はラジオを聴きながら、受験勉強に精を出していたら、ラジオでエッチな話が始まりました。 想像をふくらませた僕の …


    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。