えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

初めてのオナニー

初めての自慰は、コタツの中で気持ち良かった

投稿日:

性欲がなかった中学2年生

僕は、関西に住んでいる40歳の男性です。

現在の趣味と言えば、「アダルト動画」の鑑賞になります。

性欲が強く、毎日でもエッチがしたいほどスケベです。

そんな僕は、中学2年生の冬まで性欲はほとんどありませんでした。

女性に興味がなく、好きな野球に打ち込んでいました。

周りの男子は、エロに目覚めて「本」や「DVD」などを見る感じです。

当時、関西ローカルで深夜に放送されるエッチな番組がありました。

クラスメートは、それを見て話題にして盛り上がる事も。

しかし、僕は、深夜であったため見た事はなかったです。

当然、一人で行う「自慰行為」も方法は知らなく意味も分かりません。

僕の同級生の中には、小学4年生で始めた人もいたようです。

この男子は、ほぼ毎日自慰をしていたらしく性欲が強いと思われます。

そんな僕が、中学2年生の冬に、初めて自慰行為を行う事になります。

今思い出しても、不思議で気持ち良かった印象です。

性欲がなかった僕が、性に目覚めた感じの出来事です。

自慰イコール、気持ち良いと、いった感じで今も忘れません。

「白い液体は、一体何なの?」と、

驚いた瞬間と言えます。

その時の体験を紹介するので、最後まで読んで下さい。

 

野球部の先輩に教えてもらう

僕は、中学時代、「野球部」に入って放課後練習に明け暮れます。

時間にして2時間ほどで、軟式野球は楽しい感じです。

練習後は、坂道を下りて家へ帰るだけです。

そんなある土曜日、練習の最後のランニングが終わります。

監督の先生が少し話をして、車に乗って帰りました。

2年生の僕たちは、グランドから着替えの服置き場へ行こうとした時です。

1人の3年生が、2年生数人に声を掛けます。

「おい。みな集合」

僕を含めた2年生5、6人は、この3年生の所に集まります。

ちなみに、この先輩は、後輩からあまり好かれていない3年生です。

過去には、練習後、2年生の僕たちを集めてシゴキ的な事をさせられた事があります。

フェンスまでダッシュさせられて、その後うさぎ跳びなど、

イヤな先輩の1人です。

この先輩が、僕達2年生に、

「今日、家に帰ってアソコを握って前後に動かしてみろ。」

「先から白い液体が出て来るからな。」

「それじゃあ、解散」

と、こんな事を言って来ました。

僕は、意味が分からなく軽く聞き流す感じです。

「なんのこっちゃ。」

僕は、心にそう思い服を着替えて家に帰りました。

家に着くと、コタツに入ってテレビを見ています。

時間は、4時ぐらいでお笑い番組に夢中になっていたと思われます。

 

初めてアソコを弄る

僕は、元々テレビが好きでバラエティーを中心に見る感じです。

寝転んでいた僕は、ふと3年生の先輩が言った事を思い出します。

「アソコを握って動かしてみろ。先から白い液体が・・・」

僕は、その言葉が頭に残っていたらしくコタツの中でズボンを脱ぎます。

そして、続けてパンツを下に下ろします。

お笑い番組を見ながら、僕はアソコに手が行きます。

片手でアソコを握り、先輩が言った前後に動かす行動を自然としている感じです。

この時、まだアソコは柔らかく勃起はしていません。

アソコを握った手で、少しずつ動かすと何だか気持ちがいいです。

「何、この感覚は?」

僕は、続けて手を動かすと快感が続いて行きます。

「なんか気持ちいいな。」

この時になると、アソコは固くなり勃起全開といった感じです。

しかし、僕はまだこれを自慰行為という事を知りません。

先輩に教えてもらった事を実行しているだけで、快感を求めている感覚はない状態です。

アソコを動かす度に、全身に気持ち良さが走る感触は初めて体感する快感です。

時間にして、約20分ぐらい経過しています。

コタツの中では、アソコを動かし「変」な気分になっている僕。

 

白い液体が本当に出た

僕は、当時まだ白い液体というモノも見た事はありません。

自慰行為を早くしていた人は、「精液」という事を知っています。

ウブで性欲がなかった僕にとって、液体は不思議な存在です。

そんな僕が、アソコを動かして今自慰行為に夢中になっています。

気持ち良さと行動に、「罪悪感」もありません。

パンツを下ろしてから、約30分ぐらい経った頃、体に異変が起こります。

「ピリリ。」

全身に電流のような刺激が走り、次の瞬間アソコから白い液体が出て来ました。

液体は、飛び散る感じではなくドロっと、アソコの先から出て来たようです。

「何、これ?」

僕は、白い液体が出た瞬間、そう思いコタツの中でアソコ付近を眺めています。

「本当に、出た。」

僕は、中学2年生になって初めて自慰行為をしたようです。

いわゆるオナニーを行い、気持ち良くなってしまいました。

その夜は、何もなかったように家で過ごします。

それから、初めての自慰行為が忘れられなく「1週間に3回」のペースでアソコを動かす事に。

僕は、高校生2年生になると、初体験も経験しますが、

この自慰行為があったから、女性と経験出来たと思っています。

-初めてのオナニー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

エロ本と下着を拾った中学生。はじめてのオナニー体験

・初めてエロ本を手にした私 中学2年生の私は、当時14階建てのマンションの最上階に住んでいました。 朝はエレベーターがなかなか来ないので非常階段で1階まで下りて通学していました。 この年になると女性の …

no image

初めてのオナニーは小学生、教室で鉛筆でシコシコ少女

オナニーしているという自覚 初めてオナニーをしたのはいつか、明確には分かりませんが覚えているのは小学校に上がってからだと思います。 でも話によると赤ちゃんや幼児でも、性的な意識はなくてもただ単に「気持 …

no image

男子の初オナニーのきっかけは学校の先生が定番

男性が大人になる過程で必ず訪れるのが精通というもの、朝起きた時思いもよらない形で射精していたり、もしくは勃起から思わぬ刺激が加わったことで射精するなんていろいろなパターンがあります。 至って健全な証拠 …

no image

両親のセックス声をおかずに毎晩オナニーしていた中学生時代

オナニーを始めたきっかけ 私が初めてオナニーをしたのは小学4年生の時です。 まだ、オナニーと呼べるほどではありませんが、夜な夜な膨らみ始めたおっぱいを触るようになりました。 小5の時にはおっぱいを触る …

no image

中学生のころ、初めての自慰行為は初エッチより気持ちが良かった

・朝一から悶々として・・ 男性に生まれてきた以上、ある一定の年齢に達すれば、自然と射精という生理現象に行きつきます。 私の場合、それは中学1年生の時に訪れました。 その日は、朝から妙に悶々としていまし …

    お問い合わせ等なにかありましたらこちらからお願いします。
    サイト管理者様で相互リンクしていただける方お待ちしています。