えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

当サイトはオリジナル体験談、創作体験談が混在しています。把握したうえで閲覧お願いします。

高校生(JK)初体験・初えっち

高校入学後、部活のヤリマンマネージャーとヤれた話

投稿日:

●おねえさん

私の初体験の相手は16歳の時。

正直なところあまり女性にも興味なかった時ですが、たまたま高校入学してから2つ年上の部活動の女子マネージャーでした。

噂ではいろいろな男性とやりまくっていると言うことで、付き合うのは大変だがエッチをさせてもらえるなら最高の女性というのが噂でした。

もちろん私は全く関係ないものと思っていましたが。

身長が高く、今考えると本当にスタイルも良くて

18歳と思えないような色気を持っていたと思います。

 

●お姉さんのアプローチ

そんなお姉さんと私がお近づきになったのは夏の合宿の事でした。

噂では、いろいろな男と付き合って今は年下の男を募集中とのこと。

それでも私は全く自分自身が対象外だと思っていましたが、夜洗濯をしているとお姉さんが手伝ってあげようかと突然私の腰に手を回してきました。

 

●思いもよらぬ初体験

そんなお姉さんから似たようなアプローチが何回かあったのですが、私自身初体験となったのは部活動が終わって後片付けをしていた部室でのこと。

今考えるとお姉さんは私を待ち伏せしていたのだと思います。

まだまだ夕方で明かりが必要のないような状態でお姉さんが突然私に

「まだ、女の子とエッチしたことないんでしょう。私が今日教えてあげるからちょっと残っていく?」と誘いをかけてきます。

私自身この展開が読めていたので恥ずかしながらもこくりとうなづき、なすがままになろうと思いました。

 

●こんなに気持ちいいなんて

部室に置いてあったソファーに座り、お姉さんが私にキスをしてきます。

最初は唇をアマガミされるように、そして少しずつお姉さんの柔らかい舌が、私の口の中に入ってきます。

私もお姉さんがしているようにやり返そうと思いますか、「無理しなくていいわよ」と言うのでとりあえずなされるがままにしました。

お姉さんが今度は私の耳を優しく舐め上げてくれるようになります。

人生ではじめての事だったのですがこんなに気持ちいいなんて。

そして耳の穴をお姉さんの柔らかい舌が塞ぐたびにこちょこちょと言う音が聞こえて足っとする快感と自分自身が辱められていると言うことでもう爆発しそうになりました。

 

●クライマックスへ

このようにキスと耳を舐められるだけで私自身はもう絶頂に達しようとしていました。

もちろんのことながらあそこも爆発寸前な位大きくなっています。

私はまだ服を着たままでしたがお姉さんが下半身に手を伸ばしズボンの上から私のアソコを触ります。

「かわいいよね。まだ私の体も触っていないのにこんなに大きくなっているなんて。嬉しいわ。じゃあちょっとだけ私の体も触ってみる?」と私の体を自分の乳房に持っていきます。

彼女はいつの間にか上半身ブラジャーだけの状態になっています。

私がブラジャーの外し方がわからないので、自分自身でブラジャーを外してきれいなピンク色の乳首を見せつけてくるのです。

もう私はこの時点で我慢できず、片方の彼女の手が私のアソコを一瞬いじっただけで、射精してしまいました。

お姉さんも、「もったいないもう1回出しちゃった」と残念そうに言いながらも、「まだまだできるわよね、もっと気持ちいい事してあげるから大丈夫、任せておいて」と今度はソファーに座る私の下半身を完全に裸にし、一度射精してしまった私のあそこを精子を舐めあげるようにすべて出尽くしてくれます。

人生でこんなに気持ちのいいことがあるのかとこの時には驚いてしまいました。

そして、いちど射精してしまったにもかかわらず私のアソコは一瞬でまた大きくなっていきます。

さすがに自分でも驚きました。

自宅でオナニーをしょっちゅうしているもののこんなにすぐ復活することなどなかったからです。

 

●お姉さんのあそこに

そして、「今度は私も楽しませてね」と姉さんは私に耳元で囁きながら片手でアソコをしごきます。

またいやらしい口をまたあそこに持っていきながら囁くわけです。

そして、私が爆発するのをもったいないかのごとく、ソファーに座っている私にまたがってはじめての女性を体験します。

あれっと思ったのはコンドームをしていないことです。

でももう理性が飛んでいてそんな事はどうでもよかったです。

もちろん私に主導権はなくお姉さんは自分で腰を振りながら私の手を乳房に持っていき、触って欲しいとおねだりをします。

そんなお姉さんの顔を見ていると気持ちよさそうな表情、そして時折漏れる喘ぎ声にまたまた私は大興奮です。

1回射精してしまったことが良かったのか、それなりにお姉さんとの挿入時間は頑張れたのではないかと思います。

女性のアソコのあったかさやいやらしい音、そして時間が経つとともに濡れていく感触などこんなにエッチが楽しいものかと驚いた次第です。

そんなお姉さんとは1度きりでしたが感謝しかありません。

-高校生(JK)初体験・初えっち
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

高2でできた初めての彼氏。ファーストキスの後すぐに初えっち

・高二で初めて彼氏ができた 私が初めてエッチしたのは、高校2年生の時です。 周りの友達がみんな高1くらいで経験していくのに内心焦っていました。 でもなかなか彼氏もできずにいました。   そん …

no image

高校生の初えっちは、フェラと騎乗位で昇天する

高校で付き合った彼女は、中学の後輩だった 今から7年ほど前、高校2年生の時、童貞を卒業して男になった思い出があります。 当時の僕は、バレー部に所属していて普通の選手として頑張っていました。 通っていた …

no image

カラオケ合コンでの出会い。年下高校生と初セックス

カラオケ合コンでの出逢い 当時わたしは都内の高校に通っていました。 他校の友人も多く、様々な出逢いがありました。 そんな中の1つに4対4のカラオケ(合コンに近いかもしれません。)を彼女達が家から近い様 …

no image

高校生3年生で遅すぎる性の目覚めから初体験までの頑張り

性への目覚めと現実 私が本格的に性に目覚めたのは、高校3年生という同年代に比べると遅い時期でした。 それまでは異性に別段興味もなく、人付き合いよりもひたすらテレビゲームに没頭する学生生活を送っていまし …

no image

【高校生】痴漢の恐怖を乗り越え初めての彼と初体験

私の高校生のときの初エッチの体験談をご紹介したいと思います。 私は初エッチに至る前に痴漢にあったことで、ものすごくそういうことをするのに抵抗というか、恐怖が植え付けられてしまいました。   …

お問い合わせ

個人で運営しているブログです。

お問い合わせ等ありましたらメールアドレスまでお願いします。

tokky.adult@gmail.com