えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

当サイトはオリジナル体験談、創作体験談が混在しています。把握したうえで閲覧お願いします。

近親相姦・家族・親戚

歳の離れた姉との初めてのオーラルセックスの体験談

投稿日:

私には歳の離れた姉がいます。

この姉が28歳で、私が高校1年の15歳の時に体験した思い出です。

両親が旅行に出かけ、その夜は2人だけで過ごしていました。

夕食は、勤めから帰って来た姉が用意してくれました。

ちょうど季節は初夏で、姉が食事をテーブルに並べてくれている時、ざっくりとした部屋着の胸元から、姉の胸の谷間が見えました。

高校1年生と言えば、頭の大きな部分にエッチな想いが常にあり、それ以降、食事の時もドキドキとし、色々と想像が膨らみ、下半身は勃起していました。

そして食事も終えて、就寝前に風呂に入る時間がやって来ました。

姉は先に入ればと勧めましたが、生半可な返事をしてぐずぐずしていると、「じゃー私が先に入るね」と浴室に向かいました。

脱衣場で姉が全裸になりつつあると思うと、いてもたっても居られなくなり、いつの間にか、脱衣場のドアの隙間から、姉の様子を隠れて見てしまっていました。

のぞいた時には、姉はパンティーを下ろしてまさに全裸になるタイミングでした。

ぷりっとしたお尻と、白い肌に陰毛が見え、鼻血が出るかと思うほどの興奮で、自分のものはそそり立っていました。

 

興奮は収まらず、こっそりと脱衣場に入り、姉の脱ぎ捨てたパンティーを手にし、その匂いを嗅いでしまいました。

そして浴室のガラス戸に映る姉の姿を目を凝らして、見続けていました。

ドアのガラスは模様ガラスで、内部がスッキリと見えない事が、さらに想像を掻き立てました。

そうしていると、突然浴室のドアが開いたのです。

お互いに驚きの声を上げ、次に姉は「エッチ!そこのヘアブラシ取って!」と言って、ドアを閉めました。

私は覗き見している事を知られた事で、興奮が収まらない上に、新たにドキドキとする要素が加わり、理性が働かない状況に陥っていました。

すると再びドアが開き、私が差し出したヘアブラシを受け取り、「健ちゃんも入れば!」とあっけらかんと言ったのです。

驚き、どぎまぎしていると、「小さい時にはいつも一緒に入っていたんだから!見たいんでしょう~」と、追い打ちを掛けて来ました。

頭が真っ白になりつつ、私は衣服を脱ぎ捨て、浴室に入りました。

自分のものはそそり立っており、それを見られないように下腹部をタオルで隠し、腰を曲げて入りました。

しかし姉はすぐにその状況を見破り、「大きくなってるのね~、お姉ちゃんが品定めてして上げる!タオルをとれば!?」とクスクス笑いながら声を掛けたのです。

タオルをとると、そそり立つものが腰かけた姉の顔の前にむき出しになりました。

姉は「結構立派ね!」と呟くと、私のものを掴み、有無を言わさず口に咥え込んだのです。

舌で亀頭の反り返った部分を舐め、口に咥えてピストン運動を繰り返し、手でもこれでもかとしごきました。

「ああ~、んん~」と苦悶の表情をして発射をこらえました。

その様子を見ていた姉は、「じゃ~、今度は健ちゃんにいいもの見せてあげる!」と呟き、股を開いて陰毛の下のピンク色の花弁を開いて見せたのです。

「女の子の身体、知ってるよね!?」と姉が質問した事に対し、「写真で見たけど、実際は初めて」と消え入るような声で返事をしました。

すると姉は「ここがクリトリス、ここが花芯でここに入れるのよ!」と指でまさぐりながら教示してくれました。

そして「触ってもいいよ!」と誘いを掛けて来たのです。

 

興奮で発射しそうなのをこらえつつ、指でクリトリスを撫で廻しました。

「ああ~気持ちいい!勃起してるでしょう!」と呟き、手で花弁全体をこする事を命じました。

命じられるままに手コキを繰り返すと、ピチャピチャと嫌らしい音ばなり始め、同時に姉は「ああ~ああ~気持ちいい~」と喘ぎ始めました。

そして指を花芯に入れる様に指示しました。

私は震えを感じながら、中指をゆっくりと姉の花芯に挿入しました。

姉は「どう~あったかいでしょう!?かき回してもいいよ!」とうっとりとした目でこちらを見ながら呟きました。

そして次に「舌で舐めて~」と甘えた声で呟きました。私は舌で花弁の中を舐め上げ、舌をすぼめて花芯を突きました。

「そうよ!そうよ~」と上擦った声で小さく叫び、私の頭を自分の下腹部に押し付けました。

「ああ~気持ちいい~入れて欲しい!」と叫び、続けて「でも駄目!健ちゃんは弟だもの!」と自分に言い聞かせるように呟きました。

私も我慢できず、姉の花芯にそそり立つものを挿入しようとしました。

すると「駄目!」と自分のものを手で塞ぎ拒絶し、代わりに自分の口で再び咥え込んでくれました。

そしてフィニッシュに向けて激しくしごいてくれました。

私は我慢できなく「ああ~出る!出る!」と叫んで、姉の口の中で発射してしまいました。

大丈夫かと姉を見ると、口元から少し私の白い体液を漏らしながら、「ああ、美味しい!」とごっくりと大量の白い体液を飲み込んだのです。

少しぐったりとした後、姉は私の萎え始めたものを、シャワーのお湯で綺麗にしながら、「今夜の事は2人の秘密だからね!」と強く念押しをしました。

見た事のあるAVでは、姉と弟のこうしたシチュエーションでは、最後まで行くのですが、やはり近親相姦は駄目だと言う理性が働き、姉は最後まで許してはくれませんでした。

しかし童貞であった私にとっては貴重な体験で、これで好きな女の子とエッチする時が来ても、どぎまぎせずに済むと自信を持つ事も出来ました。

姉はその2年後に結婚して自宅を去りました。

私もすでに結婚していますが、2人にとって一度限りのエッチな体験でした。

-近親相姦・家族・親戚
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

お兄ちゃん大好き巨乳JKが癒してあ・げ・る

【妹の日常とスタイル】 来春から大学生になる妹(18才)は、家では全く格好を気にせず下着でいることがあり、部屋ではTバックでいることがあるようだ。 そして、胸が大きい。 男にはたまらないスタイルだ。 …

no image

禁断の関係。姉と結ばれた熱い夜。

・僕から見ても超セクシーな姉貴 僕の姉は19歳。 1つ年上の女性だ。 幼い頃は、すごくやんちゃ近所のいじめっ子から僕を守ってくれる程に強かったお女の子。 でも、高校を卒業してから大學に進み、すごくセク …

no image

かわいい妹と体の関係になるまでの馴れ初め

・少女から女性になった妹 俺19歳。 今、大学1年生。 俺には1つ年下の妹がいる。 幼い時から俺にくっついて後ろを歩いていた妹は、今では高校でミスキャンパスに選ばれるほどにきれいになった。 あどけなさ …

no image

甘えん坊な妹が両親不在時に兄とえっちなこと

・優秀な兄と、落ちこぼれの私 私には、二つ上の兄がいる。 兄の性格は、真面目で、勤勉。頭が良くて、成績はクラスで、常にトップクラス。 また、小学校から、剣道をしていて、中学や高校に上がると、大会で入賞 …

no image

兄のエロ本で隠れてオナニーをして本を汚した事件

・ヤンキーの兄 僕には2つ上の兄貴がいました。 普段から仲が良く、一緒に遊んで可愛がってもらっていました。 高校に入ると兄貴はグレてしまい、悪さをして何度も両親が学校に呼び出されていました。 僕が高校 …