えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

当サイトはオリジナル体験談、創作体験談が混在しています。把握したうえで閲覧お願いします。

巨乳

初心だった巨乳の熟女を淫乱な熟女へと調教

投稿日:

■ポッチャリタイプの巨乳へのアプローチ

地方の田舎町に勤務していた頃に、夕食に通いつめていた個人経営の居酒屋がありました。

軽くビールは飲みますが、食事がメインの目的です。

それを知っていた居酒屋のご主人は、作り置きの総菜をサイドメニューとして、メインの料理はメニューには関係なく日替わりで作ってくれました。

そんな心遣いが嬉しくて、その居酒屋の常連になったのです。

その居酒屋にはポッチャリタイプの30代後半の女性店員がいました。

その女性店員は、いつも大きめのざっくりとした服を身に付けていました。

しかしそれは巨乳である事を隠すためである事に気付きました。

彼女が何かの拍子に身体をねじった時に、ざっくりとしたセーターが身体に巻き付くようになり、巨乳である事が見て取れたのです。

30歳の私にとっては、少し年上で、かつ巨乳の彼女は大好きなタイプで、その日から意識しだし、それとはなしにモーションを掛け始めました。

それを知ってかしら知らぬでか、ご主人は「優しく気立ての良い子なんだけど、誰か良い相手はいませんかね」と軽口を叩いたりもされていました。

 

■巨乳の彼女との初デート

ある夜、残業で遅くなり、閉店間際のいつもの居酒屋に駆け込み、食事を急いで済ませました。

私が最後の客で、彼女が上がると言うので、軽く一杯どうですかと誘いました。

彼女は素直にこくりと頷いてくれました。

すでに遅い時間で、居酒屋から200m程度離れたスナックに出かけました。

薄い水割りを飲みながら、たわいもない話をし、カラオケを歌い、デュエットも楽しみました。

そんな話の中で、彼女がFカップで、巨乳に劣等感を持っている事を知りました。

巨乳には頭が良くない人が多いと言う印象があり、また男性からは巨乳ばかりに関心を向けられる事も嫌だと言う事でした。

それから、何度か同じようなデートを重ね、ある夜彼女のマンションの部屋で初めて結ばれる事になったのです。

 

■初めての巨乳の彼女とのエッチの感想

少し飲み過ぎた彼女を送り、よくある送り狼として、彼女を抱きしめ、ついにものにしたのです。

セーターを脱がせるとFカップの巨乳がブラジャーからこぼれ落ちんばかりで、むしゃぶりつきたい感情に襲われました。

焦る気持ちを抑えて、全裸にし、巨乳にむしゃぶりつきました。

少し大きめの乳輪はピンク色で、その先につんとした乳首があり、巨乳であると共に美乳でもありました。

巨乳を掴み、乳輪や乳房を舐め廻し、大きな両方の胸に顔を埋めたりして巨乳を満喫いました。

彼女はそそり立つ私のものを巨乳に挟み、パイズリをしてくれました。

フェラとも異なり、手コキとも異なるその感触は最高でした。

お返しにクンニをたっぷりとしてやりました。

ポッチャリタイプの巨乳の女性は淫乱だと言う先入観がありましたが、彼女はそれほど淫乱とは言えませんでした。

彼女の花弁を舐め上げ、クリトリスを舌で転がして硬直させ、指を花芯に入れてゆっくりと撫でてやりました。

彼女は「ああ~あああ~ん~」と喘ぎ声を上げつつも、少し顔を赤らめて「ああん~はずかし~」と喘ぎつつも恥ずかしさを見せる初心な反応でした。

その夜はいくつかの体位で彼女を攻めたて、巨乳の揺れるさまを堪能し、終えました。

乳房の反応をそこそこですが、下の方は経験が少なく未開発だと感じられました。

そして、この少し初心な巨乳の彼女を淫乱な巨乳に調教してやろうと思いました。

 

■まずは潮吹きを経験させてやりました

何度か巨乳の彼女とベッドを共にし、彼女にある夜、潮吹きの経験があるかと尋ねてみました。

そんなのないはと少し顔を赤らめ返答しました。

女性の半数近くが経験している潮吹きが未経験と言う事は、やはり気絶するほどの絶頂を体験した事がないのだと、益々淫乱な巨乳にするやりがいがあると、なぜか変に意欲が高まりました。

そして優しく巨乳を愛撫し、さらにその手を下腹部に滑らせたっぷりと愛撫し、クンニを徹底してしてやりました。

巨乳の彼女は眉間にシワを寄せて、今まで上げた事もない大きな声で「ああ~ああ~んん~いや~いく~いく~」と叫び次に「ああ~出ちゃう!あ~」と叫び私の顔面に向けて潮を吹きました。

ぐしゃぐしゃに濡れた顔で、彼女の花弁と花芯にクンニを繰り返し、彼女を昇天させました。

こうして第1目標の潮吹きの経験をさせました。

 

■人が変わったように淫乱な巨乳に成長

こうして巨乳の彼女の性感を解きほぐし、淫乱な熟女らしい反応が出来るまでに開拓してやりました。

それと共に、武器の巨乳でのパイズリ以上にフェラチオで男性を喜ばせるポイントとテクニックを手ほどきし、次第に淫乱な熟女にしていきました。

こうして1年が経過した時には、巨乳の彼女はその淫乱さが暴走した様に、巨乳を揺らしての騎乗位が大好きで、バックから深く突き立ててくれる様に尻を振って求め続けるようになりました。

そして一夜に何度も求め、私がボロボロになってベッドに倒れ込むまで延々とエッチに溺れるほどの暴走ぶりを見せています。

大好きな巨乳の熟女とのエッチは、単調な田舎町での生活を、楽しく夢のような生活に代えてくれました。

-巨乳
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

紙パンツ1枚で巨乳お姉さんのオイルマッサージが最高すぎる

45歳で外回りの営業に駆けずり回っているサラリーマンです。 車でとは言え、いろんなところを回るので結構大変で、40を超えてからというもの仕事終わりはグッタリすることが多くなりました。 そんな折にいい休 …

no image

Eカップのオッパイ、陥没乳首で乳輪はデカ目

・知り合いの女の子はEカップ 単に十代のEカップと聞くと、ボンキュッボンなモデルボディーを思い浮かべてしまいますが、単におデブちゃんの場合がほとんどで、今回書いた彼女も、御世辞でも 「スタイル良いね」 …

no image

Gカップの巨乳ギャルとの激しい一夜の体験談

■ギャルメイクのカメラ女子との出会い 写真が趣味の私は、雪の風景を写真に収めるために奈良を訪れていました。 定年退職し、自由な時間がたっぷりとあり、その日も1泊2日で奈良を訪れていました。 奈良公園周 …

no image

小学生高学年でDカップ。巨乳とともに歩む人生

いつから大きくなったか 小学生高学年の頃にはDカップはあったと思います。 その当時はそれが嫌で嫌で堪りませんでした。 クラスの男の子に服の上から触られることはしょっちゅう女の子からはからかわれいっぱい …

no image

巨乳熟女マッサージ師と濃厚すぎる一夜

■巨乳熟女との出会い 30代後半になった頃から、どうも体が疲れやすくなり、それからは頻繁に非エロなマッサージ店に通うようになりました。 近年、全国にも増えてきている30分や60分で数千円で宣伝している …