えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

当サイトはオリジナル体験談、創作体験談が混在しています。把握したうえで閲覧お願いします。

えっちな体験談

斎藤さんでパンツを見せたエロイプをした体験談

投稿日:

「斎藤さんでエロイプしました」

私は「斎藤さん」というアプリでエロイプしたことが一回だけあります。

まず、私は「斎藤さん」というアプリを使ったことがなかったのでどういうものなのか好奇心がありました。

そこで思い切ってアプリをインストールして電話をしました。

すると、30代の男性につながりました。

私は自分の顔がかわいくないというコンプレックスがあったので、グリーンのワンピースを着て脚だけを外カメラでうつしていました。

そして男性に「その脚にかかっている布は何?」と聞かれたので「ワンピースだよ」と答えました。

すると、男性は「じゃあそのスカートをゆっくりあげて」と言いました。

「スカートをあげるくらいなら」と思って私は少しずつゆっくりスカートをあげていきました。

そして太ももも少し見えるところで止めました。

すると、男性は「もっとあげて」と言いました。

なので私はさらにスカートをあげていきました。

太ももが完全に見えるくらいになると、その男性は「もっと。太もものつけねが見えるまであげて」と言ってきました。

なので、私は少し恥ずかしかったけれどスカートを太もものつけねまであげました。

すると男性は、小さな声で「あ」と言いました。

「一回果てたのかな」と私は思いました。

 

それからまた男性は、新しく指示をしてきました。

「それじゃあ少しずつ脚をひらいて」と言われました。

私はそれは少し恥ずかしかったけれど、「こんなかわいくない私でも性的対象として見てもらえている」ということが少しだけうれしくて、その言葉にしたがいました。

そして、少しずつ脚を開いたところで「もうだめ。これ以上はだめだよ」と言いました。

すると、男性は「いや、もっといける、もっといけるよ」と言ってきました。

それ以上脚をひろげるのは恥ずかし過ぎたけれど、私は頑張ってもう少し脚をひろげました。

すると男性は、「それじゃあ脚をひらいたところで少しスカートあげて」と言ってきました。

「なんだかどんどんエスカレートしてる。大丈夫かな。恥ずかしいな」と私は思いました。

でも、初めて男性といやらしいことをしているというおもしろさがあり、やめることができませんでした。

そこで私は脚をひらいた状態でスカートをあげていきました。

ふくらはぎが完全に見え、太ももも見えてしまい、私の水色の下着がはっきりと見えました。

すると男性は、「君のクリトリスはどこにあるのかな?」といやらしい声できいてきました。

私は自分のクリトリスの位置が分からなかったので「分かりません」と言いました。

すると男性は、「だいたいでいいよ。だいたいでいいからクリトリスを下着の上から指でさわって」と言いました。

私は、もう恥ずかしいのにたえられなくなってきていたので「それはできません」と言いました。

すると、男性は「できるよ。指でさわって」と言いました。

だから私は「それはできないよ」「恥ずかしすぎる」「許して」と言いました。

でも男性は「お願いだから指でさわって」と言いました。

だから私はもう一度「ごめんなさい。許して。それはできない」と言いました。

すると、男性はもうそれ以上要求はしないで許してくれました。

その体験は私にとってはおもしろい体験だったけれど、斎藤さんというアプリはアンストしました。

斎藤さんでエロイプする時には顔を見せず、外カメラですることをおすすめします。

そうすれば録画されたり拡散されても困りませんから。

 

「出会い系サイトで来たセクハラメール」

私は、寂しくなったり「最近毎日が楽しくないな」と思った時には出会い系サイトに登録します。

出会い系サイトは、安全なとこを選べばサクラも少ないしだまされることもない。

だから出会い系サイトに登録して、日記を書いたり人のプロフィールページに「いいね」を付けたりして楽しみます。

私は、エロイプしたり出会い系サイトをやったりはするけれど、じつは処女です。

いつもは出会い系サイトのプロフィールに処女なんて書かないけど、今回は何となく書いてみようかなと思ってつきあったことある人数のところに「0人」と書きました。

すると、時々セクハラめいたメールが届くようになりました。

「君 処女なの?あそこを指でひろげて大写しにした写真を送って」などのメールが届くようになりました。

私は、そういうメールはスルーしました。

そういうメールをしてくる男性はたいていアイコンを設定していなくてどんな人か分からなかったのでスルーしました。

 

「ツイッターでエロ写メを送った」

私はツイッターをしているのですが、まれに自分の加工した顔写真をのせます。

そうしていると、時々写メ要求をされることがあるのです。

あるアイコンがかわいいアニメの男の子から「写真をdmして」と言われたので、私は少しエロイ写真の方がいいかなと思って、お気に入りのブラジャーを付けた上半身の写真を送りました。

ブラジャーだけを付けたセミヌードです。

すると、その男の子から「色白い。ありがとう」という返事が来て少しうれしかったです。

-えっちな体験談
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

社長とのダブル不倫。旦那とは味わったことのない快感を知る

出会い わたしは、人妻です。 子供達もある程度大きくなったので、パートでもしようと、軽い気持ちで事務の仕事を探し、運良く受かり事務の仕事をすることができました。 でもそれはあの人の策略でした。 &nb …

no image

姉妹と関係を持ち3P、野外でセックス、パイズリ

現在、42歳の独身の男性です。 8年前の話ですが、3年間ほぼ毎週の金曜日と土曜日の夜19時から、友人がBARを経営始めて、人件費が勿体無いと言うことで自分が手伝いに行ってました。 自分は、カウンターで …

no image

小学生時代に通っていたピアノ教室の美人先生にドキドキ

私の家は特別お金持ちってわけではなかったのですが、なぜか小学校時代にピアノ教室へ通わされておりました。 私自身、音楽が好きってわけではないことと男子ってことで「何でピアノ教室なの」ってことで通う前は嫌 …

no image

LINEスタンプの誤送信から始まった人妻とのエッチな関係

28歳の男です。ある福祉関係のNPO法人の専従スタッフをしています。 先日、あるミスから、衝撃的な出来事に遭遇することになりました。 そのことについて書きたいと思います。   法人には、僕た …

no image

満員電車での痴漢プレイは最高に興奮。彼とのエッチな生活

彼との出会いについて。 わたしは、24歳の時にある会社で営業として働いていました。 毎日仕事に一生懸命働いている私でしたが、恋は全然出来ておらず、寂しい私生活を送っていました。 そんな時に、友達にコン …