えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

当サイトはオリジナル体験談、創作体験談が混在しています。把握したうえで閲覧お願いします。

えっちな体験談

斎藤さんでパンツを見せたエロイプをした体験談

投稿日:

「斎藤さんでエロイプしました」

私は「斎藤さん」というアプリでエロイプしたことが一回だけあります。

まず、私は「斎藤さん」というアプリを使ったことがなかったのでどういうものなのか好奇心がありました。

そこで思い切ってアプリをインストールして電話をしました。

すると、30代の男性につながりました。

私は自分の顔がかわいくないというコンプレックスがあったので、グリーンのワンピースを着て脚だけを外カメラでうつしていました。

そして男性に「その脚にかかっている布は何?」と聞かれたので「ワンピースだよ」と答えました。

すると、男性は「じゃあそのスカートをゆっくりあげて」と言いました。

「スカートをあげるくらいなら」と思って私は少しずつゆっくりスカートをあげていきました。

そして太ももも少し見えるところで止めました。

すると、男性は「もっとあげて」と言いました。

なので私はさらにスカートをあげていきました。

太ももが完全に見えるくらいになると、その男性は「もっと。太もものつけねが見えるまであげて」と言ってきました。

なので、私は少し恥ずかしかったけれどスカートを太もものつけねまであげました。

すると男性は、小さな声で「あ」と言いました。

「一回果てたのかな」と私は思いました。

 

それからまた男性は、新しく指示をしてきました。

「それじゃあ少しずつ脚をひらいて」と言われました。

私はそれは少し恥ずかしかったけれど、「こんなかわいくない私でも性的対象として見てもらえている」ということが少しだけうれしくて、その言葉にしたがいました。

そして、少しずつ脚を開いたところで「もうだめ。これ以上はだめだよ」と言いました。

すると、男性は「いや、もっといける、もっといけるよ」と言ってきました。

それ以上脚をひろげるのは恥ずかし過ぎたけれど、私は頑張ってもう少し脚をひろげました。

すると男性は、「それじゃあ脚をひらいたところで少しスカートあげて」と言ってきました。

「なんだかどんどんエスカレートしてる。大丈夫かな。恥ずかしいな」と私は思いました。

でも、初めて男性といやらしいことをしているというおもしろさがあり、やめることができませんでした。

そこで私は脚をひらいた状態でスカートをあげていきました。

ふくらはぎが完全に見え、太ももも見えてしまい、私の水色の下着がはっきりと見えました。

すると男性は、「君のクリトリスはどこにあるのかな?」といやらしい声できいてきました。

私は自分のクリトリスの位置が分からなかったので「分かりません」と言いました。

すると男性は、「だいたいでいいよ。だいたいでいいからクリトリスを下着の上から指でさわって」と言いました。

私は、もう恥ずかしいのにたえられなくなってきていたので「それはできません」と言いました。

すると、男性は「できるよ。指でさわって」と言いました。

だから私は「それはできないよ」「恥ずかしすぎる」「許して」と言いました。

でも男性は「お願いだから指でさわって」と言いました。

だから私はもう一度「ごめんなさい。許して。それはできない」と言いました。

すると、男性はもうそれ以上要求はしないで許してくれました。

その体験は私にとってはおもしろい体験だったけれど、斎藤さんというアプリはアンストしました。

斎藤さんでエロイプする時には顔を見せず、外カメラですることをおすすめします。

そうすれば録画されたり拡散されても困りませんから。

 

「出会い系サイトで来たセクハラメール」

私は、寂しくなったり「最近毎日が楽しくないな」と思った時には出会い系サイトに登録します。

出会い系サイトは、安全なとこを選べばサクラも少ないしだまされることもない。

だから出会い系サイトに登録して、日記を書いたり人のプロフィールページに「いいね」を付けたりして楽しみます。

私は、エロイプしたり出会い系サイトをやったりはするけれど、じつは処女です。

いつもは出会い系サイトのプロフィールに処女なんて書かないけど、今回は何となく書いてみようかなと思ってつきあったことある人数のところに「0人」と書きました。

すると、時々セクハラめいたメールが届くようになりました。

「君 処女なの?あそこを指でひろげて大写しにした写真を送って」などのメールが届くようになりました。

私は、そういうメールはスルーしました。

そういうメールをしてくる男性はたいていアイコンを設定していなくてどんな人か分からなかったのでスルーしました。

 

「ツイッターでエロ写メを送った」

私はツイッターをしているのですが、まれに自分の加工した顔写真をのせます。

そうしていると、時々写メ要求をされることがあるのです。

あるアイコンがかわいいアニメの男の子から「写真をdmして」と言われたので、私は少しエロイ写真の方がいいかなと思って、お気に入りのブラジャーを付けた上半身の写真を送りました。

ブラジャーだけを付けたセミヌードです。

すると、その男の子から「色白い。ありがとう」という返事が来て少しうれしかったです。

-えっちな体験談
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

野ションを若い女性に見せつける行為に興奮していたある日のこと

山菜取り 私は、神奈川県在住の男性です。 私は昔から山菜取りが好きで、子供のころから祖父に連れられて頻繁に山に行っていました。 山菜取りという趣味は社会人になってからも変わらず、30歳になった今でも定 …

no image

入浴中の裸を覗かれた。その犯人はまさかのお寺の尼さん

修行体験合宿で行ったお寺の尼さん 私は昔から人の役に立つことが好きで、大学時代様々なボランティア活動に積極的に参加していました。 海岸や河川敷の清掃作業や、高齢者への支援などの他、特に子供たちの支援に …

no image

若気の至りでバイト先の店長と中出しセックス。不倫関係に…

【バイト先の店長に憧れて…】 私が大学1回生、19歳の時の話です。 学費の足しにするため、授業のない時間はファミレスのアルバイトに力を入れていました。 特に深夜は時給が良いので、閉店作業のシフトにも率 …

no image

保健室の先生にセックスのレクチャーをされマネージャーと…

■保健室で・・・ 学生時代の部活の最中に接触してしまい、膝をすりむいてしまいました。 結構痛かったので、女性マネージャーと保健室に行って手当をしてもらうことになりました。 この女性マネージャーとは中学 …

no image

実録、変態彼女との忘れられない変態行為の数々

ドMな要求の数々 これは、出会い系サイトで知り合った彼女との変態すぎる体験談である。 彼女の名前はちひろ、カフェで働いている24歳のどこにでもいる女の子だ、彼女との出会いは出会い系サイトで、会ったその …