えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

熟女

親友のママに愛されてしまったプチっと年の差レズ

投稿日:

友達のお母さんについ興味持ってしまう趣味の変わった私

つい最近ぼーっとしているときに思い出した、かなりヤバイ思い出があります。

それを経験しているときには自分がイケナイことしている、いや、されているということに気付きませんでした。

怖いと思いながらも何をされているのかよく分からない状態でした。

自分も性に関してろくに知らないうぶな女子高生だったので…今思い出すと怖いことされていたのだなと思うのですが、小説のネタになりそうな感じの経験でした。

官能小説のネタに、ですね。

 

でもそういうヤバイことされるような人だったのかもしれません、考えてみれば。

されたい、と顔に書いてあったのかもしれません。

私は小さい頃から自分の親のことはあまり好きではなくても、周りにいる自分の親と同世代の大人や友達のお母さんに興味を持つことがありました。

どういう興味なのでしょうね、多分お話して甘えたい、そういう感じでの興味だったのかもしれません。

よく友達とお母さんを交換したいと思うことも小学校のときもありましたね。

 

今思うと女でありながら熟女好きなのかもしれません。

ただ、性的にではなくて精神的に、だと思います。

多分。

一応彼氏は14歳のときに初めてできたので、レズビアンだと思ってはいません。

バイかどうかは自分でも分かりませんが、ノンケだと言いたいところですね…

 

高校生のときに知り合った同級生のかなり若いイケてるママ

私の母親はごく平均的な年齢で出産しているので私が高校生のときには40代でした。

しかし仲が良かったクラスメイトのお母さんは10代で友達を生んだので30代前半、とかなり若かったです。

お姉さんという感じでしたね、外見も。

背が高く、髪も茶髪でクルクル巻いてあって短めのワンピースも似合っていました。

初めて宿題をやるためにその友達の家に遊びに行ったのですが、そのときが初めての出会いでした。

 

ちなみに軽い発達障害だったらしく、ときどき自分の言っていることややっていることが自覚できていなく、ちょっと危ない行動をしてしまうときがある、と友達が教えてくれました。

そう、その危ない行為を私にもやったのですよ、そのお母さんが。

 

二度目の出会いで友達のママにレズ行為をされた日

確か二回目にその友達の家に遊びに行ったとき、リビングに座ってケーキを食べていたのです。

部活帰りの友達は「さっき帰り道で転んでひざが汚れちゃったからシャワー浴びてくる」と、おやつを先に食べ終わったら言ってきたのです。

そして私とお母さんの二人だけになってしまいました。

ちょっと緊張していました、まだ二回目であまりお話したことがなかったので、何を話して良いのか分かりませんでしたし。

 

私の真隣の椅子に座ってきた友達のお母さんは、私の頭を撫でながら「髪の毛サラサラで可愛いわね、大人形さんみたい」と甘い声で言ってきました。

まるでアニメに出てくるような人でした。

「あ、ありがとうございます」と言った私は下を向いて黙ってしまいました。

 

友達のお母さんは私の顔を指でなぞり、「可愛いお顔見せてちょうだい」と言ってきてのぞき込んできました。

恐る恐る目を合わせたのですが、独特な目つきになっていました。

これが発達障害の人がときどき見せる表情なのかな、なんて知識もないのに勝手に思った瞬間でした。

と、そのときいきなり唇チュ!っとキスしてきたのです。

「あっ!!」軽く叫んでしまったのですが、「しーっ」と言われただけでした。

 

やがて私の背中に片手を回し、太ももにもう片手を置いたお母さんは私の太ももをさすってきました。

「可愛いあんよちゃんね、可愛い可愛い」とまた甘い声で言ってきたのですが、逃げたくても逃げられない状態でした。

 

スカートの下まで手が伸びてきたときには叫びたくなりましたが叫べませんでした。

手で私の大事な部分を触ってきたときには泣きたくなりましたが、「しーっ」とまた言われ、イイ子過ぎた私は黙り込んでしまいました。

無駄にイイ子だったのですよね、私って。

 

どんどん手が私の大事な部分の色々なところを触っていきましたが、そのとき、「ドン!」とシャワー室の扉が開いたのが聴こえたので、その瞬間お母さんはキッチンに逃げるように戻って平然を装いました。

私も冷や汗を必死で隠しました。

 

「どうかしたの?何でそんな変な顔してるの?」と無邪気に言ってきた友達でしたが、まさかあんなことをしていたなんて言えるわけがありません。

「お母さんとお話できて楽しかったよ、私のお母さんもあんなに若くて綺麗だったらよかったのに」と声を震わせながら言った私は、早めに友達の家を失礼したのでありました。

怖い思い出ですがあんなに美人で若いお母さんにあんなことされたのは初めてですし、今でもたまに思い出すときがあるのです、ドラマでお母さん役の人が出てきたときなどには。

 

話によるとあれから友達のお母さんは離婚して再婚したそうですが、今はどうしているのでしょうね。

友達とももう連絡とっていないので分かりません。

でも今でもときどき、あの日のようなことを別の美熟女さんと経験してみた、なんてまたまたイケナイことを考えてしまうときがあります。

-熟女
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

美魔女な熟女、バツイチ上司と飲み会後にセックスとその後

・登場人物 リカさん(40半ば)バツイチで、見た目は30代前半にしか見えない。 スタイルは良く、免許証を見るまでは実年齢を信じられなかった。 会社の直属の上司で残業やら出張やら外回り等で二人っきりにな …

no image

バツイチ美熟女のえろい体にたっぷり中だしした体験談

・ジムでの出会い 事務作業ばかりの仕事のせいかここ数年まったく運動らしい運動をしてこなかった僕は、学生時代に比べてかなり太ってしまいました。 鏡で見るだらしない自分の体に幻滅した僕は近所にできたフィッ …

no image

熟女と出会いからセフレに至った体験談。最近の熟女はキレイな人が多い

1.最近の熟女 少し前は熟女ときくと何となくおばさんのような女性が連想されていたが、最近では美魔女という言葉にもあるように年をとってもキレイな女性が増えたように思います。 また、TVや雑誌等でも美魔女 …

no image

熟女とのエロい体験。三十路を迎える独身男性と職場のアラフォー

もう直ぐ三十路を迎える独身男性です。 本当はもう結婚を考える年齢なのですが、既婚熟女にはまっていてなかなか結婚相手にちょうどいい女性との交際には至りません。 2年前に同学年の女性と付き合っていて結婚も …

no image

熟女の大家さんとのセックス三昧の目くるめく生活

■熟女の大家さんと懇意になりました 私が30歳前に転勤で地方の田舎町の工場勤務となりました。 殺風景な田舎町で、工場とアパートを往復する毎日で、退屈な時間を過ごしていました。 アパートは2階建てで8室 …