えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

当サイトはオリジナル体験談、創作体験談が混在しています。把握したうえで閲覧お願いします。

気持ちいいオナニーのやり方

10代の頃からオナニーを始めた女、気持ちいいオナニーのやり方

投稿日:2018年9月5日 更新日:

私が自慰行為と言うものに目覚めたのは、それこそ10代の終わり頃からでした。

当時の自慰行為という物は、男性経験がなかったこともあり、女性器の中に指を挿入したり、ものを挿入したりする事はなくて、女性器の周りやクリを刺激したり、その上、想像の世界を含ませて、雰囲気自体を楽しむといった感じでした。

なので当時の自慰行為で女性としての絶頂と言う事は体験する事は無かった気がします。

 

ところが、男性経験を重ねていくうちに私の自慰行為のやり方にも変化がありました。

今回は私は普段日常的にしている、気持ちがいい自慰行為のやり方の3をレポしたいと思います。

 

☆両手と指を使っての自慰行為。

一番シンプルな自慰行為としては、自分の手や指だけを使うものです。

このやり方は、旅先などでどうしても自慰行為をしたいと思ってしまった時にするやり方です。

自分の手と指だけを使うシンプルなやり方だと、お風呂の中でもこっそりと出きるので、私に限らず男性経験のある女性の人が一番する自慰行為のやり方だと思います。

 

まず、やり方はひたすら、想像の中で男性にレイプされている場面や、無理矢理に行為を迫られている場面を描きます。

想像ど同時に乳首をつまんでみたり、まずはパンティの上から三本の指で女性器を上から刺激を与えます。

じんわりと濡れてきたら、下着を脱ぎます。

そして次はクリを少し指で開いたり閉じたりして、刺激を与えます。

 

完全に女性器から愛汁が垂れてきたら、2本のユニを女性器の中に入れます。

指は中指と薬指の2本を使う事がベストだと感じてます。

女性器の中では指をこねるようにして、Gスポットに当てて、最終的にはいきます。

クリを同時に刺激する事で、更に絶頂状態が長くなるのですが、こっそりとしている自慰行為の場合は声が出すぎてしまうので、気をつけたいところです。

 

☆ラブグッズを使っての自慰行為。

私が一番気持ちが良くなる自慰行為の方法は、ラブグッズを使ってのものです。

ラブグッズは何種類か持っていますが、最初の頃は小さいローターを使っていました。

ミニローターは女性の生理用品のたんぽんくらいに大きさで、手の平にすっぽりと入るくらいの形です。

スイッチでオンとオフの切り替えがついているだけで、振動型でごくシンプルな動きをします。

かなり以前に購入をしたので、若干音が気になるのですが、女性が1人でする自慰行為の道具としてはシンプルで痛みもなくて、使いやすいと思っています。

 

また、最近に一番出番が多いのは男性器をリアルに再現した電動こけしです。

最近に購入したものは、かなりリアルな形をしている手動式で楽しむものと、完全に電動こけしとして自動で動くものの両方を持っていますが、時と場合によってその二つを使いこなしています。

リアルに男性を感じたいと思っている時は、リアルな男性器の手動式を使います。

シリコンタイプでできているので、中に挿入をした時に本当に男性器が入っている様な感覚に近いので、指でクリを刺激して、濡れた時点でシリコンタイプのものを挿入します。

 

あまり女性器が濡れない時はラブローションをつかいます。

媚薬系のラブローションはすべりもよくしますし、気分も高めてくれるので、媚薬ローションを使って、シリコンの男性器を入れて、自分のタイミングで自分の気分でピストン運動をさせると、私の場合は1~2分でいってしまいます。

また自分で動かすのが気分的に嫌な時は自動の電マを挿入させて、振動させます。

どちらにせよ、早い段階で絶頂を感じられる自慰行為となります。

 

☆鏡を見ながらリアルにする自慰行為。

これは特別な自慰行為ですが、出会い系のアプリやテレクラを使って、テレホンセックスを出来る男性を探します。

上手く相手が探せた時は、相手と通話しながら、鏡の前に行って、ラブグッズを使って、自分がしている自慰行為を全身鏡に自分の姿を写します。

相手にもその事を伝えると、物凄くお互いが盛り上がることができるのです。

ただし、相手が先にいってしまうと、通話を切られてしまう可能性があるので、その点だけは注意が必要です。

予め、通話を切らない約束を交わすことで、最後までお互いが気持ちよく自慰行為が最後までできると思います。

またその後の余韻を楽しめる点でも相手がいるほうが良いので、普段から身体の関係があるセフレとテレホンセックスをしながら自慰行為をする事が一番のベスト方法だと感じています。

 

女性の8割が自慰行為を継続してしていると言われているのですが、この手の話だけは女性同士の情報交換ができない部分であるので、なかなか進化した自慰行為に辿りつけないでいますが、現在私がリアルにしている自慰行為の3つのやり方です。

まだしたことがないやり方をしたり、新たなるラブグッズを使って更に気持ちが良い自慰行為をする為に日々情報と自分の性欲には敏感になっていたいと思っています。

女性は男性との行為が好きな様に自慰行為も大好きですからね。

-気持ちいいオナニーのやり方
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

匂いフェチでアナル好きの女のオナニーライフ

私は、自慰行為は、平日はほとんど毎日しています。 まあ自分は、フリーランスなので日常の私生活的にあまり付き合い的なことがないというか週末になるとアルバイトがあるいくらいです。 朝起きてまず自分は、リビ …

no image

幼稚園から20代になるまでのオナニー法は基本的に同じ!

初オナニーは幼稚園のとき、幼稚園でも休み時間にこっそりと 私はオナニーに目覚めた年齢はかなり早く、今でも覚えています。 もちろんオナニーするときのネタに関しては当時は全くなく、ただ単に気持ち良いことを …

no image

手軽にできる気持ちいいオナニーのやり方6選 男性編2017夏

こんにちは、今回は気持ちいい自慰行為のやり方男性編2017夏、ということで気持ちの良いオナニーの方法を考察していきたいと思います。 常日頃からの手淫オナニーに飽き飽きしている方の参考になればと思います …

no image

人妻は常に欲求不満!オナニーはテレホンセックスが気持ちいい

私は既婚者女性なのですが、夫との夫婦関係は年々減っています。 それは年数と共にするマンネリ化や、お互いへの身体に対する飽き。 お互いの事を子供の親としての意識が大きくなり、段々と性生活は出来なくなると …

no image

セックスより最高なオナニーはアダルト動画とプラスα

■再び自慰行為に目覚めた30代 中学生ぐらいから自慰行為に目覚めるのが普通で、私もその一人でした。 若い時は体力が有り余っているので、それこそ学校が終わってそのままオナニーに耽る日々を過ごした人も多い …