気持ちいいオナニーのやり方

自分の性癖を開放することが気持ちいい自慰行為への1歩

投稿日:2017年10月11日 更新日:

・自慰行為をする時について

あまりセックスをする機会から遠ざかってしまうと、自慰行為をしたくなります。

女性でも性欲はあるもので、しばらくセックスをしないと、なんとか満足を得ようと自慰行為に目覚めます。

私自身も彼氏がいないときは自慰行為をすることが好きで、毎日のように自慰行為をしていました。

 

・自慰行為が好きになると道具を揃えだす

はじめのうちは自分の指で入れたりするだけでも満足はできるのですが、ある程度自慰行為をしてくると、それだけでは満足できなくなってしまいます。

基本的には、指でいじりながら、妄想を膨らませて感じていくようにしていくのですが、何回も同じことをやっていると、だんだん飽きてしまい、マンネリ化が始まってあまり満足できないようになってしまいます。

 

それを避けるためには、道具を使うことが効果的です。

道具とは、例えばバイブです。

これを穴に入れながら感じていくことができるのです。

道具を使うと、両手があきますので、バイブで刺激をしながら両手で乳首や乳房をいじることでより気持ちよく感じさせることができます。

このように、自分の手以外の道具を有効に使うと、今までより感じやすくなります。

 

・気持ちいい自慰行為のために自分の性癖に会ったことをする

道具を使うことでも気持ちよくなれますが、そもそも自慰行為の醍醐味は自由な行為をすることができるということです。

セックスでは相手がいますので、自分の性癖を自由に押し付けることができません。

しかし、自慰行為は一人で行うため、どんな変態プレイであろうとも相手を気にすることなくプレイできるのです。

 

例えば、私の場合はMの性癖があり、汚されたり恥ずかしい思いをすると興奮してしまいます。

しかし、このようなことはなかなか彼氏には言うことができません。

自分の中で抑えておくしかありませんでした。

でも、自慰行為では相手の気持ちを気にする必要はありませんので、自由にやりたいことをすることができます。

 

私は恥ずかしい思いをすることが好きなので、とりあえずアイライナーで自分の顔に落書きをすることにしました。

まずは、額に肉と書いて眉毛をつなげて面白い顔にしてみました。

その状態で鏡を見ると、とても変な顔をした女が写っていました。

それは自分の顔なのですが、顔に落書きをするという恥ずかしいことをしている自分に興奮してしまいました。

 

その後さらに、鼻の穴を塗りつぶして鼻の穴を拡張させたり、ほうれい線やしわを書いたり、瞼に目を書いたりしてどんどんと間抜けな顔に仕上げていきました。

ただ顔に落書きをしているだけなのに感じてしまい、もう既に完全に濡れている状態でした。

これこそが私の性癖なんだと改めて実感することができましたが、この性癖が分かったので、それからの自慰行為はとても楽しいものとなりました。

・あまりにも自慰行為に夢中になると失態を犯す可能性がある

顔に落書きをして興奮をする毎日を過ごしていましたが、ただ化粧道具で顔に落書きするだけでは物足りなくなってしまいます。

だんだんエスカレートしていったのです。

それまではアイライナーで書いていたのですが、油性マジックで落書きをするようになりました。

油性マジックで誰かに落書きをされているというシチュエーションを妄想しているのです。

なかなか落ちない油性マジックで好き放題に落書きするという究極に恥ずかしい思いをすることで、私の興奮も最高潮に達していたのです。

そして落書きが完成すると、写メをとって保存していました。

この写真はもうかなりの数になっています。

ところが、こういった変態プレイが行き過ぎると、失態を犯してしまうことがありました。

 

例えば、友達に写真の見せあいをする場合です。間違えて自分の顔に落書きをした写真を見せてしまったのです。

このときは本当に焦りました。

でも友達は自慰行為の時に撮った写真だとは思うはずもなく、げらげらと笑うだけでした。

私も、罰ゲームで落書きされた写真だと言うことで難なく逃れることができました。

それでも、一歩間違えたら大変なことになってたかもしれません。

たまたま顔だけの写真を撮っていたからよかったものの、全身写真なら変態がばれるところでした。

 

もう一つは、体に落書きしてしまったけれど、油性だからなかなか落ちないという経験です。

お腹に顔を書いていたのですが、お腹は皮膚が柔らかいので、なかなか擦っても落ちないのでした。

必死に洗おうとしたのは、次の日に健康診断があるからです。

何度洗っても落ちないのでついに諦めてそのまま健康診断を受けることになってしまいました。

内科検診ではお腹を出さなければいけないので、この落書きを見せることになります。

当然ですが先生は吹き出してしまいました。

私は宴会芸で腹踊りをしてましたと笑いながら言いましたが、現実で恥ずかしい思いをすることはできる限り避けたいと思いました。

実際に変態がばれると生活に困ります。

-気持ちいいオナニーのやり方
-, , ,

執筆者:


  1. なつ より:

    同じ性癖の方がいらっしゃって嬉しいです。
    私もマヌケで情けない、恥ずかしい姿になることが好きで、
    よく顔に落書きやペイントをしてオナニーしています…。
    もちろんパートナーには内緒です…。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

人妻の私は生理前より生理後のほうがオナニーをしたくなる

私自身は40代の専業主婦です。 結婚歴は約20年になりますは、夫婦仲は割りと良いので、勿論夫の夜の営みも充分にあります。 しかし、夜の営みと自慰行為は全くの別物です。 どちからが気持良いかは愚問的なも …

no image

オナニーはやり方、オカズを変えるだけで快感が倍増する

・定番のやり方がある 男性なら、誰しも自慰行為をすると思いますが、その際、やり方が定着してしまいませんか? かくいう私もそんな一人で、毎回似たような自慰行為に終始していました。 私の場合、自慰行為をす …

no image

陰嚢をコックリングで固定しての気持ち良い自慰行為

●私が思いついた自慰行為方法(皮被り自慰でも可能) これは、あくまでも私個人が体験した出来事に過ぎません。 自慰行為をするに当たって、一段階上の快感を得るために、私が心掛けている事を紹介したいと思いま …

no image

【既婚者女】中学生から社会人までのオナニーのやり方変化

自慰行為が大好きな既婚者女性です。 私が自慰行為を始めたのは中学生の頃からでした。 現在は既婚者なので、以前と比べると自慰行為のやり方がかなりの変化がありますが、男性するセックスとは違い、自分のペース …

no image

自慰行為の快感の追求は男の永遠のテーマとなる

「自慰行為へのこだわりは」 男性に生まれたからには誰もが自慰行為の虜となります。 例え彼女がいたとしても結婚していたとしても女遊びが激しいとしても、自慰行為は日々の欠かせないルーティーンだったりします …

連絡先

何かありましたらTwitterのDM、もしくはメールにてご連絡お願いします。

tokky.adult@gmail.com

@hack_sao