熟女

可愛い人妻を調教して性奴隷に。熟女との濃厚プレイ

投稿日:

【出会い】

3年前に、ある食品工場で知り合った、人妻熟女との経験を語りたい。

彼女は、名前はM子といい、童顔で若く見え、俺より年上とは最初とても思えなかった。

全部で100人程度の小さな工場の、小さな部屋で、俺とM子は、野菜を切ったり、洗ったりそんな仕事をしていた。

部屋は狭く、人がすれ違うのもやっとという状態だった。

俺はM子の後ろを通るたび、M子の肉感的なお尻に、俺のペニスを軽く擦り付けた。

M子もとくに嫌がるそぶりはみせなかった。

 

【野菜倉庫で】

そんな風にして、数日が過ぎた。

一人で、新しい食材を探しに、野菜倉庫に取りに行ったが、ある場所がよくわからなかったので、俺はM子を呼びに行き、一緒に探した。

野菜倉庫は、自動開閉の扉がついてあり、外から中を見ることは全くできない。

扉の開け閉めも多少、時間がかかるため、一度閉めてしまえば、完全な密室状態となる。

 

「M子さん、、、。」

俺は、甘くささやいて、M子を抱きしめた。

彼女は何もいわず身体を固くしているだけだった。

俺は彼女のアゴに手をあてて、マスクを外し、唇を自分の唇でふさいで、むしゃぶりついた。

少しだけ抗う様子をみせたが、舌が彼女の舌をとらえると、大人しくわたしのなすがままにされています。

なおも激しく唇や舌を舐めながら、右手でM子の小柄ながら、豊満な胸を揉み、左手でお尻を撫でまわした。

さすがに、あまり長時間にわたると、誰か人が来るかもしれないと思い、彼女を離した。

「仕事が終わってから、どう?」

M子は、コクリと頷いて、俺たちは何食わぬ顔で、職場に戻り、作業を続けた。

 

【調教の始まり】

仕事が終わって、会社から離れたコンビニの駐車場を待ち合わせ場所に決めた。

5分ほど遅れて、M子はやってきた。

会社とは違って、少し派手めのシャツとスカートをはいてきた。

 

俺の車に一緒に乗りこみ、M子は黙っていたが、運転中、彼女の右手を俺の左手で掴んで、もういきり立っている股間を掴ませた。

「危ないわ。運転中に」

「M子さんと一緒に事故死するなら、本望だよ」

俺がオナニーする要領で、指を動かすと彼女も一緒に動かしてくれた。

 

【そして、本番へ】

5分ほど運転すると、ラブホテルが見えた。

頬を赤らめて、とても恥ずかしそうにしている姿に、俺は欲情し、強く抱きしめ、マチコの唇を吸った。

ゆっくりと彼女の洋服を一枚ずつ脱がせ、パンティ一枚の姿にして、ソファーに座らせ、ゆっくりとM子の秘部をさすって、

「M子さんも、興奮しているんだ。オマンコ濡れているよ。」

彼女の耳元にささやと、小さく、いや、と呟いて、顔を伏せた。

 

「M子さんの大事なところを見せて。」

そういって、最後の一枚をはぎ取り、そのまま、2人で一緒にバスタブへと向かい、ボディ・シャンプーで、お互いの体を洗った。

わたしは、最初は、上半身を泡のついた手で洗い、脇の下から胸、おへそ、と徐々に下に移っていき、太腿から秘部、そして、お尻の穴を念入りにマッサージするようにもみほぐしていった。

彼女も、すっかり観念したようで、何もかも私のなすがままにされている。

 

抱きあげてベッドに移り、後ろ向きに寝かせて首筋から背中に舌を這わせた。

「ああん。いや」

M子の甘い吐息は、徐々に激しくなり、私の舌は、彼女のアナルに届いた。

「あーん、そんなところ」とお尻を激しくふるが、俺は構わず、「ここは初めてなの?」と聞いたが、彼女は答えのかわりに、可愛い声で喘ぎつづけた。

M子を四つん這いにして、アナルとオマンコを舌と指で刺激を加える。

指に彼女の愛液がまとわりついてくる。

 

彼女の耳元に舌を移動して、「びちょびちょだよ。俺のも舐めて」と、四つん這いにしたM子の顔の前に、俺のペニスを突き出した。

M子は、恍惚とした表情で、ゆっくりとペニスを舐め上げ、亀頭を口に含んで、フェラチオをはじめた。

彼女の喉の奥まで激しく突き出したが、M子は人妻らしく、慣れた要領で、俺のものを咥え、舌を動かしつづける。

俺は、M子の乳首をいじりながら、「M子さん、上手だね。気持ちいいよ。」

M子に肉棒を咥えさせたまま、横向きの姿勢に変えて、再び、彼女のクリに舌を這わした。

熱い液体が、尻の穴まで垂れている。

俺は、M子の顔をじっと見つめ、指で、M子の膣をかき回しながら、

「どうして欲しい?言って」

「いや~ん。意地悪」

なおも激しく、指をピストンさせる。

「あああ、いや、いや」

「M子さんの口から、はっきり聞きたいんだ。いやらしいこと」

「は、は、は、あ、あたしのオマンコに、、、、、い、いれてください」

「何を入れて欲しいの?」

「オ、オチンチン、あ、あたしのオマンコにいれてください」

M子を後ろ向きにして、膣の入り口に、俺の強直を擦り、M子をじらした。

「聞こえないよ。もっとはっきり言って」

「あ、あ、オマンコにオチンチンいれて下さい!」

 

俺は、ゆっくりとM子の密壺に侵入した。

M子の肉襞が、チンポに密着して、なんともいえない快楽だ。

とても、50近い女のあそこの締まりとは思えなかった。

「はあはあ、こんな気持ちのいいマンコ、初めてだ」

俺は、興奮して腰を無我夢中で振り続けた。

「あああん、いや、いや」

「ど、どこがいいの、ねえねえ教えて」

M子も忘我の境地に達して、腰を艶めかしくくねらせている。

「はー、ああああん」

「言って、いわないと抜いちゃうよ」

「はあはあ、いや、」

「さあ、はやく」

一番敏感なポイントを突かれて、M子はもう俺のなすがままになっている。

「ああ、お、おま、おま、おまんこ、、、」

M子は、最後に鋭い悲鳴をあげ、絶頂を迎えた。

俺も彼女の中に大量の精子をぶちまけ果てた。

 

その夜に、M子のアナルも頂き、それから月に2~3回、濃厚なプレイを楽しんでいる。

-熟女
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ネトゲで知り合った豊満熟女33歳は驚くほどの淫乱絶頂女

[出会いはネトゲ何気ないパーティ仲間が…] 今から数年前、マイナーなネトゲRPGでよく狩りをする仲間でした。 最初の出会いはいつものようにソロ狩りをしていると不器用にウロチョロしてる女キャラが居たので …

no image

50代前半の社長の娘に迫られて、熟女と仕方なく身体の関係を持つと…

■社長の娘と… 大学を卒業し、それなりに大手の会社に就職することができました。 期待していた社会人生活が始まりました。 同級生と話をしてみると、自分の入社した会社は大当たりだったようで、他の方よりも待 …

no image

バツイチ美熟女のえろい体にたっぷり中だしした体験談

・ジムでの出会い 事務作業ばかりの仕事のせいかここ数年まったく運動らしい運動をしてこなかった僕は、学生時代に比べてかなり太ってしまいました。 鏡で見るだらしない自分の体に幻滅した僕は近所にできたフィッ …

no image

40代、熟女と呼ばれる年齢になると性欲が止まらなくなった。

正真正銘の熟女と呼ばれる年代に差し掛かった頃に、私の中で一つの変化がありました。 変化を簡単に表すと、性欲が異常なまでに増したことです。 男性の場合は10代は猿のようだと表現される事があるみたいですが …

no image

熟女とのエロい体験。三十路を迎える独身男性と職場のアラフォー

もう直ぐ三十路を迎える独身男性です。 本当はもう結婚を考える年齢なのですが、既婚熟女にはまっていてなかなか結婚相手にちょうどいい女性との交際には至りません。 2年前に同学年の女性と付き合っていて結婚も …

連絡先

何かありましたらTwitterのDM、もしくはメールにてご連絡お願いします。

tokky.adult@gmail.com

@hack_sao