えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

えっちな体験談

満員電車での痴漢プレイは最高に興奮。彼とのエッチな生活

投稿日:2018年6月28日 更新日:

彼との出会いについて。

わたしは、24歳の時にある会社で営業として働いていました。

毎日仕事に一生懸命働いている私でしたが、恋は全然出来ておらず、寂しい私生活を送っていました。

そんな時に、友達にコンパをするからきてと誘われました。

 

久しぶりのコンパでいい出会いがないかワクワクしながら出かけて行きました。

すると、そこでは、3対3のコンパが行われることになっていて、一人私のすごく好みの男性がいました。

私は、昔から筋肉がある人が大好きなのですが、その人は、筋肉質で、程よく日焼けをしていて、すごく硬派な人でした。

見た目がすごくタイプでしたが、その人はとても無口な感じで、あまり聞かれたことしか話さないという感じの人でした。

私は、どちらかというと、男性からアプローチされて付き合ったりすることが今まで多かったので、自分に興味なさそうにしている彼がすごく気になり、この人のことをもっとよく知りたいと思うようになったのです。

 

彼との初デート

彼との初デートは、家が偶然近いということもあり、私が料理するから食べに来てと誘うことにしました。

彼は、ワインをお土産に持ってきてくれて、家でご飯を食べながら飲むことにしました。

すると、彼は酔っ払ったのか、私にベタベタと触り始めてきたのです。

そして、彼は、私の首筋や、唇にキスをしてきました。

そして、そのままスルスルと、服を脱がして、そのまま関係を持ったのです。

彼は、やはり体力があるのかすごく激しくて、私は倒れそうになるほどでした。

そして、その日から彼とのエッチな生活が始まったのです。

 

エッチなお出かけ。

彼の変態なところは、人が多くいるところで、私を触ることでした。

満員電車に乗って体を触るのがすごく興奮するらしく、私達は、よくラッシュの電車に乗ってエッチなことをしました。

彼は、私にぴったりくっつき、お尻を撫でてきます。

そして、そのままスカートをめくってくると、パンツをじかに触ってくるのです。

 

最初はその程度でしたが、回数を重ねることに大胆になっていきました。

まず、お尻を触ったあと、ブラウスの上から胸を触り始めました。

そして、ブラウスのボタンを外して、隙間から直接胸を揉んできたのです。

なるべく電車のはじでしたのですが、やはり周りからはバッチリ見られてしまうので、すごく恥ずかしかったのですが、私まで興奮してしまいました。

そして、彼は、私の乳首を摘んだり、転がしたりと重点的に攻めてきたのです。

私は、胸がとても感じやすいので、声が荒々しくなってきて、抑えていました。

そんな私を見てか、彼もどんどん興奮してくるのが伝わってきました。

そして、パンツの上から、触ってくるので、私もどんどん濡れてくるのが自分でもわかるぐらいに興奮しているのが恥ずかしくてたまりませんでした。

でも、すごく気持ちよくなってしまい、電車を降りて、近くのホテルで、彼とエッチをしてしまいました。

もう二人共我慢できなかったので、さらに激しくてすごく気持ちよかったです。

 

エッチなお出かけ。

彼は、とても変態なところがありました。

まず、お出かけするときは、基本的に下着をつけないでとのお願いでした。

私は、ドキドキしながら、下着をつけないで待ち合わせ場所に向かいました。

すごくスースーして、ドキドキしながら彼を待っていました。

 

そして、彼が下着つけてない?と確認され、向かったのは、カラオケでした。

そこでは、彼の友達がいました。

そして、そのままカラオケで、お酒を飲みながらはしゃいでいました。

そのカラオケボックスは、個室のようになっていて、扉から外は見えないようになっていました。

そして、彼が、こいつ今日下着つけてないんだと友達にいうと、友達が、興奮しながら、めっちゃエロいねと私に近づいてきました。

そして、彼と、友達にブラウスをめくられ、胸をぽろんと出されてしまいました。

私は、とても巨乳でむちむち体系なので、友達はすごく興奮して胸を荒々しく舐めてきました。

彼の友達は舌使いがすごく上手で、私はそれだけですごく気持ちよくなってしまい声が漏れてしまいました。

 

そんな私を見ていてからも興奮したのか、彼も私を攻めだしました。

そして、彼は、私のスカートを脱がせて、私の下を触ったり舐めたりと、二人に同時に攻められてしまったのです。

私は、二人同時に胸と下を舐められてすごく気持ちよくなってしまい、意識が遠のくほど感じてしまったのです。

私は、酔っ払っていたこともあり、感じやすくなっていて、もう我慢できなくなってしまいました。

その姿を見て、二人ともすごく興奮してすごいエッチだなと言われてしまいました。

そして、彼と友達におねだりしてエッチするとにしました。

もう自然に自分から腰を振ってしまうほど気持ちよくて何度もイってしまいました。

友達もすごく筋肉質で、すごく上手で、二人とも体力があるので、何度もエッチをされておかしくなるほど気持ちよかったです。

-えっちな体験談
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

キスするくらい顔を近づけて、見せてくれた白い胸

<近所の友達の家まで> いつもなら、まだ寝ている時間だった。 朝7時15分。 今朝はすでに朝食を早々と終え、玄関の上り框で学校指定の白の運動靴のひもをきつく締めて、弾むように立ち上がった。 今日は特別 …

フェラをしてくれた近所のお姉さん

僕の隣の家には、とても気になるお姉さんがいます。 恐らく一人娘である彼女は浪人生である僕の、少なくとも5才ぐらい上の少しおとなし目のきれいな人です。 おとなしそうなお姉さんですが、髪は長めで、胸は大き …

暗闇で触ったのは、彼のお兄さんのアソコだった

・闇鍋パーティ 私と彼、そして彼の兄夫婦と闇鍋パーティをしようという事になったのです。 闇鍋というのは、暗闇の中で鍋の中に好きな具材を入れるというもので、それぞれ何を入れるかは秘密です。 私は、皆を驚 …

演劇サークルの男役に犯されちゃった僕の体験談

『演劇サークルではいつも女役の僕の運命』 学生時代、僕は演劇サークルに所属していました。 どちかというと小柄で、なで肩で、か細い体つきをしていた僕は、いつも女役ばかりさせられていました。 そのせいもあ …

バイブで憧れの潮吹き体験談。想像以上の快感だった

『潮吹きへの憧れ』 私は30代の主婦で、夫とは仲もよく身体の相性も悪くないとは思うけれど、潮吹きをした事がないの。 私自身セックスも好きだし、もっともっと気持ち良くなりたいって気持ちもあるし、たまにエ …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。