気持ちいいオナニーのやり方

オナニーはやり方、オカズを変えるだけで快感が倍増する

投稿日:2018年4月21日 更新日:

・定番のやり方がある

男性なら、誰しも自慰行為をすると思いますが、その際、やり方が定着してしまいませんか?

かくいう私もそんな一人で、毎回似たような自慰行為に終始していました。

私の場合、自慰行為をするときは、体を横にして(テレビを見るときの態勢)、右手でシコシコするのが定番です。

これが一番しっくりきますし、なんか落ち着くんですよね。

 

・オカズも毎回同じ

オカズは専ら女子大生もの。

というのも、実は私、大学生時代に彼女が一人もできなくて・・。

周りの友人たちが、やれ誰と寝ただとか、やれ○○さんのオッパイは柔らかいだとか、やれ生のほうが気持ちいいだとか、そういうのを散々聞かされていたもんだから、ある種の女子大生コンプレックスを抱いているんですよね。

なので、街中を歩いていても、女子大生っぽい女の子を見ると、どうしようもなく興奮してしまう自分がいます。

 

・とある雑誌がきっかけで

とまあ、こんな感じで、私の自慰行為のやり方は、毎回同じことの繰り返しだったのでした。

それで、まずまず満足できていましたし、妙なやり方を試してみて、残念な結果に終わったら勿体ないですからね。

この先もこのまま同じやり方を貫いていこうと思っていました。

が、ある時、とある雑誌で、自慰行為を有意義なものにするためには、毎回やり方を変えたほうがいい。

という趣旨の記事を目にした私。

何やら、毎回同じやり方を貫いていると、刺激に慣れてしまって、身体(もしくは脳)が、100%満足できなくなるんだとか。

 

・試しにやり方を変えてみると・・

確かに言われてみると、そうかもしれません。

人間、新しいものに出会った時、何とも言えない新鮮味を覚えますし、感動も覚えます。

それと似たようなことが、自慰行為にも当てはまるのでしょうか。

というわけで、物は試しに、その日は全く違ったやり方で自慰行為をしてみることにした私。

前述したように、毎回右手でシコシコしてましたが、この日は、敢えて左手でシコシコ。

 

・ぎこちないが気持ちがいい

すると・・。

当然のことながら、慣れていないもんだから、手を動かすのにも苦労します。

なんだかぎこちないですし、いつも使っていないもんだから、すぐに肩や腕が疲れてきます。

でもね、なんだか、気持ちがいいんです、これが。

なんだろう、うまく説明できないけど、初めて自慰行為をしたときのような、そんな新鮮な気持ちが湧き上がってくるんですよね。

そういや、中学生の時、初めて自慰行為をしたときも、一体全体、この先どうなってしまうんだろうという、期待と不安が入り乱れたような心境だったっけなあ。

で、そうこうしているうちに、こみ上げてきて、ドピュッと射精。

その後には、何とも言えない、疲労感と、その一方で、体の内側がスッと軽くなる爽快感が襲ってきたのを覚えています。

・自慰行為と新鮮味の因果関係

今回も似たような感じで、一体全体、どんな射精になるんだろうという、期待と不安の中、無事に射精!すると‥。

いつもとは比べ物にならないくらいの、気持ちよさがそこにはありました。

なんというか、自分の手とは思えないような、そんな錯覚を覚えたほどです。

でね、そういう新鮮な心境の中、射精するとですね、その・・、精子の量がいつもよりも多いんです(マジで)。

具体的な量はいえませんが、そうですねえ、いつもよりも1.5倍、いや2倍くらいの量が放出されましたよ。

もしかすると、射精と新鮮さとの間には、密接な関係性があるのかもしれませんね。

そんな気がします。

 

・いろんな態勢・おかずを試す

というわけで、この日を境にして、毎日違ったやり方で自慰行為をするようになった私。

右手から左手に帰るのはもちろんのこと、態勢も毎日変えました。

中腰、直立、椅子に座った状態、仰向け、うつぶせ、四つん這い・・、果ては太ももの裏から手を伸ばしてきて、シコシコすることもありました(かなり無理な態勢だけど)。

あと、オカズも毎日変えました。

前述したように、専ら女子大生で抜いてた私ですが、最近では、さらに下の世代にも触手を伸ばすようになりましたし、人妻や熟女にもお世話になっております。

こういうのを浮気っぽいっていうのかもしれませんが・・。

やっぱり男性は、いろんなタイプの女性を相手にした方がいいんですよ、きっと。

おかげさまで、かなりストライクゾーンが広がりまして、最近ではポッチャリ系の女性にハマっている自分がいます。

 

・定期的に変える

ただし、3日連続で同じおかずを使うことは絶対にありません。

定期的に自慰行為のやり方・おかずは変える!これこそが、最高の自慰行為に他ならないのです。

最高級のお肉を3日続けて食べれば、絶対に飽きるでしょ。

自慰行為だってそれと同じなのです。

また、美人は3日で飽きるなんて言葉もありますし・・。

とにかく、有意義な自慰行為をしようと思えば、定期的にやり方・おかずを変えることをお勧めします。

特にやり方は、大切ですよ。

イチモツに、毎回わかり切った刺激を与えるのは、とてもかわいそうなことです。

右手を左手に変えるだけでも、まったく違った快感が得られますからね。

ぜひ、試してあげてください。

-気持ちいいオナニーのやり方
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

自分の性癖を開放することが気持ちいい自慰行為への1歩

・自慰行為をする時について あまりセックスをする機会から遠ざかってしまうと、自慰行為をしたくなります。 女性でも性欲はあるもので、しばらくセックスをしないと、なんとか満足を得ようと自慰行為に目覚めます …

no image

特殊なオナニー。サテンフェチの世界に踏み込んでみよう

サテンとは 女性に比べて服飾に興味の無い男性には布地の種類には無頓着な方が多いと思います。 その中でも私はこのサテン生地という生地の素晴らしさについて紹介していきたいと思います。 サテンは日本語では本 …

no image

幼稚園から20代になるまでのオナニー法は基本的に同じ!

初オナニーは幼稚園のとき、幼稚園でも休み時間にこっそりと 私はオナニーに目覚めた年齢はかなり早く、今でも覚えています。 もちろんオナニーするときのネタに関しては当時は全くなく、ただ単に気持ち良いことを …

no image

男性が気持ちいいと思う自慰行為のやり方9選

ここでは、気持ちのいい自慰行為の方法を比較的誰でも簡単に出来る方法から、少し難易度の高い方法10選とそれぞれのメリット、デメリットを紹介して行きたいと思います。   1.手コキ①(皮オナニー …

no image

10代の頃からオナニーを始めた女、気持ちいいオナニーのやり方

私が自慰行為と言うものに目覚めたのは、それこそ10代の終わり頃からでした。 当時の自慰行為という物は、男性経験がなかったこともあり、女性器の中に指を挿入したり、ものを挿入したりする事はなくて、女性器の …