えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

オナニーバレ

変態的なオナニーライフを楽しむ私にオカンがキレた!

投稿日:2018年3月18日 更新日:

私は、オナニーが大好きです

私は、正真正銘のスケベです。

どういった意味でスケベなのかというと、とにかく一人エッチが楽しい。

快感を求めるのみならず、趣味として楽しむためにオナニーをしている。

あるメール友達は、そんな私の主義に共感してくれて「○○様には頭が下がります!」「先輩!」とメールを送ってくれるのです・・・。

 

誇らしいポスターコレクション

私は、20代から(他人から見れば)物凄く変態的な自慰行為に勤しんできております。

例えば、現在でも私のオナニーライフに欠かせない道具、マニアからすれば「宝の山だ!」と絶賛されること間違いなしのアダルト誌付録の等身大ヌードポスターや特大開脚ポスターの山。

00年代前半には黄金時代を迎え、アダルト誌の付録といえば「特大M字開脚ポスターで決まり!」といった状態。

私は、色々なアダルト誌に目を光らせておりました。

これらは、今でも私の誇らしいコレクションであり続けます。

その中で、気に入ったポスターは古本屋で探したりオークションを利用したりして同じ物を何枚も入手し、実用向けアダルトグッズへと転用していきました・・・。

 

ポスターの変わった使い方は?

例えば、特大M字開脚ポスターをコラージュ仕様にしてみることも。

好きなアイドルや女優さん、Yearbookのあの子までもをスキャナーで取り込み、画像を調整して(ポスターの肌の色に馴染ませて)サイズを合わせ、プリントアウトした顔を貼っちゃいます。

更に体に文字を入れてみると(例えば、ですが「ヤリマン」「1回100円」など)グッと身近に感じられる雰囲気がでますね。

また、お好みのシールやステッカーを貼ってみたり、様々な手法でポスターの実用化を楽しんできました・・・。

 

親のガサ入れ!?

そんな感じの変態ぶりでしたね。

その分、一人エッチが趣味の同志達は敬意を払いたくもなるのでしょう。

しかし部屋に帰ってくると、不自然なことが度々ありました。

どうやら、コレクションや知られてはならない「HENTAI」の数々が荒らされている様子なのです・・・。

私は、実家に親と同居しております。

二階の全ての部屋(といっても二部屋ですが)が私の物となっており、実家も私が相続する予定。

ですから、コレクションをそこに蓄えていても何ら問題はないでしょう。

しかしながら、親の「ガサ入れ」が(私の不在時に)日常的に行われているのであれば話は別です・・・。

激しいオナニーの最中に

ところで、私はポスターを使用した手淫(そこへ欲望を吐き出すために射精することもありますが)と並行して、抱き枕を使った自慰行為もしますし、TENGAも使います。

また、お手製のオナホール(トイレットペーパーの芯を取り払って作った)を布団で固定して、腰を振ってバコバコとピストンすることもあります。

カップ麺にハマっていたこともありました。

そう、私はいわば「オナニーのオールラウンダー」なのですが、週に何回かベッドの上でバコバコと激しく腰を振り、音を響かせていたことがありました。

特にその夜は、カスタムした特大M字開脚ポスターを(90cm×60cm大の)コルクボードに貼った物を8枚も部屋の壁に並べて(展示会風に)、汗だくになって腰を振っていたことを覚えております。

「今夜は○○ユニバーシティ大会の開催中だぜ、ハッハァー!!」

その最中に突然、「コンコン」と扉がノックされる音が聞こえてきました・・・。

 

オカンが

最初、私は耳を疑いました。

そんなことはあってはならないと思っていたからです。

私のプライベートの時間に、そんなことがあってはならないっ・・・。

しかし、戸惑っていては反応が遅れます。

私は、すぐに体勢を立て直して、全てを隠そうと極めて俊敏に動き始めました。

ですが、入ってくる気配はしません。

少し間をおいて、「後で来なさい!」と一言いって、オカンは階段を降りていきました・・・。

 

侮蔑的な目で説教されました

私は、一呼吸置いて、すぐに部屋中を片付けました。

興奮に酔っていた状態からも冷めて、本当に顔が青ざめていましたね。

生きた心地がしませんでした。

すぐに降りていくのも不自然ですので、20分ぐらい時間をおいてから下へ降りてゆきました。

そこでは、母が静かにTVを(かなり音を絞って)観ていました。

表情は穏やかですが、やはり心中穏やかではないご様子で・・・。

オカンはこう始めました。

「最近、夜になるとエッチエッチ音がするんだけど」「いやらしい音が」と言い、私に侮蔑的な目を向けてきます。

「一人の時、なにやってるの?」「エロイムエッサイム、エロイムエッサイム(笑)」あまり深くは追求せずに私を咎めます。

それに対して、私からは何も言えませんでした。

この空気から、私の部屋をいつも調べていることは感じ取れます。

それらの「HENTAI」を見て、どう思っているのかも想像に難くない。

オカンは、しょうもない中学生でも諭すかのような目で(その時、28歳でした)私を見ていましたが、私は何も反論できませんでした。

ただオカンの言うことを黙ってうなずいているだけで・・・。

「あんたは昔から妄想が激しいから」と言って、「うるさくしないでほしい」とまとめに入ってきたので、私は深くうなずきました・・・。

 

しかし、私はやめない

しかし、私はまだコレクションや変態的なオナニーをやめてはおりません。

オナニーのスタイルがほぼ手淫とTENGAオンリーになったものの(音を立てないソロ活動)、まだまだ性的欲求は衰えを知らず、性的欲望も尽きませんね。

私は、そのことを誇りとして胸に秘め、今日も夜のプランについて思案している最中です。

-オナニーバレ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

親、しかも母親にオナニーがばれてしまった体験談

1、幼児から少年へ 男子というのは幼児の時には女の子にあまり興味を持たず、母親にしか興味を示さないものなのですが、私の場合には小学校2年生くらいから女の子に興味を持ち始めました。 私の初勃起というのは …

no image

多感な年ごろ。オナニー中にドアをいきなり開ける母親

・初めて与えられた自分の部屋 中学生になるまでは、自分の部屋という物がありませんでした。 一軒家ではなく、マンションでしたからね。 部屋数はそこまで多くなかったですし、そもそも私としても自分の部屋が欲 …

no image

何故か反応が遅れるオナニーバレについて。彼女バレ体験談

オナニーとは性処理ではあるが自分と向き合う時間である オナニーを人に見られるのは余程の変態でも無ければ、本当に嫌な事であります。 自分の性と向き合ってるのだから他人が見るものではない。 筆者が凄まじい …

no image

リビングで全裸オナニーに興じていたときに帰宅した母とSEX

僕の両親は僕が小学生のときに離婚しました。 以来、僕は母に引き取られて育てられました。 母はタクシーの運転手をしながら、僕を大学にまで行かせてくれました。 女手ひとつで僕を育ててきた母は、男社会の中で …

no image

血の繋がってない兄にオナニーを見られていた体験談

【血の繋がらない兄との同居】 私は23歳の事務員です。 私の母は離婚後、新しい男性と結婚をしました。 男性にも子供が1人いて今は4人で暮らしています。 男性の子供は私より2歳上の男性です。 &nbsp …