えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

初めてのオナニー

幼女の私は何も知らずみんなの前でオナニーをしていました…

投稿日:2017年12月3日 更新日:

【自慰行為の始まり】

私が自慰行為を初めてしたのは、物心がついた頃、3~4歳くらいだったと思います。

やり方は、寝転がったまま、枕にアソコを擦りつけてました。

気持ちよくて、寝る前に毎日していました。

けれど、当然その気持ちいいコトが自慰行為だということはわかっていませんでした。

そのため、親や兄と同じ空間で寝ている時にも普通にしていました(笑)

今考えると、恥ずかしすぎて身悶えます。(笑)

 

一番恥ずかしかったのは、当時通っていたピアノ教室の、部屋のソファでもしていたことです(笑)

その頃は恥ずかしいことだなんて夢にも思っていなかったので、先生にそんな醜態をさらしていたこと、本当に申し訳ないです・・・

ちなみに枕に擦りつけるという自慰行為は、高校生くらいまで続きました。

 

【具体的なやり方】

まずベッドにうつぶせに寝転がり、お股のあたりに枕をななめに置きます。

そして枕の端の部分をアソコに擦りつけていました。

腹筋に力を入れ、擦り続けていると、満足する瞬間が訪れます。たぶん10~15分くらいだったと思います。

 

しかし今考えると、イッていたわけではなかったです。

しかし謎の充足感がありました(笑)

私がイクことを知ったのはもう少し後のことでした。

また後に書きます。

 

【成長につれて・・・】

小学生までは、自慰行為だということがわかっていませんでしたが、中学生になると、この行為はいけないことではないのかとうっすら思うようになりました。

それで、幼少期から続けてきた自慰行為を、我慢しようとするようになりました。

 

しかし体に刻み込まれた快感は忘れることは出来ず、いつしか開き直ってまたするようになりました。

その頃からは、家のパソコンを使い、Hなサイトをこっそり見るようになりました。

大人のオモチャ、SM、オナニー、アクメなどのエロ用語をほぼ理解するようになりました(笑)

特にテスト期間中は、学校が早めに終わるので、親が帰ってくるまで時間がたくさんあり、エロサイト巡りを楽しんでました(笑)(勉強しろ・・・)

【初めてのエクスタシー】

私が初めてエクスタシーを味わったのは、高校3年生の頃でした。

その頃シャワーオナニーにハマっていたので、お風呂で声を出さないよう、アソコにシャワーをあてていました。

指とは違うシャワーの柔らかく絶え間ない刺激に夢中でした。

 

そんな中、私は「イクってよく聞くけど、どういうことなんだろう?」という疑問がわいたので、「シャワーを頑張って当て続けていたら、イケるかな?」と考え、実行してみました。

いつものようにある程度の快感が得られたらシャワーを離しそうになりましたが、必死に我慢し、当て続けました。

そうすると、いつもとは明らかに違う劇的な快感が押し寄せてくるのを感じ、私はついシャワーを離してしまいました。

しかしこの経験から、少しずつ発展し、私はイクことを覚えました。(ちなみにこの時まだ処女でした。変態処女ですね。笑)

 

また、受験勉強へのストレスを強く感じていた私は、現実逃避のため自慰行為をする癖がありました。

しかし指でイこうとしても時間がかかるし、もっと手っ取り早くイク方法はないのか・・・

そこから、初めてオモチャに手を出しました。

ピンク色のよくあるローターです。

しかしこの小さなオモチャは、処女の私にはかなり衝撃でした。

指とは全く違う刺激に否応がなくイカされる快感に私はハマってしまい、受験生にも関わらず、こたつで自慰行為ばかりしていました(笑)

なのでこの時期こたつからはHな香りが染みついていました・・・家族のみんなごめんなさい。^^;

 

【一人暮らし、加速する自慰行為ライフ】

大学になんとか受かり、一人暮らしを始めた私は、「自分へのご褒美♪」とばかりに、早速オモチャを買いました。

今までのローターよりは少し大きな、電マです。

ちなみにその後もいくつか買い、最終的に4つほどに増えました(笑)

私の経験から言うと、電池式はすぐに電池が無くなるので、USB充電式か、コンセントから繋ぐタイプがおすすめです。

Fairyの大きいやつか、よくラブホに置いてあるスライヴのやつがやはり安定の気持ちよさですね。

 

【バイブデビュー】

大学生活を満喫し、処女ではなくなった私は、バイブを買うことにしました。

しかしその頃処女じゃなくなったばかりで、正直ナカの気持ちよさはそこまでわかっておらず、興味本位でした。

しかし、バイブを使うことによって、格段にナカで感じるようになっていきました。

その点バイブを使って良かったなと思います。

バイブもいくつか買いましたが、気に入っているのは、柔らかいシリコンで覆われた、ほどよい堅さのバイブで、太すぎず膣に優しいつくりです。

また先端がGスポットに当たるような仕組みで、さらにクリトリスに当たる部分が振動するようになっているので、とにかく気持ちいいです。

一度彼氏に使ってもらったのですが、アレを入れられている時よりもイイ反応をしてしまったので、焦りました(笑)

以上、私のオナニーライフでした^^

-初めてのオナニー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

おしっこの見せ合い、性器の触りあいをした小学生時代

男の子のいたずら 小学3年生の時、幼なじみたちといつものように遊んでいました。 同じ団地に住んでいる男の子の家で、男子2人、女子2人というメンバーでした。 家には私たち子どもだけで和室でオヤツを食べて …

no image

もちろん処女の中学生、知らない間に角オナニーを身に着ける

・知らない間に自慰行為を覚える小学生 私は小学生のころに、初めて自慰行為のようなものをしました。 たまたま机の角に陰部が当たったとき「あれ?なんかくすぐったいけど気持ちいいぞ」ということを発見してしま …

no image

オナニーのネタ系遍歴、エロ本からエロビデオまで

男の秘密の遊びと言えばオナニー、誰しもがひとりの時間を欲するとき、そういうことなのです。 現在40過ぎの僕の初オナニーと言えば、小学校高学年くらいかな、当時はまだ射精するって知識がなくてただ勃起の快感 …

no image

初めての自慰行為はまだ処女で中学生の時にお風呂で体験

○初めての自慰行為。 私が自慰行為という事は知らずに、何となく気持ちがいいなと思っていたのは、中学1年の時に自転車に乗っている時にたまに感じていました。 その理由はサドルが股間にあたり、何となく気持ち …

no image

男子の初オナニーのきっかけは学校の先生が定番

男性が大人になる過程で必ず訪れるのが精通というもの、朝起きた時思いもよらない形で射精していたり、もしくは勃起から思わぬ刺激が加わったことで射精するなんていろいろなパターンがあります。 至って健全な証拠 …